Welcome to my blog

璃空&縁 感想|オランピアソワレ

ゆり子


こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、前回の記事に拍手、ブログ村ボタンなど、たくさんご支援してくださり感謝です。

本気でドハマりしているゆり子です。
面白くってバンバン先に進めたい気持ちもあるのですが、璃空が好きすぎて彼の√もう2周しちゃいました(馬鹿)
放ってくと、語りたいこと多すぎて引くくらい長い感想書きそうなので、できるだけ短くするよう十分気を付けます。

ますは、璃空と縁の感想です。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




璃空ルート感想


璃空
Profile名前:璃空
年齢:21歳
色層:青(原色)
(CV.島﨑 信長)


超堅物な黄泉警邏隊の軍人。
クナドの鳥居の見張りを行っていて、オランピアが黄泉や下層の人間と慣れ合うのが納得できない様子。
オランピアの相手として、親友の朱砂こそが相応しいと思っています。
璃空自身、色事に関しては奥手で、オランピアに自分は相応しくないとかなり控えめです。


真面目な性格なだけに璃空を取り巻く環境が彼を縛っている感じでした。

色層も地位も名誉も申し分なく、将来も約束されていますが、白夜とくっつくことだけは許されないんですよね。
【青】の仕来りで30歳まで女性が彼に近づくことさえ禁止。
…璃空はアイドルですか(笑)

「拔」という死者の魂を天に還す術を継承しなくてはならない。
しかし、【白】の女は白しか産まないので白夜と璃空は結婚できない。

更に軍人として、島の治安を守る立場にあります。
なので、色層を守るために犯罪行為は法の元、厳しく処さなければなりません。
「ハズシ」という身分不相応な相手と結ばれる行為が出てくるんですけど、一発で処刑され、相手も犯罪者の烙印を押されて黄泉へ落とされます。

璃空は【青】として、立場的にどちらも背いてはならないようでした。
仮に自分の意見が逆でも通せないんですよね。
親友の朱砂達とも反対の立場に立たないといけない時もあります。
ハズシの処刑に対しても本当はやりすぎだと思ってましたし。
でも【青】って「拔」を継承するために、多分色層に一番忠実なのでやるせないよね璃空。

そして重大な秘密がもうひとつ。
実は璃空の両親はハズシで、璃空は黄泉の生まれです。
そこから「拔」の力を見出され【青】に引き取られました。

璃空の性格上、誰よりも【青】の人として振る舞わなければならないと自分を戒めていて。
だから選民思想みたいなのに乗っ取り、色層にきっちりした線引きをして【青】らしくしていたからたまに厳しい言葉もあったんですよね。
黄泉の人々に対しても、嫌っているわけではなく、【青】のお教えを自分に言い聞かせて行動していたように感じました。
生まれのことは気にはしているみたいで、自己評価低いし、オランピアに相応しくないと思っているのはここから来ています。

それでも、お互いが「舞い手」であることを通して、距離が縮まっていきます。
ふたりとも恋愛沙汰に疎いので、周りの方(白鼠が一番w)が先に両片思いって気づくのがまた可愛い。
両人ともちょっとのことですぐ照れるんですよね。 
先に押し倒したのが白夜っていうのも璃空の真面目で誠実すぎるところが出ていて尊い…。
ヒロインよりもガードが堅いなんて…璃空が可愛すぎて閨のシーンは萌えまくりでした。

璃空の√は白夜を狙う者がいて、璃空は禁を破って拔を使ってしまいます。
自ら黄泉へ戻りますが、その人を捕まえようと動きます。
先に明かすと、これを手引きしていた黒幕が育ての親の叉梗というのもまた辛いです。

でもこれが与えられた【青】から吹っ切れて、自分を見つめ直す機会になったのは良かったです。
ここからラストまでの璃空って自然体で、とても好きでした。

璃空は自分を律して戒め続け、【青】であろうとし続けたことで周りに不本意ながら厳しい言葉もかけ、時には差別的な態度も取ってきました。
申し訳なさから、朱砂に犯人を捕まえる助力を請おうとうじうじ弁明するんですけど、水臭いで一括されます(笑)
朱砂もみんなも璃空が真面目で信頼できる人と知っているからね。

璃空が培ってきた信頼や絆は彼が拔を使ったり、出自を隠したくらいでは消えません。
璃空の主題である「絆/戒」がはっきりみえてとても良かったです。

朱砂と璃空の絡みも好きでした。
親友というだけあって、普段きちっとしているふたりが砕けた感じで話しているのが胸アツ。
友達としてお互いに同じ感想抱いているし、本当に気が合うんだなという感じでした。

最後は犯人をみつけ、解決した後、璃空の結婚を止めていた珠藍を説得してふたりは愛でたく半身となりました。
婚儀はまだ先のようです。



縁ルート感想


縁
Profile名前:縁
年齢:20歳
色層:紫(独色)
(CV.内田 雄馬)


自称「地獄太夫」で黄泉の権力者だという。
日々、湯屋・死菫城で薬湯と占いでお客をもてなしています。
善人顔をして裏では何考えているかわからない人もいる、といかにもなメタ発言をしてくるのですが…。


縁√は冷たい憎しみに囚われた彼を救済するお話でした。

剥という病が原因で、現在【紫】は縁たった一人。
縁の姉から広まったとされていますが、姉が残したメッセージと【青】のハンカチから珠藍が殺したと縁は予想しています。
そして、犯人のことをとても憎んでいると同時に、一族のところにいきたいと思っている一面もありました。

故意ではないにせよ、剥で世間から疎まれる一族の贖いのために一生交配は禁止。
月黄泉に引き取られて黄泉へ落ちました。

やがて、無秩序な黄泉で、弱い人たちを見過ごせなくて自分がその人たちを守る立場に就いていきます。
時には手段を選ばなかったりするので、地獄太夫なんて名乗るようになったみたいです。

また、遥か昔に天女島に渡った【紫】の男が【白】に殺されたと言い伝えられていて、【白】への報復も考えていました。
これ、白夜は関係ないのですが、天女島へ行ったときいきなり殺しかかってきたので本当に驚きました。
あっさり休戦協定を結んだんですけど、当人でなくとも殺意が湧くのはそれだけ縁の憎悪が深いってことでしょうね…。

白夜と協力して突き止めた結果、前【青】の長・吾紺が縁の姉を辱め、証拠隠滅のために【紫】を消し去ったらしいです。
珠藍も剥に罹って、子を産めなくなったことがきっかけなので、思うところがあって珠藍と兄の叉梗で吾紺を殺して隠匿していたのでした。
このふたり、実はお互いを大切に思っていて、先にクリアした璃空のバッドエンドにこの伏線があってびっくりです。

璃空√と同様に叉梗が剥の薬を作るために白夜を狙っていたので、お互いに条件をのむ形で和解しました。
縁は憎しみのぶつけどころを失って、さぞかし気持ちがぐちゃぐちゃだったでしょうね。
【紫】一族のことで泣いたことはなかったのですが、白夜の前で初めて涙していて。

個人的には、現時点で憎しみはきれいさっぱり消えてはいないけど、囚われていた縁の心は解放されてやっと泣けたのかなと解釈しています。
ちょっと苦い幕引きなんですが、彼の全部が詰まっていて忘れられないシーンです。

白夜との恋なんですけど、実は月黄泉を通じて昔からお互いのことを知っていて。
縁は昔、白夜にもらった貝殻を今も大切に持っていました。
月黄泉が愛のキューピッドです(笑)

縁は掴みどころがなく飄々としているのですが、めちゃくちゃ一途!
運命すら感じる魂の半身を見つけて婚姻しました。
初夜のシーン、縁の色気がすごかったです。
ごちそうさまでした。

縁は平気で殺生できるから地獄太夫といわれて恐れられていたんですけど、軍に逮捕されてないし実際は殺したことなさそうです。
それよりも珠藍と叉桔の方が本当に殺しをしていてヤバいと思いました。
冗談とは取れないけど、縁のは小細工くらいのソフトな冷たさという印象でした。
言葉で説明されたほど縁が病んでなくてよかったかな…。

クリア後にふたりでお風呂に入っていたのが個人的に一番萌えました。


以上、璃空と縁の感想でした。
贔屓に聞こえてしまうかもしれませんが、璃空が良すぎて…。

そういえば天供島は異次元にでもあるのでしょうか。
和洋折衷な上、衣食住からみて時間軸も幅が広いです。
海岸に2020年日付の手紙が流れ着いてくるし。
璃空なんか和服で古風だと思ったらハンバーガー齧ってましたし(いまだに信じられない)

なんだかまだ謎がいっぱいありそうです。

ではまた次回👋





いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply