Welcome to my blog

外伝 峰岸&吉成&香月 感想|Collar×Malice Unlimited (カラマリFD)

ゆり子


こんにちは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
また、前回と過去の記事に拍手してくださり感謝です!

今回はサイドストーリーをプレイしてきました。
所謂、サブキャラ達の視点で展開されるシナリオです。

この記事は【Vita版】Unlimitedを扱ってます。
よければ感想へどうぞ。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




Side Story 1 -ONWARD-


瀬良あきと星野香月
左:瀬良あきと(CV.花江 夏樹)
右:星野香月(CV.江口 拓也)

X-Day事件が起こる年の4月、高校3年生になった香月とあきとが出会うお話です。


夢を追いかける高校生の青春物語なんですけど、あきとはもうこの時点でアドニスなんすよね。

妹が亡くなって、アドニスに加担するようになって、作曲家の道はとうの昔に諦めていたみたいですが、本気で夢を追いかける香月と出会って、意気投合して。
アドニスとして活動する日々の中、香月と過ごす時間はあきとにとってもかけがえのないものだったと思います。

最初から同じ道は進めないってわかってますからね。
あきとの「同じ夢をみたかった」って言葉が悲しくて涙腺崩壊しました。

夢を語り合って成長していく高校生の普通の物語なんですけど、本編を知っちゃってるので読み進めるとどんどん悲しくなっていくといいますか…。
めちゃくちゃ心をえぐられました。
本編の事件がなかったらどんなに良かったかと思わずにはいられない、悲しくも尊い時間でした。

X-Day事件の翌年、ライブ前に香月と一色さんがあきとのことを話しているシーンで、香月があきとの分も夢を叶えようとしていて…。
本人にはまだ届いてないけど、きっとあきとも嬉しかったんじゃないかな。

あと、この√では香月が市香をどう思っているかも描かれていました。
音楽で食べていく夢の事を市香にわかってもらえないことにいじけていたみたいですね。
自分がまだ子どもってことも自覚していて。
妥協はしたくなくて、でも認めてもらいたくて。

難しいお年頃で、素直になれないだけで、お互いに嫌いってわけではないのが証明されてホッとしました。




Side Story 2 -Pride-


峰岸誠司
ProfileName:峰岸誠司
Status:警視庁捜査一課 監理官
Age:32
(CV.吉村 和紘)


印象的には雲の上の人だなという感じです。
でも、峰岸の仕事に対する姿勢について掘り下げられてすごく濃いシナリオでした。
多分、尊√の世界線でX-Day事件が終息した2月~が舞台です。


プライドと聞くと、誇り高いとか自尊心が高いとか、少しこだわりが強そうなイメージがしてしまいますよね。

峰岸もスペックに見合ったプライドはもちろん持ってます。
でも茶目っ気たっぷりで冗談を投げてきたり、意地悪してきたりとなんだか普通の上司…でもないか。
優しいけど少しだけ威圧感がある感じです。
歳の離れた市香とどう距離を詰めてくるのかと思ったら、やっぱりX-Day事件方向からでした。

X-Day事件は終息しましたが、峰岸は何故、市香が選ばれた(首輪をつけられた)のかずっと疑問に思っていたようです。
仕事だと、事件が解決したら全貌は気にしないらしいですが、今回だけは個人的な興味がいつまでも尾を引いていました。
理由は、今回の事件では50人もの一般人の犠牲を出してしまったそう。
また、事件を解決に導いたのは市香だったことから、自分に足りないものは何なのか、答えが欲しかったみたいです。

峰岸曰く、国家社会の安全を守るために尽力するのが自分だとのこと。
その為に、部下からの信頼は何より大切に思っていて、日々信頼してもらえるような立ち振る舞いを心がけています。
市香にもそういった意味で最初は接していました。

ランチのお礼に市香がバレンタインのチョコをあげたあたりから峰岸も急に市香本人にも興味が湧いたみたいで。
契くんと尊にチョコ自慢してるところめちゃくちゃいい性格してました(笑)
岡崎契が牽制に入るとか相当です。
ホワイトデーに食事に誘ってバンバン近づいてくる感じが、本当に仕事関係ないんだなって思えました。

割り切るタイプって誰かが言ってましたが、本質は突き詰める性格なんでしょうね。
で、市香がそのお眼鏡にかなってしまった、と。

まぁ、言葉にしなくても思ってなくても市香が事件解決の中心なったことは少なからず峰岸のプライドを傷つけてますよね。
自分の力不足を謳うあたり大人な対応ですが、腹の底は一切見えてきません。
本当はなにを思っているのか気になります。

結局、明確な答えはないんですが、市香の中にアドニスと似た性質(危うい正義)があったから当事者になったのかもということでした。
もちろん峰岸はアドニスを「悪」と評価してます。
けど、同じ警察官として市香に対しては面白い新人を見つけたみたいな感覚なのかな。
食事の帰りに車で送ってもらう中、確実に興味本位の食事に誘われちゃいました。

これはとんでもなく質の悪い真っ黒な大人に捕まってしまったのでは?
でも、ホイホイついて行きたいです。
いい所で終わってしまって…あとは自由に妄想で補完していいですか(笑)



Side Story 3 -Crossroad-


吉成秀明
ProfileName:吉成秀明
Status:警視庁警備部警護課(SP)
Age:24
(CV.長瀬 ユウ)


岡崎先輩にいつもしごかれている新人SPくんです。
スペック高いのに、女の子にいつも振られてしまう可哀想な子ですが、明るく素直です。
X-Day事件の最中、愛時達をマークしていた頃の吉成くんと市香のお話です。


張り込み中、市香をマークした時に力尽きて倒れちゃいます。
ドジか…(可愛い)

そこから市香の家に行って、香月と意気投合しますが、市香と香月の仲が良くないことに気づいてお節介を焼くようになります。
自分は昔から家族とはうまくいってなくて、絶縁状態。
でも市香達は素直になれなくて少しすれ違っているだけなので、わかり合える、と。

ただ、これはSP吉成秀明にとっては禁忌で。
割り切れないタイプだから、仕事で「迷い」が生じる事には線引きで深入りを避けてきたけど、今回は大分踏み込むことになってしまいます。
岡崎からも警告を受けるんですけど、吉成くんは決行します。
香月のライブに誘って音楽への真剣な姿勢を市香にみせ、歩み寄りのきっかけを作ろうとしてくれました。

ライブ後、香月に恨みを持った元バンドメンバーの銃撃事件に巻き込まれしまいます。
結果的にはけが人ゼロで終わりますが、吉成くんやっぱり「迷い」が生じちゃったみたいで…。
警護対象の市香だけでなく、香月を含め周りの人も守ろうとしたんですよね。
SPとしては駄目でも、多分それが吉成くんの素なわけで、とても優しい子なんだなと思いました。

市香も市香で、香月を守ろうとして丸腰で前へ出るものだから吉成くん気が気じゃなかっただろうな。
でも、この行動もあって香月も少し素直になってくれて、姉弟関係もいい方向へ向かいました。

吉成くんは、未熟だ未熟だと低すぎる自己評価を続けるんですが、市香が吉成くんを褒めたので自分を見てくれる人もいるんだと、すごく喜んでいました。
健気すぎて可愛い。
認めてくれる人がいると嬉しい…って元不良を疑うレベルで控えめです。

おそらくこの辺りから市香にフォーリンラブしたんだと思います。
でもやっぱり自己評価低くて、脇役タイプだから人を引き付けるような主人公タイプの人には似合わないって引き下がってしまいます。

そしてX-Day事件も佳境に入った12月24日の夜、任務についていた吉成くんに市香がマフラーをプレゼントします。
今までごちゃごちゃ考えてましたが、ここで初めて自分の気持ちを優先して、勢いで市香に告白。
吉成くんらしく「お友達から」っていうのがめちゃくちゃ可愛いかったです。

岡崎と峰雄に告白キャンセル受けちゃいましたけど(笑)
これからもっと吉成くんを応援したくなりました。
SPとしての苦悩も、恋も報われて欲しいな。


サブキャラなので恋愛部分は臭わせかこれから何かあるかも、くらいまでそぎ落とされていて。
だからこそサブキャラ本人に一番焦点が絞られていたと言いますか。

とにかく、キャラクターの本質を掘っていくようなとても濃いシナリオでした。

事前に峰岸&吉成ゲーとは聞いていましたが、本当にその通り。
とても浸れる内容で、なおかつ仕事に対する姿勢もかっこよくて、惚れ惚れしました。

友人の推し変も今ならわかる。

次はアドニス編にいってからまとめかな。
最後まで頑張ります。

では👋





いつもありがとうございます。
良ければショルメをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ぜひ一緒に語りましょう↓
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply