Welcome to my blog

永倉新八 相馬主計 坂本龍馬 感想|薄桜鬼 真改 銀星ノ抄

ゆり子


こんばんは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
また、やる気ボタンと前回の薄桜鬼の拍手、押して下さり感謝です!

やっぱりキュピパラ発売までに終わりませんでした。
ノルマを課しているわけではないんですけど、ある程度期間決めてないとずーーーっとのびのびになるのでなんとなく決めるんですけどねぇ…。
なんか首を絞めてきてますね。
クロゼロとか今年の秋にしたいんですけど、新作多すぎて無理ゲーと化しそうです…。
新作が多いのは大変喜ばしいことなんですけどね!

と思いつつ銀星後半の感想です。
前回と一緒で隠すほどのバレは無いと思いますが、テンプレで一応ボタンつけてます。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




永倉新八ルート感想


新八
人物紹介名前:永倉 新八
所属:新選組二番組組長
(声.坪井 智浩)




新八さん鉢巻してない方が圧倒的にかっこいいってどういうことですか。
眼鏡外したら美人でしたみたいな二次元特有の現象ですかね?
ハピエン後の鉢巻外してる回想とか、新規の湯上りの絵とか、最高です。
ずっと取ったままでいて欲しいくらいでした。

新八は良くも悪くも感情豊かで、周りに人あっての新八だなと思います。
羅刹化した時の慟哭のように正直に気持ちを表せるのっていい事です。
薄桜鬼は黙っていたり痩せ我慢したりが多いですからね(笑)
一くんとか一くんとか一くんとか!

新八が進みたいと思った道から外れてしまった時どう考えて生きていくのか。
そう言うのが羅刹を受け入れられないところに出てるのかなと思いました。
未だに新八が羅刹になってしまうことにはちょっと疑問符がつくんですけどね。
だって最初期(黎明録)の頃から曲がったことが嫌いで嫌いで仕方ない性格の人の人生曲げさせて、そんなに苦しめたいんか!と思っちゃいます。

平助や左之さんと離れ離れになって、近藤さんが斬首されて、周りの大事な人達が消えてゆく毎に新八の心も悲鳴を上げているのもとても悲しかったです。
明るい兄貴分でいつも周りに誰かがいるような人なのに、山小屋に籠城って…。
後に復活するのはわかってますけど、新八くらいまっすぐ生かしてあげても良かったんじゃないかとさえ思います。

…まぁそれをやっちゃうと千鶴とくっつく=戦場から遠ざかるので、攻略できなくなるんですけどね。
恋愛するためには新八が自分の根をひん曲げなくてはいけないので。
でも、千鶴への気持ちは不可抗力で進むことになった羅刹とは違い、自分で選んだものですので、最後までその決断が正しかったと新八本人が思ってくれることを祈るばかりです。

(こう書いていると新八のハピエンが暗いイメージになっちゃうかもしれませんが、そんなことないですよ!)

最後に全てが終わって、踏ん切りがついて箱根戦争の地に新八と千鶴が足を向けて。
桜の木の下で盃を掲げるスチルは泣いちゃいました。
新選組とは喧嘩別れみたいになったのがやっと元に戻った感じもしますし、やっとお苦しみタイム終わったなって感じで。

本当にそのくらい新八が沈んでる姿は堪えました。



相馬主計ルート感想


相馬
人物紹介名前:相馬主計
所属:新選組隊士
(声.梶 裕貴)




西本願寺に移転してから入隊してくる後輩くんです。
めっちゃしっかりしてて全然後輩味ないですけどね(笑)
千鶴がタメ口で相手が敬語のパターンって真改までは無かったので逐一新鮮な会話相手です。
一くんとはまた違った真面目さがあって、平隊士といえど信頼が厚いのも頷けます。

相馬くんは本人は好きですし罪は無いのですが、未だにどうしても無印のいいとこ取り√+途中から主人公級になる本編はなんだかな~と思いますし、今回はそれの補完か…。
MAXが土方さん√の五稜郭でその後は無かったので、より後世まで新選組(旧幕府)を追えるのはありがたいんですけどね。
鬼視点の俯瞰ではなく、新選組の内部で軌跡を辿れるので、当事者目線での時代の厳しさや誠の新選組を最後まで貫く志も伝わりますし。

ただ、このFDの説明だけだと、幹部隊士を犠牲に平の相馬くんと千鶴が土方さんを追いかけて北上する、守られ続ける2人に見えてしまうので、絶対本編を読んで幹部との意思疎通を知ってからプレイするのがいいです。
元々早い段階から信頼されてましたけど、何故相馬くんを逃がすのかがわかりにくいかも…。

相馬くんは見習い隊士から始まるので、日々野村と千鶴と一緒に雑用から稽古まで頑張ってる感じが凄くいいです。
3人で雑用の合間に話している所が彼ららしくて一番好きでしたね。
FDなので甘いのかこういうほのぼのなものがたくさんあると嬉しいです。
千鶴が女だとわかった時の照れやどうしていいかわからない不器用さも可愛かったです。

あとスチルで、斗南の一くんをオマージュした様な雪を眺めてる絵があってとても綺麗でした。
台詞とか若干パクりですけど(笑)
シチュエーションが良いから好きになれました。

テーマの星やら季節やらを一番回収してたかなと思うのもこの√でした。



坂本龍馬ルート感想


坂本
人物紹介名前:坂本龍馬
所属:土佐藩
(声.小野 大輔)




おまんのターンを待ってたにゃあ!

まず一番に言いたいです。
小野Dさんの土佐弁萌え。
地方弁特有のイントネーションが最高ですね。
住んでいる地域的にゆり子は意味は大体わかるのでちゃんと日本語に聞こえました(笑)

そういえば、新選組のみんなもなんのことなく普通に坂本と会話してますけど、易々と通じるものなんだろうか?
君菊さんの廓言葉も平気だったし、意外といけるのかな?

坂本は敵か味方かわからない、ミステリアスなキャラなんですけど。
坂本龍馬って勉強した記憶はありますけど、名前だけ一人歩きして幕末のすごい人くらいの認識なんで薄桜鬼での扱いって未だにちゃんと理解出来てない気がします。
まぁ、主人公にとっては途中から絶対の味方って思ったらいいですよね。

羅刹が待ち受ける甲府城に向かう時、千鶴に西洋式の挨拶をせがむのめっちゃ好きです。
揶揄うにしても左之さんとは違ってあざとさみたいなのがあって、要求をあわよくば飲んでもらえるかもみたいな期待が見えて坂本らしいです。
京の頃は本気じゃなかった感じですけど、旧幕府と新政府の戦いが始まってからは身が入ってきてて、冗談ぜよじゃない押し方も良き。

千鶴も早く坂本を好きになればいいのにな~と思いながらプレイしてました。
まぁ、気さくな人ですけど、あの時代の千鶴みたいな由緒正しい女子からしたら坂本ってチャラいから警戒もするか…(笑)

坂本は親友の中岡と、千鶴は綱道や薫と、親しい人と敵対しなければならない事になるんですけど、その辺の経緯は本編で。
道中、決戦の地へ行く途中の心情がFDでは書かれていました。
千鶴としては助けたい気持ちがあったみたいで、坂本も同じ気持ちを持っていることを看破していました。
坂本ってこの時代で誰よりも先を行ってる人だから、同じものを共有できる人ってやっぱりなかなかいなかったみたいで。
気持ちを汲んでくれた千鶴の存在は本当にかけがえのないものだったんだなと思います。

この後ずっと、俺のものおれのもの~みたいな描写増えるので、スイッチ入ったな(笑)

坂本はあまりにも有名すぎるので、今後も船で外国をまわるみたいです。
ただ、新選組に縁のある人たちには遠回しに助太刀したりするのかなって感じでした。


新八と坂本、普通にかっこいいと思うんですけど。
どこかしら締まらないのがゆるキャラって感じですね(笑)
切れ者なのにいい意味でスキがあって、だからこそみんなに愛されるキャラなんだなって改めて思いました。

ということで次回はいつもの評価記事を書いて締めたいと思います。

では👋





いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply