Welcome to my blog

共通章 南郷久史 感想|ハイカラ流星組

ゆり子


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、ボタンぽちとビルシャナとその他の拍手、大変たくさんの方に押していただけてありがたい限りです(涙)
ビルシャナいいですよ!(宣伝)

ハイカラは、感想の前に少しだけ聞いてください。

多分、両手放しで絶賛する感想はあまり書けないと思います。
というのも、ハイカラの主人公とゆり子の相性がよくないみたいです。
選択肢が選びたくないものも多くて、行動も共感できなくて、感情移入もできないのです。
なので、察していただけますと幸いです。

せっかくなので、できるところまでゲームは頑張るつもりです。
スチルは集めたいので。
ネガティブな話題を差し込んで申し訳ない…。

それでは今回は久史の感想です。

※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
!!!ハイカラをお好きな方はくれぐれも閲覧には注意してください!!!
宜しくお願い致します。



共通章


ものすごく長いです。
あらすじに「いつもの日々が続く」とありますが、共通章全体がほぼほぼこれです。
主人公が奉公に出て、攻略キャラや町の人とお話して…。
面白いくらい何も起きなくて平和でした。

初回に主人公と攻略キャラは以前から面識があると言いました。
どうやら関係性はある程度シナリオ外で形成済みで、この章では攻略キャラ同士が知り合いになっていくみたいです。
主人公とは…?

そして、流星組の話もちょくちょく出てくるようになります。
「なんでこの6人が~」とも言いましたが、個々に前流星組に何らかの関わりがあったからだそうです。
主人公が父の死の真相を知りたがったのをきっかけに結集します。

ハイカラ流星組については、ゆるい影の自警団のような存在で、人々を助けるために悪を捕らえるのが仕事です。
先代のように人殺しと罪を犯すことは禁止。

主人公ですが、ちょっと世間知らずだなと思うところは、生まれが裕福な家で箱入りだったから~とそれっぽい理由で自分を納得させてます。
しかしよ、仕事中の寄り道が多すぎるのは擁護できません!
丁稚1・2が正しいです。
ハイカラ流星組の仕事も大丈夫でしょうか…。
危険がある世界に入ったのに呑気ですし、正義感というかノリでハイカラ流星組になった印象が否めません。
他にもツッコミどころ満載で、つっこんだら負けではないかと思いはじめています。

攻略順決めの参考にはなりました。
共通章から吟味して、流星組に関わりが浅そうなキャラ順に行こうと思います。
久史→楓花→賢or銀→徳

ツイッターのフォロワー様に聞くと、一人クリアしたら共通章も少し増えるという事だったので、補填されるといいなと思います。

久史ルート感想


ESqII10U0AEW48o.jpg

参照:https://twitter.com/haikara_otomate


わがまま坊ちゃんで家族とも仲がいいとは言えない我の強い子です。
バイオリン奏者を目指して音楽学校に通っていますが、家族ともめて主人公と同じ長屋(お隣)に住まうことに。
父が元流星組だったことから、現在の流星組に参加します。


坊ちゃんは早くからけいちゃんにその気がありましたね。
けいちゃんは鈍感なので、期待した気持ちが返ってくるのはほぼ終わり際になりますが…。
「お前が必要」とまで言われたらさすがに気がついてあげて!
本人は恥ずかしくて頬の色変わってましたよ。

でも、恋愛過程があまり無いのでなんで好きになったのかは双方ともにパッとしないです。
(奉公に来た)4年前から知ってて、だいぶ長い間坊ちゃんが片想いしていたようですけど。
もうちょっと心情の変化を具体的に描いて欲しかったです。

結婚の話も急に出てきましたし、なんなら同情とも取れる状況で切り出しましたし、プレイヤーは置いてきぼりでした。

そもそも坊ちゃんは、ハイカラ流星組の仕事でも私生活でも辛辣な物言いも多くて。
邪魔、役に立たない、等々貶されます。
好きな子に対してのツンデレにしてはキツいし、本当に長い間好きなんかな~という印象でして…。
注意と心配を好きゆえに素直に表現できてないだけだったと思っていいでしょうか…!
(わからないので憶測です)
おいしい属性なのに扱いきれてないですよね。

まぁ、けいちゃんが迂闊なので、坊ちゃんの言い分が至極ド正論で否定の余地はないんですけどね。
危ない目に遭ったら結局坊ちゃんが助けてました。

ハイカラ流星組の活動では、依頼をこなしている中で父親の死の真実にたまたま近づいて、1人の政治家にたどり着きます。
それからさらに、ハイカラ流星組の中に内通者がいる話まで出てきます。
この政治家が権力を使って警察を動かすもんだからほんとうに厄介でした。

賢さんが裏切り者に名乗り出たんですけど、探り合いの収束の為で、方便だったって事でいいのかな?
誰が裏切っているのかわからないまま、対処とか特になくハイカラ流星組の活動続けてたし、裏切り者をどうしたかったのか不明でした。

終盤は急ぎ足すぎて何が何だかわからなかったのですが、最後のED直前で坊ちゃんが誰かに刺される場面があって、それが衝撃的だったのは覚えてます。
バッドエンド無いって聞いていたので、焦りました。
刺した人は不明だし、言及もないし、結局犯人野放しで終わってしまいましたが。

この刺されるまでの終盤の場面、言いたい事が大量にあって書ききれないので簡素にしたんですけど。
本気でツッコミ所と謎しかなかったです。
風呂敷を広げるだけ広げて終わったので、他√に繋がって解決されるものであって欲しいです。
父親の死の真相もまだまだ見えなかったです。

あと、めちゃくちゃ気になったことがあって。

例)夜会で、折角だから踊ろう!の流れ→暗転次の日

その先を見たいというところで謎の場面切り替えをされるのでシナリオがぶつ切りに感じます。
踊るシーン等はいくらでもスチルを差し込めると思うんですけどね…。
何回クイックロードしても次の日にしかならなかった…残念。


主人公が合わないにプラスでシナリオの雲行きも怪しくなって参りました。

私の思うところがあまりに酷いようなら「感想を書かない」選択肢も考えておくべきかもしれませんね。
あまり不快なものになっても申し訳ないので…。

一応、次は楓花と誰かの感想を予定してます。

ではまた次回👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply