Welcome to my blog

鴻上滉 感想|Switch ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚

ゆり子


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、「ゆのはな|評価 」に拍手して頂き感謝申し上げます。
励みになるのでとても嬉しいです!

さて今回は、以前にアナウンスした滉√の感想を書かせて頂こうと思います。
ゆり子はニルアドの中でぶっちぎりで滉推しです。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。



滉ルート感想


滉2017
プロフィール名前:鴻上 滉
誕生日:12月23日
身長:180cm
血液型:B型
(CV.岡本 信彦)


空前絶後の超絶無愛想男、滉くんです。
隼人が上背で顔も声もいいと褒めるくらいのスペック持ち。
生立ちと過去から、偉い人(華族)が苦手、人付き合いも仕事のみです。
恋愛できるか心配になりますが、果てさてどうなったのでしょうか。


滉と言えば切っても切り離せないのが「カラス」です。
稀モノを裏から収集する闇組織で、四木沼喬という帝都有数の財閥のトップがボスです。
そしてこの人、滉の異母兄で、滉をスパイとして帝国図書情報資産管理局(フクロウ)に送り込んだ張本人です。
おまけに、ツグミのスペックを気に入って妾にしようと狙ってきます。
要するにカラス(四木沼喬)はフクロウの敵です。

こういう背景もあり、滉は人とつるむのを避けていたと後日談でも語ってました。
√に入ってもとにかく無愛想で無口。
仕事上の会話はあるし、真面目だし前に出てくれて頼りにもなります。
でも、華族を嫌いなもんだから、悪気はないけどグサっとくるようなことも言ってきます。

ある日、映画館でばったり出くわして座席の都合から一緒に映画を観ることになります。
そして、滉が感情移入して泣いている一面を見てしまって…キュン。
この√の映画館は映画を観る場所ではなく、滉に萌える場所です←
また、カラスがツグミ誘拐未遂事件を起こしてから風向きが変わります。
稀モノ探しの残業を一緒に行い、ちょくちょく一緒に映画を観るようになり、滉とどんどん距離が近くなります。

ありがとう映画館。

滉としてはツグミを攫ってくるように言われていて、その機会を虎視眈々狙って一緒に行動してたんでしょうけど。
ツグミの事を放っておけないから始まって、恐らくかなり好きになっていたんだと思います。
この時もカラスとフクロウの間で板挟みになって、苦しんでたのかな。
不遜な態度とれとか言いつつ、映画館でキスして手を繋いで離さないまま帰宅って…。
全部もっていくね色男!

しかし、遂にその時が来ます。
滉の素性が知れて、四木沼喬はツグミを引き込もうと本人やフクロウの関係者に悪質な嫌がらせをしてきます。
ここな~四木沼喬に組み敷かれるスチルがあるのがな~…。
結果的に、滉のツグミを失いたくない気持ちをはっきり覚醒させる一因になるんですけど、滉√で何見せられてるんだろうと思っちゃいます。
流れは仕方ないとして、スチルは無い方がよかったです。

素性が知れた後も滉は随分思い悩んだようです。
でもやっぱりツグミを取りました。
四木沼に奪われるくらいなら自分が奪いたいって全力の告白がね。
やっと滉が自分のこと話してくれて嬉しくなりますよね。
そしてツグミのアンサーが「奪って」で男前でした(笑)

四木沼からの最後通告が来た後は、フクロウ全員でカラスの根城に仕掛けることになります。
怪我を負いながらも今まで従ってきた四木沼との決別を果たしました。
いきなりEDが流れるので、滉が怪我を完治して戻ってくるまでの事がイマイチ掴めないのですが…。
四木沼喬は結局逃亡して、クロユリで亡霊のように出てきます。
滉の裏切りの処分も実質なし。
無事フクロウに戻ったみたいです。

書いていて思ったんですけど、映画行ってる頃が一番楽しい気がします。
この√の萌えが詰まってますし。
もちろん、想いが通じ合ってからのちょっとだけ優しさの表現が顕著になった滉も好きです。
でも、素っ気ないのが急に治るわけではないので、微糖くらいにしかならないのが正直なところです。
彼の良さがわかるのはクロユリまでプレイしてからだと思います。


ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
ちゃんと滉と恋人になれました(笑)
でも、帝都幻惑だけでやめてしまうと不完全燃焼なので続きもプレイするのが断然おすすめだと思います。
めちゃくちゃに好感度爆上げしてくるので!

ではまた次回👋



いつもありがとうございます。
良ければ滉をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ぜひ一緒に語りましょう↓
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply