Welcome to my blog

戦場の円舞曲|初回感想

ゆり子

カートリッジの不具合により長らく中断しておりましたが、2021年9月11日より再プレイを始めました。
初回の記事は当時に作成済みでしたので、記事の内容はそのままにテンプレートのみ最新のものに差し替えさせていただきました。


こんばんは。

台風大丈夫でしょうか…
ゆり子は不幸中の幸いか、交通網の麻痺だけ済んでますが、各地で被害が出ない事を祈ります。
お盆休みに来ちゃうKYくんはさっさと過ぎ去って欲しいところですね。

さてさて、時間できたのでしっかりゲームライフを満喫しているゆり子です。
また戦いものになってしまうんですが、今回は「戦場の円舞曲」をはじめます。

※Attention
軽度のネタバレ・辛口コメント等が含まれる場合があります。
閲覧には各自でご注意ください。
よろしくお願い致します。


プレイソフト


▽戦場の円舞曲
プラットフォームVita
メーカーIF
発売日2014年11月12日
CEROC(15才以上対象)
公式サイトhttp://www.otomate.jp/waltz/



▽プロモーションムービー



▽オープニングムービー



ゲーム概要


あらすじ


ある日、突然に少女は全てを奪われる。
故郷も、父親も……。

そして、代わりに手に入れたのは”力”。
自分と大事な人達を守るために掴んだ剣は、強大な力を秘めた”呪われた魔剣”だった。

国家の情勢を揺るがしかねない”力”を手にしてしまった少女は、戦場を生きる場とせざるを得なかった。

彼女が身を置くこととなるのは、超国家的軍事学校ニルヴァーナ。
そこは国家、種族を問わず、戦うことに長けた少年少女が集められ、その技能を競い合う特異な学校。

彼女はそこで様々な人と出会い、絆を深めていく。
そして、失ったはずの自分の居場所を見つけていく。

そんな少女の物語。
そして、彼女と共にあった”しゃべる魔剣”の物語。


公式サイトからの引用です。

システム


基本はいつものオトメイトさん仕様です。
機能名有無
既読/未読スキップ・オートモード
クイックセーブ/ロード
バックログ
チャプター(√又は章毎の途中プレイ機能)
フロートチャート
選択肢又は未読箇所までのスキップ×
ヒロインの名前変更
デフォルト名呼びボイス
ヒロインフェイス表示×
ヒロインボイス×
キャラクター立ち絵の動作(目パチ・口パク等)
アイキャッチ
フォント変更×


チャプターとフロートチャートは「クロニクル」で一括のような仕様になっています。
キーの組み換えはできません。

MAPでは探索モードがあり、ニルヴァーナを探索できます。
メインキャラの他、サブキャラとも会話も発生します。

シャオレイの店は、ゲームクリアで貯まるポイントで色々な買い物ができます。
おまけ要素が50種類以上と豊富に取り揃えられています。

魔剣の記憶は、一定条件を満たすと開放されます。

プレイ雑記


ただ今、共通章の真っ只中です。
攻略キャラや舞台設定が段々わかってきたところ。

主人公のランちゃんは初っ端から悲劇続きで可哀想にすら思います。
家族を亡くして、故郷を亡くして、何も分からない状態で半ば強制的に軍属入りですからね。
剣の腕に覚えがあるとはいえ、シビアなはじまりですね。

戦闘ものって大体が守りたいものを見つけて、その為に戦うって言うのがよくある理由ですよね。
ランちゃんはまだそういうレベルに達してなくて、まず今を必死に受け入れようとしてる感じです。
負けずに頑張ってほしい(涙)

攻略キャラは、チャラいのやら不思議くんやら色々出てきてます。
今のところは、

アベル>ニケ>ラスティン>パシュ>ティファレト>ヴィルヘルム

の順番で気になってます。
魔剣に宿る少年もヴィルヘルムと言うんですが、このヴィルヘルムは同名の別人です(多分)。
初めは攻略制限?で、アベル、ラスティン、パシュの誰かから入る事になりそうです。
アベル√いけるといいな。

あと、まーたサブキャラが(声帯が)強そうな人だらけです。
特にクラスメイトのアサカとか。
…なんか、ゆり子コドリアのショルメの時から終わらないサブキャラ大嘗祭に突入してますね(笑)
また落ちそうな予感してます。


主人公を応援したくなるって、このゲーム絶対楽しくなる!
と確信あります。
戦ものだけど、みんな生きて…!

プレイ頑張ります👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply