Welcome to my blog

イネス アダージュ 感想|スチプリ Switch

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
また、スチプリの記事への拍手、やる気ボタンをポチしていただき感謝致します。

ちょっと脱線しますが、この土日、テイフェス2020が開催されましたね。
ユーリが最推しなんですけど、イベントはルドガーが一番のお目当てでして…。
ネタバレは伏せますが、自由にしゃべルドガーを拝めるので大好きなんです。

しかし、今回は欠席!
イベントを視聴するかどうか悩みましたが、断念しました。

次は11月開催だそうで、年2回テイフェスが行われる有難い年になりますね。
来年はX2が10周年なので、それに向けて来てくれたらいいな~と思います。

ということで、休日はスチプリに専念していました。
今回はイネスとアダージュの感想です。


※attentionネタバレ回避のため【▽ネタバレ】ボタンを設置しています。
感想は辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




イネス ルート感想


イネス
ProfileName:イネス・ハインリヒ・ハイネ
Age:29
Theme:不屈 Fortitude
(CV.君嶋 哲)


下界の保護地区を管理するHOUNDSの副リーダー。
人望はあるが生真面目で頑固なため、粗暴な人間が多いHOUNDS内では浮いた存在です。
アダージュとは交流があるようです。


イネス個人は好きでしたが、√は情報量と突っ込むところが多かったです。

まず、やっぱりHOUNDSはおかしい集団でしたね。
上界の警察組織の延長ですけど、保護地区の住民を卑下して殺しもやってのける組織です。
無法地帯で犯罪者の見張りをするのが仕事ですし、心を殺さないと人殺しなんてできないとは思います。
とても重たいものを任されてはいるんですけど、ザクセンの独断と偏見と気分で暴力的な教育を受けたり、拷問にも近いことをされます。
ザクセンとしては、人であることを捨てろというのが方針みたいです。

フィンはある意味気に入られて、かなり酷めの仕打ちを受けたみたいです。
より優秀な狂犬に成るべく、ね…。
なので、エルト√でとんでもない狂人になって再会した理由が痛いほどわかりました。

それでもって、フィンはキルスのことだけを思ってて、メンタルが壊れながらも自分の境遇に耐えていたんですよね。
イネスハピエンにいくとちょっとだけ救いがありましたけど、やっぱり辛い…。

イネスはそういった道徳に反する行為を良くは思っていませんが、目的のために目をつぶっています。

キルスとは教師と生徒の仲から関係が始まります。
牛飼いの家の出身で、学がないから学びたかったんだそう。

この授業中にキルスが早い段階で好きを自覚します。
しかし、好きになったあと、ザクセンの命令でイネスが殺人をするところを見てしまいます。
理想のイネス像が崩れて打ちひしがれますけど。

イネスの目的が上界に帰ることだと聞くとあっさりケロ。
否定的な気持ちはどこへいったのか、急に擦り寄ってきてびっくりしました。

キルスの中では、身の潔白≧両親殺害の犯人を見つける>イネスへの恋慕>その他、という順位があってなりふり構ってられなかったと言うことなのかな?
キルスは何がってもイネスを信じると言い切りましたけど、身の翻し方が急で真っすぐが売りの性格がちょっと迷子気味でしたね。

それで無事に上界に行けると、事件の犯人も判明します。
まさかの元婚約者が殺人犯、裏で結託していたのがHOUNDSの医者グリッサードでした。
元婚約者は多分法廷で裁かれるんじゃないかなという感じでしたが、グリッサードは証言も証拠も無かったのか、完全に放置でしたね。

しかも、イネスと共にHOUNDSに戻るEDでは、下界に戻ったのにグリッサードのことはノータッチで…。
あれだけ冤罪を証明しようと必死だったのにどうしたんだ?と思いました。

恋愛の方は、2人とも上界出身者なので奥手×奥手という感じですけど、普通にイネスからキスとかしてきたので何とか成りそうでした。
イネス、上界にいた時からずっと未婚なら29歳DTですよね。
…いけない事に気がついた気分です(笑)

最初にも書きましたが、この√はイネスのことより、HOUNDSや事件の真相、フィンの情報が一気に集まる√だったと思います。
全部が全部は明るみにはなりませんけど、すごい収穫でした。

あとは、ザクセンがこのまま100%嫌いな外道でいてくれたら良かったのに…と思います。
HOUNDS前リーダーの下で、全うにHOUNDSを支えようとしていた過去とか出てきて困りました。
そんなの見たら憎みきれなくなってしまいます、本当にいけ好かない!



アダージュ ルート感想


アダージュ
ProfileName:アダージュ
Age:26
Theme:節制 Temperance
(CV.古川 慎)


HOUNDSが管理する保護地区の外れに住む医者。
無愛想だが面倒見が良いため、周囲の人々からは慕われています。
元は上界の住人でしたが、とある罪を犯し下界へ送られました。


なかなかに厳しめな幸薄√でしたね。

アダージュもかなり不思議な人でした。
ズバズバ言うタイプで、回りくどいのはあまり好きではないみたいです。
でも、時々優しい。
あと、無駄な事はやりたがらないので合理主義だと思います。

でも自己評価は低いみたいです。
医者として、命を救うことが自分の存在意義だとは思っています。
救えなかった時、自分が嫌で命が消えるのを見ているしかできないのが辛いみたいです。
誰にでもできることではないと思いますけど、アダージュはその都度自分の未熟さを思い知らされてるようでした。

キルスとは保護地区で偶然出会い、自分が救えなかった命の贖罪のために、雑用係として拾ってくれました。
けど、掃除が大好きで全然させてくれないし、料理もキルスができないと言うとさせてくれません。
アダージュの料理を正直に不味いと言うのはいいのに、料理するのはダメってどういう事でしょう(笑)
草むしりしか雑用した覚えがないです。

しかも、途中から夫婦のフリとかするようになります。
寡黙ですし、元上界の人ですし、色恋には疎いと思ったんですけど、若かりし頃違法なエロ本とか読んでいたそうです。
夫婦とは何をするものか聞くと、とんでもなくエロい事、わいせつな事をする関係だそうです(笑)
しまいにはぼかさず、子作りするって明言されて大爆笑でした!
ドストレートに健全ですね(笑)

しかし、いい感じに距離も詰まってきたある日、キルスがグリッサードに食事に招かれ、それについて行ったこと一変します。

アダージュの実父がグリッサードだとわかり、再会しますが玉砕。

実は、アダージュが医者を目指したのは父を探すためでした。
父と同じ道を志して手がかりをつかもうとしていました。
それでわざわざ罪を犯してまで下界に来たんですけど、当の本人はアダージュにまるで興味がなくて…。
劣性だからと言って突き放されてしまい、アダージュも虚無に陥ってしまいます。
ここでの劣性は劣性遺伝子とかではなく、役に立たないとかいらないとか直球の存在否定です。

しかも、イネス√で出た通り、キルスの両親殺害に関与した真犯人です。
娘のプリシラを蘇生させるのためにキルスの血が欲しくてやったのだとか。
プリシラ自体も他の人間のパーツを繋いで作られた人形ですし、おぞましい限りです。
フィン以上の狂気を感じましたね。

ハピエンでも、残念ながらグリッサードとは分かり合えず、救えずに終わってしまいます。
アダージュは幼少期から親の愛に飢えていたのでやるせない結果でした。
でも、テーマの節制は生きたと思います。
自己都合のために人の命を弄び続けたグリッサードみたいには絶対にならないってアダージュが宣言してましたので。

キルスも好きな人の父が自分の仇で、心の整理がなかなかつかなかったみたいでした。
上界にも戻れませんし、ただ、前を向いて生きる、その希望を見出すような締めくくりでした。

一応、1年後に心の整理がついてアダージュと結婚することにはなりますけど、私は複雑な気持ちでした。
エロ発言のところが1番盛り上がった気がします。←

BADEDは死ぬ結果ばかりでしたね。
特にグリッサードに血を抜かれる最期は悪態ついちゃいました。
ちくせうこんなところで終わるんか外道許すまじ…ってね。
あと、グロいのもこの√かなという感じでした。
切断が多い。


2人とも結構しんどかったです。
でも、前々からしんどいと聞いていたので、キタキタという感じでプレイしてました。

そして気がついたんですが、これ多分フィンゲーですね。
至る所にフィンの狂気とキルスへの気持ちが転がってます。
フィンが救われる√があると良いなと思って次に進みたいと思います。

ではまた次回👋





いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply