Welcome to my blog

ダンテ 二コラ 感想 (Episodio 1926 BULRONE)|ピオフィ 1926

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
また、やる気ボタンとピオフィ記事への拍手を押して下さり感謝申し上げます。

攻略順が決まらなくてものすごく悩んだんですけど、ブルローネは自分の好きな順で行くことにしました。
攻略制限はないのでどの順番でも大丈夫だろうと思って!

と言う事で、エピソードブルローネ、ダンテとニコラの感想です。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




Episodio 1926 BULRONE


全体的な事柄として、ハピエン後の世界線ですが、めちゃくちゃ甘いわけでは内容です。
さすがにマフィア。
血を見ることもあれば、バッドエンドやゲームオーバーもあります。
普通に死にます。
FDみたいに甘さだけを求めてプレイすると危険なので、ぜひ続編という事を忘れずに先に進んでください。
(甘さがないわけではないです)

そしてボリュームも凄いです。
後日談なのでSSいくつかくらいの長さを考えていたんですけど、ちゃんとしたシナリオになっています。
作り込みも変わらず凝っています。
また、前作の内容もできるだけ覚えていると理解しやすいかなと思います(ARIAで補足はあります)


ダンテルート感想


ダンテ
ProfiloNome❖ダンテ・ファルツォーネ
Stato❖ファルツォーネファミリーカポ
(CV.石川 界人)




ダンテは相変わらず内外に揉め事の種が落ちていて大変な√でした。
マフィアのカポと付き合うとなるとこんなものかなとは思うものの、たくさんのしがらみや恨みをくぐり抜けなければならないんだなと思いました。

まず、ラウル。
父を粛清された恨みから、ダンテへの復讐を目論みます。
テオに唆されて~なので同情しましたけど、ニコラにまんまとやられて残念でした。
まさか問題を起こす側だったとは…!

アンリはファルツォーネに復讐しようとしていました。
エミリオに一時軟禁されて、役目がある、と言われていました。
その答えはアンリしか知り得ないんですけど。
復讐の機を伺ってはいたんですけど、ダンテと接触するうちにシルヴィオとの違いを見てしまい、迷いが生じていました。

教国はこの√ではファルツォーネの後ろ盾です。
でも、エミリオは基本的に人の営みに干渉しないのでテオとの仲介に出てきたくらいです。
いるだけって感じで頼れる駆け込み寺ではないかな。

はい、そして超重要人物テオ。
教国が不穏なのはエミリオの発言があったからそう思ったのですが、テオでしたね。
明言はありませんが、教国と言うよりは私怨で動いているようでしたが。

なんというか、薄桜鬼の薫くんでしたね(笑)
亡きリリィの両親に拾われた養子で、リリィの兄です。
関係ありそう…と読んでいた矢先、近親者でびっくりです。

自分の生きてきた道が地獄だったと表現しています。
だから、家族であるリリィに同じく不幸になって欲しいとねじ曲がった感情を抱いていました。

リリィの周りも貶めるためにラウルや六凰会とかも唆して徹底的に傷つけようとしてきて、いい感情ではないですがものすごくリリィに執着してるんだなと思いました。

端的に言えばダンテとリリィがふたりで支え合いながらこれらの問題を切り抜けて行くんですけど。
マフィアとのお付き合いってだけでもアブノーマルで大変なのに、内外にも敵がいて追い込まれて…なかなか人生ハードモードになってますよね。
逆境での恋路で負担も想像を絶すると思います。
芯が強いリリィだからこそできた恋愛なんでしょうね。

最後にダンテはテオと決着をつけるんですけど、まさかのアンリが…。
めちゃくちゃ泣けるのでぜひ直接見て欲しいと思います。
あまり上手く書けませんが、出来事のひとつひとつにしがらみや繋がりがあるので、実際にプレイして体感するのが一番いいかなと思います!
絶対悪がないのでめちゃくちゃ困ります。

トゥルーエンドでも、時勢はマフィア排斥に積極的で、ダンテはこれから時代の波に逆らって生きて行かなければなりません。
リリィとふたりで少しでも幸せに過ごして欲しいなと思いました。

そしてつくづくニコラが味方で良かったです。
前作ではダンテ解放のためにファルツォーネを崩しに来る側だったけど、同じ側にいると心強いです。
裏方で、派手なことはしないんですけど、絶対ニコラがいなかったら回ってなかったと思います。
あと、世話焼きなので恋のアドバイスなんかもしてくれました。

それから、ギルとかも友人としてダンテの恋路を見守ってくれていて、周りが若いカップルを心配している図がなんとも微笑ましたかったです。

しかし、バッドエンドの方に向かうとそんなギルと全面抗争…。
マフィアらしさはバッドエンドに進む過程の方が感じられたので、そういう意味で結構好きです。
結末もただ悲しいのでは無く、クロエの二の舞といいますか…。
鍵の乙女はそういう運命にあるのかもしれないという、ひとつの可能性だった気がします。

余談ですけど、ドミニクがリリィのカンノーロを食べれてて泣きました。
無印ニコラ√の時、食べられずに亡くなったので、意味がわからないくらい感動しました。



二コラルート感想


ニコラ
ProfiloNome❖ニコラ・フランチェスカ
Stato❖ファルツォーネ アンダーボス
(CV.木村 良平)



ニコラがずっと解放したがっていたファルツォーネの血の使命。
全てではありませんが、ブルローネから一族を解き放つシナリオです。

この√では、リリィは墓守の一族と鍵の乙女について知らないので、まずその辺のお話もおさらいします。
ただ、真実を知る1人、ロズベルグ。
彼が殺されそうになった時、鍵の乙女の秘密を守るためにあえて嘘を敵側に教えたのでそれも広まってしまい…。
ニコラやリリィはその嘘の方に振り回されてしまいます。

鍵の乙女と墓守の一族の後継者が結ばれることで聖遺物の封印を解くことができる、という真実の条件。
これは分家筋では使命を果たせないことと、ニコラとリリィ、ふたりが惹かれたのは意思ではなく「血」だと、テオが揺さぶりをかけてきます(←嘘の内容です)

テオもテオで、兄としてリリィだけは守りたいと思っていたので、マフィアから遠ざけるためにやっていたとは思うんですけど、複雑でしたね。

でも、オルロックの協力で真実を知ったニコラは、リリィとの恋は自分たちの意思で掴んだものだと確信して、ふたりの絆は今まで以上に強くなりました。
占星術のズレはあれど大したことは無いとエミリオが言っていたのは本当だったようですね。
運命の相手なのかとか、歳の差とかを気にする二コラがちょっと可愛かったです。

想いが通じたハピエン後なのに、恋愛感情の根本の否定にくるか~とちょっと心配して見ていたんですけど、結果を見ると恋の試練(笑)だったのかなとも取れるので、純恋物語っぽくて良かったです。
ニコラはそこまで敬虔な信者でない分、神聖な力とかそういう得体の知れないものでは無く、人の力で切り開いていく場面が多くてとても見応えもありました。

ニコラは重要なことや汚い部分を教えてくれない傾向がありますが、その理由もわかってなんだかスッキリ。
昔よりはだんまりや独断で片付けてしまうことは少なかったので、心を許してくれたのを実感できました。

そしてまさかのまさか。
聖遺物の神殿を燃やしてファルツォーネの枷を外して、ブルローネを出ていくことになります…!
ダンテ√ではファシズムに抗い続けるようでしたけど、ニコラ√は彼らしく現実的に堅実にいきましたね。

この√、途中でギルの屋敷が襲撃されり、その他にもディレットーレ等も切り殺されり、ニコラが負傷したり…血を見ることも多いんですけど。

誰が暴れてるのかと思いましたけど、正体がわかって笑っちゃいました。
さすがしぶといな、と(笑)
死体までちゃんと確認しないと死んだと言えないみたいなセリフを何処かの√で聞きましたけど、まさにその通りでした。

直接の関わりは無かったですが、ロベルトの父親がプッリャ州の知事になってマフィア弾圧にくるとは…!
デ・フェオの家系はマフィア嫌いなんですね。

あとフランチェスカ邸の家令バルトロ。
癖が強いけどリリィのとの押し問答が面白かったです(笑)


めちゃくちゃ楽しかったです。

もっとファルツォーネを取り巻く状況とか、その時ダンテやニコラが何を思っていたのかとか、色々書きたいことが尽きないんですけど、情報過多。
ゆり子の感想まで入れるとそれはそれは読むのも嫌になるほどの文字数のレポートになりそうなので、振り返った時にぱっと思浮かんだところだけ記事にしました。
半端ですみません…。

それくらいボリュームも凄いしシナリオもしっかりしているので、まだ途中とはいえ既におすすめできるゲームです。

続きも楽しみです。

では👋




いつもありがとうございます。
良ければニコラをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply