Welcome to my blog

L.G.S 〜新説 封神演義〜|初回 感想

ゆり子


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、カラマリと各種記事に拍手いただき感謝です。

オラソワを今か今かと待っているゆり子です。
いつもは発売されてすぐにプレイすることって少なくて、のんびりなんですけど、今回は早くやりたくて仕方ないです。
さといさんの絵柄も好きですし、神話が元々好きなので期待してます。

限定版パッケージで璃空だけ手紙を持っているのが、尋常ではない萌の世界をゆり子に見せつけてくるので、堪え性が4月16日までもつか心配です(重症)

さて、それまでの時間なんですが、「L.G.S 〜新説 封神演義〜」をプレイしたいと思います。
久しぶりにPSPを引っ張り出して来ました。

かなり前から積んでた子です。
中華系ってあまりやらないので、すごく楽しみです。


※attention辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




プレイソフト


▽L.G.S 〜新説 封神演義〜プラットフォーム: PSP
メーカー:アイデアファクトリー
発売日:2012年8月9日
公式サイト:https://www.otomate.jp/lgs/
※リンク先は 「Adobe®Flash®Player」が必要です


プロモーションムービー&オープニングムービーはこちらからご視聴ください。



ゲーム概要


あらすじ


人間界、紀元前11世紀ごろの殷王朝。
雨害による飢饉と悪政によって人が住めなくなるほど国家が腐敗し始めます。
それは王の側近、蘇 妲己(そ だっき)と妖怪仙人たちの企てによるものでした。

このことを慮った仙人界では「封神計画」が始動。
主人公で天才仙人の楊栴(ようせん)は密命を受け、計画の補佐に就くのでした。



システム


いつものオトメイトさんの仕様です。
まだキーの配置換え機能がないので次の通り固定です。

〇…決定、進める
×…戻る、ウインドウを閉じる等
□…スキップ
△…メニュー
start…オート
serect…既読/強制 切り替え
十字キー…選択
左スティック↑…バックログ
L…クイックセーブ
R…クイックロード

名前の変更不可、ボイスはついてます。
アイキャッチ無し。
好感度は各キャラごとに見れるようになってます。
もうひとつ、陰陽対極図がパラメータとなっていて、選択肢によってEDに影響します。
シナリオ内で宝貝(ぱおぺえ)を集めることによっておまけコンテンツがオープンします。



プレイ雑記


オトメイト古典シリーズの第2弾だそうです。
ちなみに第1弾はS.Y.K 〜新説西遊記〜。
プレイしたことはありませんが、名前通り西遊記がモチーフになっています。

今作は「封神演義」という中国の小説が元で、登場人物の名前もそのままです。
公式サイトでキャラクターをみてきたので前準備ばっちりです。

ゆり子の記憶だと中国史の殷から周に王朝が変わる頃が舞台のはず。
紂王(ちゅうおう)って殷の最後の王で、姫発(きはつ)は周の最初の王だったと思います。
その舞台にオリジナルの恋愛要素が入ってくるようです。

主人公の楊栴なんですけど、戦える子でかっこいいです。
第一印象はクールビューティーで、口調、実力とも男勝りな感じ。
どんな恋をするのかな~。

あと気になっているのが玉鼎真人(ぎょくていしんじん)。
主人公の師匠なだけあって、真面目そうですしやたら優しいです。
声優もゆり子の好きな関俊彦さんなので期待値高いです。

序章だけプレイしたのですが。
アニメのように1話ごとにタイトルが付いていて完結します。
ちゃんと主題歌、シナリオ、次回予告が組まれていて、それが最終回まで続いていくみたいです。
このタイプのノベルゲームは初めてなのですごく新鮮ですし、区切りがプレイしやすくていいですね。


次から個別感想に入りたいと思います。

では👋






いつもありがとうございます。
良ければショルメをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply