Welcome to my blog

Cendrillon palikA(サンドリヨンパリカ)|評価

ゆり子

評価


ご訪問頂きありがとうございます。
またカシカ√感想への拍手、感謝申し上げます。
無茶苦茶な書き方している自覚はあるんですが、いつもより時間かけたので読んでいただけてとっても嬉しいです!

さて、サンドリヨンパリカは全キャラ攻略しました。
スチルも全種コンプ、公式で出ていたバッドエンドも回ったのでクリアでいいかなと思います。
最後にまとめて終わりにします。

あとシステムの追記で、プレイしてて思った注意事項。
選択肢までのチャプタージャンプをした時、ロード時間が長いです。
既読の高速の方が場合によっては速いかも、と思います。

※attentionネタバレありの内容です。
また、辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。



点数


サンドリヨンパリカ

参照:https://www.otomate.jp/cendrillon_palika/


【泣ける度】★★★☆☆(3)

【音楽】★★★★☆(4)

【キャラ】★★★☆☆(3.5)

【シナリオ】★★★★☆(4)

【イラスト】★★★★☆(4)

【総評】★★★★☆(3.8)


泣ける度 ★★★☆☆(3)


テーマが「〇涙」なのでこれにしてみました。
キャラクターの感じた悲しいや苦しいや切ない…等に共感してホロリという感じです。
もちろん、うれし泣きのようなプラスの涙もありました。
誰かを思って泣くのって綺麗で素敵だなと思えます。
涙腺が崩壊するような感動超大作の泣き方にはならないので、ほどほどの★です。


音楽 ★★★★☆(4)


大人しめの曲が多いです。
どこか神秘的で透明感があるオルゴールの音色を聴いているような心地でした。
安眠できそう(笑)

「明朗ナ瞳」だけは本当に賑やかです。
これが鳴り始めたらだいたいコメディ展開がくるので、コメディのゴングです(笑)


キャラクター ★★★☆☆(3.5)


ハイリは明るくポジティブ。
対して、男がヤンデレ予備軍ばかりなので、明るくないとやっていけないのかもしれません。
結果、キャラ同士のバランスがよかったと思います。
展開的にも、ハイリから男性陣を追う恋が多かった印象です。

予備軍だけあって、哀哭エンドはみんなヤンデレ(病み・闇)へ急転直下。
メリバをお楽しみあれ、です。
全員レイプ目になってる立ち絵があります。
特にユーレンはヤンデレ好きにおすすめです。
ナイフは…持ってますとも!

全部プレイしてみてシエン、クロネ、エラあたりが好きです。
この人たちは根っから優しいのでとても安心できました。
特にエラくんはあくの強い人を相手にした後の心のオアシスでした。
見た目はダントツでユーレン(部屋着)です。かわいい。
リンドウは色んな意味で怖かったです(直球)


シナリオ ★★★★☆(4)


キャラ毎に内容が被るシナリオがなくてやりごたえがありました。
「透京の呪いを解く」という問題にそれぞれのアプローチ方法で取り組み、その中で段々とキャラの心情が変化していって恋愛に至る。
内面の描き方や恋愛過程が細かくてかなり楽しめました。
チャプターの合間に毎回攻略キャラの独白(語り部)が入っているのも、補填になっていて◎

しかし、細かい事は颯爽とスルーしていくスタイルです。
ハイリのポジティブな性格に合わせたものだと思いますが、気になる人は荒がいくつか目に留まるかもしれません。
哀哭エンドはスチルはありますが、精巧に作り込まれてないので少し唐突に感じました。

進める順番は、
クロネ⇒シエン⇒ナトラ or ユーレン⇒リンドウ or エラ⇒カシカ
で公式様が推奨されてます。

ゆり子は
ユーレン→シエン→クロネ→ナトラ→リンドウ→エラ→カシカ
で攻略しました。
クロネを最初にもってくれば、この順番でも大丈夫そうでした。


イラスト ★★★★☆(4)


イラストレーターは清白かりん先生です。
ノルンでお名前を見た方ですが、この方主体の作品は初めてプレイしました。

全てが綺麗でイラストも好みです。
ガラスの透明感とメルヘンチックな色使いがストライクゾーンです。
ガラスの破片が浮遊するエフェクトはとても神秘的でずっと眺めていられました。


総評 ★★★☆☆(3.7)


キャラクターの心情描写が多くて恋愛過程が丁寧で、ウルっとなる場面が凄く素敵です。
シナリオも幅が広くて、攻略キャラが7人もいるけど最後まで一切飽きなかったです。
ただ、荒が目についてしまうのが玉に瑕。
モチーフのシンデレラについては、それらしいワードは出るものの、お伽話のメルヘンチックな雰囲気付け程度だったかなと思います。
中身はシリアスなので、そういったお話が好きな方に推します。
ヤンデレ好きな方にも哀哭エンドコンプがおすすめです。


ここまでご拝読ありがとうございました。
2019年のオトパから8ヶ月越しに「サンドリヨンパリカ」を理解しました。
なるほど、ナトラが叫び倒してコール&レスポンスする物語でなくてよかった…。
無茶苦茶なノリはクリア後のおまけに詰まっているようでした。
オトパの円盤発売されたら、朗読を見直してみようかなと思います。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければショルメをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ぜひ一緒に語りましょう↓
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply