Welcome to my blog

アンリ 感想 (Episodio1926 HENRI)|ピオフィ 1926

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気スイッチとピオフィ記事への拍手を押していただき感謝しております!

今回はエピソードアンリの感想です。

興津さんの仮面キャラも本名呼びなので正体書いても良かったんですけど、私のオルタナティヴァの書き方ゆえにここでも一応ファントムにしてます。

色々思うところもあって、書きたい事が盛りだくさんなんですけど、上手く書けない→消すの繰り返しで…。
結局いつもの短めの表面的な感想になっちゃいました。
それでも良ければ見ていってください。

オブラートに包んだつもりですが、ファントムのやる事が結構酷いので要注意です。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




Episodio HENRI 感想


アンリ
ProfilNom❖アンリ・ランベール
Statut❖元国営カジノ支配人
(CV.立花 慎之介)



アンリ√解禁の時から不穏さが全開でした。
これまでのあらすじをファントムが読み上げてて嫌な予感しかしません。
リリィと攻略キャラ5人もしっかり調査済み。
始まる前から色々覚悟しました。

そしてまぁ開幕直後から酷かったですね。
多分ここが一番グロい…。
猟奇殺人の描写が苦手だとここで脱落する人もいると思います。

フランスでの平穏が脅かされ、アンリは自分を狙うファントムに呼ばれてブルローネへ戻ります。
ファントムの気持ち悪さはオルタナティヴァで十分わかってますが、やっぱり聞いてると疲れる(笑)
興津さんはよくこのキャラを演じたなと思います。
本当に尊敬。

ただまぁ、アンリも過去に色々犯罪をやらかしているのでツケが回ってきてるって事なんですけど。
それでもファントムと同列の犯罪者には見たくなくて、同情もあり、アンリの味方をしちゃいますね。
(ファントムは生きた人も死体も玩具のように弄ぶのでおえん)

アンリをそんなにした原因がファルツォーネ(主にシルヴィオ)っていうのも悲しい…。
クロエの事もありますけど、アンリ自身の受けたし打ちも語られるし、前作の恨みの大きさも納得でした。
二コラが結構同情的で、贋札事件の件は置いておいて、話を振ってくれるし世話を焼いてくれたのは、個人的なせめてもの気持ちなのかな。
二コラもシルヴィオ関連で一歩間違ったら生きてなかったかもみたいなお話もあったので、近いものを感じたのかもしれません。

また、物語が進むにつれてファントムとアンリの関係も明瞭になってきます。
オルタナティヴァをもっと掘り下げた感じです。

リリィはアンリの知り合いで、尚且つファントムの気持ち悪い趣味のせいで狙われます。
人間解体してパーツ集めてクロエを作るとか…胸糞悪い。

この√のリリィはちょっと恋愛脳強めでした。
アンリに迷惑にならないように恋心を隠す素振りを続けます。
その後ファルツォーネに保護され、アンリはストラノに潜伏しますが、(好きだから)逢いたい気持ちからアンリの傍にいようとします。
言ってることとやっていることが矛盾するんですよね…。

ただ、この強引な踏み込みが恋に関しては変化の始まりになったのかなとも思います。
アンリが元々人嫌いなところがあるのでそのくらい押していかないといけないのでしょうね。

一緒に暮らしても距離があったふたりが、ブルローネに来てからは少しずつ近づいていく恋愛模様はわくわくしました。
アンリが自分の所業を理由になかなか素直にならないですけど、たまに優しくなるのは迷いだったのかな~と。
両片思いの時間が長くてもどかしいけど、鍵の乙女の資格を失うまでの過程は読んでいでとても楽しかったです。

キスすんどめと本番は最高でした。
何より、私の好きな程々の闇加減と昏い話し声にうっとりでした。

トゥルーエンドは、アンリが過去に囚われるのをやめてリリィの為に生きようと思ってくれます。
もちろん、過去の幻影であるファントムも倒します。
ファルツォーネとアンリのやり取りだけはちょっとご都合主義でしたけど、アンリの幸せのために目を瞑ります。
2人の気持ちが実って良かったです。

バッドエンドはマインドにくるので、見ないのも有りだと思います。
ファントムに洗脳されたアンリがリリィを抱くのは、ふたりが可哀想でした。
リリィの言葉や思いが通じてなくて、好きなのに望まない形でアンリと…なのがなんとも悲しかったです。

マフィア4人とオルロックはさらに酷かったですね。
セーラームーンの最終回みたいに1人ずつ消されていきます。
それだけでも堪えるのに、殺し方が惨い…。
拷問、欠損がダメで想像力が豊かならやめた方がいいかもしれません。

アンリやマフィアがしてきた事を思えば、業であり因果応報なのかな…。
ファントムの味方をする気は微塵もないですけどね!


覚悟はしてましたが、オルタナティヴァでの予想通りバッドはろくでもなかったです。
意味が分からないくらい気落ちしました。
やるぞ!という意気込みを持ってから取りかからないと…!

でも、シナリオはとても面白かったですし、恋愛過程が特におすすめです。

ピオフィもこれでほぼ終わりです。
ARIAを一部読んでいないので、それを見てからまとめをしようと思います。

ではまた次回👋





いつもありがとうございます。
良ければニコラをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply