Welcome to my blog

比良&湫 感想|第六妖守

ゆり子



こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、ボタンぽちと第六の記事への拍手、感謝申し上げます!

私事なのですが、スマホを変えました。
本当に多少の事なのですが、文字色や枠の見え方が変わっているのでちょっとブログの中身をいじるかもしれません。
プレビュー見ながら気を付けて作業しますが、もしも前より見にくくなったりしたらツイッターなりなんなりで遠慮なくお申し付けくださいね。

ということで、ちょっとしたお知らせを挟みつつ、今回は比良と湫を攻略してきました。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




比良ルート感想


比良
Profile名:比良
種族:天狗
誕生日:1月19日
年齢:2500歳くらい
身長:180cm 
(CV.小林 裕介)


知恵の子、天狗の比良さん。
塩対応でやる気ゼロのマイペースな妖です。
男前高尾のおかげで何とか生きていますが、そんな比良も複雑な事情を持っていました。


要介護の妖かなっていうのが第一印象です。
全てを「面倒くさい」で一蹴しちゃうようなキャラで、ディアラバのシュウ様を思い出しましたね。

でも、なんだかんだ面倒見は良くて、しつこいくらい積極的に関わっていくことでしのはちゃんと彼の信頼を得てました。
玉鈴の釧(くしろ)という比良坂を呼び出せる腕輪を貸してもらえる時点で、気になる子なのは間違いないです。
そしてこの信頼が後で効いてくるストーリー性がものすごく良かったです。

サクラタニを見学したいという官僚の息子(金田)が現れるんですけど、正体は闇商人で。
人魚を売るためにアマツナまで来て、ひと事件起こやがります。
人魚を守ろうとしたしのがナイフで切られて、比良が釧で駆けつけて金田を止めるんですけど、過失なりなんなりケチをつけられてしまいます。
妖側もその金田のせいで大きな括りで「人間」に不信を持って、サクラタニがピリピリモードになっちゃいます。

でも、比良もしのも当事者であるお互いを心配していて。
比良に至っては本人預かり知らぬ所で優しさ発揮しちゃっててツンデレです(笑)
そのおかげでしのは妖たちから金田の情報をゲットできて、比良もしのも罰せられずに事なきを得たました。

しのの日頃の行いの賜物でしたね。
比良の心を開いて信頼ができていたから、比良を統としている妖たちの力も借りれて。
最初から友好的だった白月や悪露さんとは違って本当に根気が要る√だったけど、頑張ったかいがありました。
努力が報われるのって見ていて気持ちがいいです。

シナリオ面白いし、比良の遠回しな優しさもしょうがないなって許せちゃうんですけど。
ただ、恋愛過程はちょっとわかりにくかった印象です。
同じ時間を過ごせるかどうか、種族の壁が立ち塞がってたのは良かったんですけど、回収しきれてない感じでした。
比良の心情も、人好きだからこそ同じ時を過ごせないことに複雑な気持ちを抱いていたのですが、その「複雑」の部分がイマイチはっきりとは読み取れませんでした。
面倒くさがりキャラの多くを語らない性でしょうかね。

それよりですよ。
恋愛部分は、常磐と玉藻が昔恋人だったことに全部持っていかれました。
サラッととんでもない情報落とされてびっくりです。
詳細をください。



湫ルート感想


湫
Profile名:湫
種族:蛇の妖
誕生日:7月24日
年齢:2400歳くらい
身長:177cm 
(CV.逢坂 良太)


サクラタニにおける第4勢力「ミツチ」のトップです。
偉そうに上からものをいいますが、中身は純真な少年そのもので可愛いです。
(そう言うと怒る)
居住地を転々としていて、会えたらラッキーなキャラです。


うーんなんというか、湫√なんですけどしのと湫を窓口に瀬見と大蛇がバチバチしてる感じでしたね。
湫の夢のためにしのをミツチ側が利用していて。
湫ももちろん知ってしのを騙してたんですけど、正面から自分を見てくれるしのに情が湧いて利用するのが苦しくなってました。

しのも瀬見や常磐の命令で、ミツチの動きを探っていたのでおあいこなんですけどね。
その心苦しい感じは両者とも読んでいたらすぐにわかるんですけど、割り切りが早すぎるというか、描写が足りなかったというか…。

根に持たないのはいい事なんですけど、あっさり終わりすぎでしたね。
あわや衝突が起こりそうな時に仲介に入ったのも常磐で。
室長さんあなた、探れって任務直接言い渡しましたよね?
…とんでもないテノヒラクルー見たのは気の所為ということにしておきましょう。

それにしても、白月よりも狐な人がたくさんいる気がすると、ふと思った√でした。
騙くらかすのが趣旨のシナリオではないはずなんだけどな…。

肝心の湫としのの恋ですけど、比良よりも薄口かもしれません。
上述した探り合いがとても長くて、その中で2人とも恋心が芽生えたのは確定なんですけど。
いつ好きになったのか、ちょっと掴めなかったですね。

ただ、知る人のいないミツチの隠れ家を教えてくれたり、名前の呼び方が変化して言ったりと段々と湫が懐に入れてくれているのはわかったので、好きのバロメーターもそれと一緒に動いたのかなと思ってます。
告白する時に悪露さんと白月にこっそり聞かれてて、そこはとても可愛いシーンでした。

そして友情EDが結構重要。
湫と大蛇の目的はサクラタニの征服だったんですけど、なんでしのを利用するのか謎のままで。
でもここに来てしのを使えば現世とサクラタニを繋ぐことができると言ってました。
詳細はわかりませんが、瀬見も心当たりがあるようで…。
しのの立ちくらみも原因不明のままですし、この辺りはどうなるのかなと期待と不安が入り交じって湫√終了です。


ちょっと甘さは控えめだったふたりでした。
キャラ萌えするとすごくハマるタイプのキャラなんですけど、ゆり子はストライクゾーンではなかったですね。
それよか、攻略キャラ以外に色々持っていかれた気がします。

…いつも以上に遠慮なく書いてますが、この記事大丈夫かな。

次回はついに、途中で引き返した瀬見季継さんを落としに行きます。

では👋





いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply