Welcome to my blog

Tlicolity Eyes Switch|初回 感想

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気ボタンと百狼記事の拍手を押していただき感謝致します!

忍者がしんどかったので、次は明るい系をやりたいと思い…。
ツイッターで仲良くしてもらってるせいなちゃんにおすすめして頂いたトリアイをプレイすることにしました。
絶対自分ひとりじゃ買わなかったであろうゲームなので、ドキドキわくわくしてます。


※attention辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




プレイソフト


▽Tlicolity Eyes -twinkle showtime-プラットフォーム: Switch/Switch Lite
メーカー:アイデアファクトリー×フロンティアワークス
発売日:2018年7月18日
公式サイト:https://www.otomate.jp/triangle/tlicolity/switch/


▽プロモーションムービー


▽オープニングムービー

※OPはPC版vol.1です。vol.2 vol.3と全3種類あります。


ゲーム概要


あらすじ


――これは、ほんの少しだけ未来の物語。

人口のおよそ3割が【能力者】と呼ばれ、不思議な力を持っていた。
ウワサでは、能力者たちはキラキラと輝く芸能界に多いと言われている。

物語のヒロイン・東地三姉妹も能力者の内のひとりで、それぞれが芸能界で奮闘中!
彼女たちの能力は【相手のステータスを一時的にアップさせる】というとても便利な能力。

……しかし、その能力にはある秘密があった。

それは、能力をかけた相手を自分のトリコにしてしまう副作用――
【トリコリティ】が発生すること!

芸能界に副作用に三角関係!
このトキメキは副作用?それとも――


システム


基本操作はいつものオトメイトさん仕様です。

ヒロインフェイスとデフォルト名呼び有り。
キャラクターの目パチ口パク有り。
スチルやトリコリティモードが発生した時などに振動がおこります。

「トリコリティーモード」は主人公の能力の副作用によって、攻略キャラが主人公に迫ってくる場面です。
モードに入るとはじめにカットインと囁きが入ります。

Switch版ではボーナスイベントとハピエン後のアフターストーリーが追加されています。


プレイ雑記


試しにvol.1のチャプター1だけやってみたところです。
もうすでにトリコリティーモード発生してますし、勢いよく進んでいて順調です。

トリアイはオトメイトさんの「triAngle PROJECT」の作品の一つです。
三角関係がテーマで、タイプの違うものが3つ発売されています。

第一段:トリアイ(芸能界×ラブコメ)
第二弾:片思いコントラスト(学園×純愛)
第三弾:蛇香のライラ(アラビアン×官能)

ゆり子はライラはプレイ済みで、今回が2つめのプレイです。

元々PC版で、ひと作品が円盤3つ分に分けて発売されてますが、Switch版ではタイトル毎に統合されています。
トリアイはディスク毎にヒロインが違うので、今回はヒロイン3人。
それぞれに攻略キャラが2人ずついる形になってます。

ヒロインの紹介も今回は個別の感想でやろうかと思います。
いつも通り顔と名前くらいですけどね…!

それから「能力」についてですけど、50年前の「ナノマシン投与」によって、人々が潜在能力や感覚を向上させる計画がありました。
そのおかげで、個別に「能力」を持つ「能力者」が誕生します。
しかし、悪用を恐れて廃止に。
ナノマシン投与を受けた人々やそのDNAを受け継いだ人々は、今も「能力者」として人口の3割ほどは存在しているそうです。

ヒロインたちが男性に使っちゃうと、ちゃんと本来の効果も発揮しますが副作用で虜にしちゃうみたいです。
この状態になるとトリコリティーモードに入り、急に甘いセリフまみれになって面白いです。
アムネを知ってる方はイッキの目の逆バージョンをイメージしていただければわかりやすいと思います。
ハーレムやファンクラブはできませんけどね(笑)

実は事前情報も少しもらっていて。
vol.1は片方のおかげでトリアイにはまった。
vol.2はシナリオが良くて推す。
vol.3は男の娘いるけどビビらなくて大丈夫。
らしいです(笑)

楽しみでならん、です。
攻略の順番はvol.1から番号順にやっていこうと思います。


ちょっと短いですが、今回はここまで。

今後はvol.1、2、3毎に感想書こうと思ってます!

では👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply