Welcome to my blog

無神ユーマ√ 感想|ディアラバDF

ゆり子

こんばんは。
本日はシンのZERO発売日ですね。おめでとう😉
CDは手を付けないですが、CDのジャケイラはどれも綺麗で欲しくなってしまいます。
あのイラストをポスカでもファイルでも何でもいいのでグッズにしては貰えないのだろうか。
それなら絶対全部買います!
ずっと見ていたいです。

では、DF感想に戻りましょうか。

今回はユーマ√の感想です。
(ただ今、シュウさん、レイジさん、ルキ君、コウ、ユーマ、アズサ、カルラ、シン√クリア済み)


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。



無神ユーマルート感想


ディアラバ ユーマ


大体こんな内容


Dark
カルラとシンとけものフレンズから逃れ、魔界の逆巻城別棟に避難です。
すると、シュウさんがお見えになり、彼から質問が。
珍しすぎて私もコマドリも…俺も雌豚もびっくり仰天です。
去り際には「タヒぬなよ」のフラグを早々にくれます。

農園がないので毎日、暇ひまヒマ。
暇を持て余した「神々の悪戯」を始めると別ゲーになってしまうので、憂さ晴らしに屋敷を飛び出して徘徊。
見つけた廃墟で休憩します。
と、シュウさんが先客でした。失礼しました。
タレ目の青い眼で見つめられると照れるので、謎の地下水路に移動。

地下水路でユーマがフラッシュバック。
屋敷に帰ってからも夢でフラッシュバック。
ベーア以前の事をフラッシュフラッシュフラッシュバックしそうですがしませんでした(BGM:夏の扉)。

Maniac
再び地下水路でフラッシュバック中。
天使とここで遊んだ記憶が蘇ります。
ディアラバのショタは可愛すぎます。

しかし、いい感じのところでシンに襲われ逃げた先は、なんということでしょう。
エドガーの村に行きつきます。
そして何故かそこにいるメルツことリヒター。
しばらくメルツの屋敷に滞在します。
その間に、村が火災で焼失した過去を知ります。
ある日、メルツに夕食に盛られ寝ている間に始祖の万魔殿に捕らえられます。

シンに、ユーマは殺したと告げられた雌豚は飛び降り自殺未遂。
またメルツのお世話になります。
一方、ユーマは自力で脱出、雌豚を助けにメルツの元へ。
ここで、ユーマを助けに来た無神兄弟とシュウさん、結局自力で脱走した雌豚と合流。

今作最強のパワーワードを放ってシュウさん動揺させようとしますが、立ち話もナンなので逆巻城に帰ります。

そう。
パワーワードの正体は、シュウさんのヴァンパイアネーム(真名)。
そして昔、天使と遊んでいたユーマはやっぱり、エドガーでした。

Ecstasy
逆巻城はやっぱり暇ひまヒマ。
暇を持て余した神々の…をやるわけにいかないので、ユーマは菜園を作ってしまいます。

記憶について考える中、シュウさんが火災を起こしたのではないかという答えにたどり着いたユーマ。
シュウさんに対して滅茶苦茶イライラします。
でもシュウさんは影ながらエドガーを心配し、リヒターが近寄ろうものなら追い払ってくれます。

月蝕期も終わる頃、カールハインツ氏から夜会に招かれ、ユーマも雌豚と参加します。
もちろん、シュウさんも。
会場で居合わせ、雌豚にシュウさんに乱暴しない事を約束し、火災の真相を親友として聞きます。
「レイジが火をつけたけど、元は全て俺のせい」、シュウさんは自分が責任を取ると言い張ります。
納得はいかないが、過去を受け入れたか、親友のよしみか、雌豚の約束か。
ユーマは何もせず雌豚の元へ帰ります。

一件落着したと思いきや、KY。
始祖とリヒターが襲来。
大混乱の中ユーマの背後に忍び寄る何かが…。

EDが分岐します。

ヴァンパイアED
リヒターがヴァンパイアハンターの銃で———
バーン!

エドガー!
「死ぬなよ」のフラグです。

エドガーを助けるため、レイジさんに協力を要請するシュウさん。
土下座でもなんでもします。かっこいい。
しぶしぶOKのレイジさん。
無神兄弟と共に始祖討伐へ向かい、シュウさんとレイジさんでリヒターを仕留めます。
始祖はカールハインツ氏によって再び万魔殿へ幽閉です。
一方、雌豚はカールハインツ氏の言いつけ通りに、命を懸けてユーマの救命を実行。
助かった二人は人間として、暮らしたとさ。

マンサーヴァントED
レイジさんがサーベルで切りつけて来ます。
火事の日の続きをおっぱじめようとしますが、シュウさんの説得で和解。
手を取り合おうとした時、シンが後ろからシュウさんを刺殺。レイジさんも。
シンからユーマを庇って雌豚も死亡。
心臓を盗み、城に火を放ってシンはとんずら。
ユーマは火の中、雌豚を抱え燃え尽きて逝くのでした。

ブルートED
リヒターの攻撃をかわし反撃でやっつけます。
そのまま下界へ逃げ延び早ひと月。
平穏な日々を過ごし、2人だけの結婚式を開きます。
しかしKY。
リヒター襲来、ユーマを庇って雌豚タヒ亡。
ショックでユーマは全ての記憶を無くしました。
エドガー→ベーア→ユーマ→新しい名前←イマココ
おしまい。



感想


はじめに、実は、ルキ君とどちらを優先するか大変迷いました。
クリアキャラが増えるごとに記事にするプライオリティを更新するのですが、ルキ君とユーマはなかなか選べませんでした。
というのも、ルキ君はストーリーがよく、EDもどれも丁寧に書かれていて是非紹介しようと思っていました。
ところがどっこい、ユーマ√はシュウさん絡みのパワーワードが多すぎて取り上げないわけにはいかない!
シュウさんも関係する過去の話がきたので、これは書きたいに決まっている!
ルキ君>ユーマ、ルキ君<ユーマ……のループです。
結果、ストーリーには何の脈絡もないリーリエに全て持っていかれることにしました。
無理です。真名とかずるいです。
ルキ君本当にごめんなさい。
全クリしてプライオリティ不動だったら追加して書きます。

さて、ユーマのテーマは「過去を乗り越える」でしょうか。
終始、エドガーの記憶について悩んでいましたし、思い出しても辛い過去だからどうしようか、と。
シュウさんも、記憶の事を聞かれたときは、真実を語るのは最後の最後まで渋っていましたし。
結局は、始祖の襲撃でうやむやになって、大切な今と未来を生きようという感じになっていました。
でも、火災の結果を聞く前に、シュウさんと親友だったことや家族の事もうっすらと勘づいていて、その時からどんな答えを聞いてもいい覚悟はできていたのではないでしょうか。
実際、うやむやになったとは言え、Ecstasy編で仇であるレイジさん(シュウさん)に復讐してやろうという気はなさそうでしたし、乱暴するのも抑えました。
つまり、過去に手を出さなかったんです。
遺恨はユーマの中に残っているでしょうが、過去との決別は達成され乗り越える道に方向転換できたと主は思います。

なんだか、ユーマ視点からのシュウさん√の様な感じでしたね。
エドガーの部分についてはMBシュウ√で殆ど既出なので、プレイヤーは基礎情報取得済みです。
その上でユーマが記憶を取り戻してどうするかを見守る感じです。
特にMEDはユーマ色薄い。
シュウさんとレイジさんの諍いに二度も巻き込まれるEDでした。
結果も全員命を落とす最悪のものでしたし、もう見たくないかな😭

そして何と言ってもこの√はとんでもない単語を置き土産します。
リーリエ
シュウさんの真名です。
今のところ、シュウさん√でシュウさんが自分に似ている猫につけた名前ってだけで、ストーリーにはなんの関与もないんです。
本人の√ですらペットの名前にしちゃうくらいですし、深堀りはないでしょうがパワーワード過ぎます。
憶測呼び放題です。百合って意味ですよ、ドイツ語で。

カールハインツ氏もベアトリクスさんも兄弟も天使時代から普通に「シュウ」と呼んでいるようですし、レイジさんが知っていた事からただの個人名として周知な気がします。
でもそこは推しの性。
何かあるのではないかと気になって気になって夜も眠れません。
2018年現在、進展も何もないみたいですが、続報キボンヌです。

シチュエーションパートですが、ユーマはユーマのままでした。
ガタイのいい不良。
雌豚を好きな気持ちはあり、照れたりキスしたしますが、兎に角乱暴。
慣れた相手だから何をしても大丈夫という節があるのか、嫉妬深いのか、進めるにつれてシチュエーションパートが痛いものになっていきます。
手厳しい始祖ですら、段々と緩和されていってたのですが…。
心は雌豚と繋がっていますが、ユーマ自身の態度や言動はMBの時とそんなに変化がなかった気がします。

でも、シュウさんと似ている部分が多々出てきました。
黙って一人で解決しようとする所、雌豚を黙らせるor自分を意識させる方法=キス、言葉攻め、仕方がないから言う通りにしてやる感etc。
類友ですね。

ちゃんと愛や心はあるので、乱暴くらいなんてことない方は是非「ユーマ√」としておすすめします!



では引き続き攻略頑張ります✨
👋



いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply