Welcome to my blog

鴻上滉 感想|ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

ゆり子

個人√で好感度爆上げの滉くんです。
共通章から流れるように√に入って、好きすぎて即行で終わってしまいました。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




滉ルート感想


鴻上滉
Profile名前:鴻上 滉
誕生日:12月23日
身長:180cm
血液型:B型
身分:帝国図書情報資産管理局探索部職員
:四木沼家非嫡男
(CV.岡本 信彦)



最高of最高です。
不器用な男の愛ってこれ以上はないくらい萌えました。
いやー滉√すごくよかったです。


📖めちゃくちゃ彼氏
あの、無愛想で人付き合いを面倒だと言った滉が普通に会話してくれるんです。
会話なんて基本、と思うかもしれませんが、滉の場合は前作が沈黙だらけでしたから。
「会話が途切れた」や「沈黙が重い」なんて表現が出てこないだけで物凄いことです。
しかも、褒めたら時々照れ顔見せてくるし。
久しぶりに大興奮しました。

それだけにとどまらず、去り際に抱きしめてくれたりキスしてくれたりとめっちゃ彼氏です。
変わらず映画も行くし、月に行きたい話もするし本当に微笑ましい。
あと、このカップル、食べ物で釣りが得意なご様子。
滉は、ツグミが他の人からキャラメルをもらったことに嫉妬して、射的で大量にキャラメルゲットしてプレゼントします。
ツグミは偶々ですけど、滉の取ったキャラメルを翡翠に上げれないから素麺を作ったら滉にそれを見られて素麺をねだられてました。
そして月見団子は鉄板ですね。

📖アドリブ対応可
とても静かで冷静な印象の滉ですが、アドリブ振られても平気です。
序盤に杙梛さんの店に立ち寄った時、怪しい商人が和綴じ本を売りつけてきます。
何も知らず訪れた滉に杙梛さんが「警察の武者小路さん」役を突然アドリブ。
え、滉大丈夫なの?と思いましたが「警察の武者小路です」と平然と切り返し。
商人を追っ払います。
一瞬で空気を読んでアドリブに乗れるんです。
不器用っ子なのにそういう所は抜け目ないです。

📖紫鶴のファインプレー
この√、ヒタキが少し面倒くさい子で紫鶴がとてもいい仕事します。
滉は爵位もなく素性も複雑なので、ヒタキがツグミと付き合うことを許しません。
何度も別れろといってきて、ついにはツグミまでなじりはじめます。
ツグミが自分のせいで何か言われることが嫌な滉は距離を取ろうとします。
が、紫鶴が後押し。
ツグミをわざと誑かしますが、滉は全力で取り返しに来ます。
そして、久世家に挨拶しに行く決心をします。
その後、ツグミの父にも一応は認められ、ヒタキからも交際を許してもらえます。

📖壮大な愛
紫鶴の後押しののち、滉が自分が思っていることを話してくれるんですが、これがまたすごい。
長い(笑)
でも、思いの丈を全部ぶつけてくれて「滉…幸せになって…」と泣いてしまいました。

俺は…―――あんたの汚点になりたくないんだと思う
俺自身が蔑まれる分には、別にいいんだ。慣れてるし、そういうふうに生まれたわけだし
ただ…その俺のせいで、あんたはずっと弟に責められてる

中略

もしあんたと俺が結婚…して、私生児だって誰かに洩れたら
…俺のせいで蔑まれて恥をかいて、誰かに頭を下げたりするのかなって
俺はそんなあんたを見たくない

中略

でも…それでも俺はあんたの側から離れられない
あんたのことが…―――好きだから
それでどうしていいか分からなくなって・・・申し訳ないと思いつつ、ずっと逃げてた

中略

愛してる…
今も…好き過ぎて…愛し過ぎて…どうにかなりそう…っ
…もう誰にも渡さないよ…―――


長いのでかなり削りましたが、もうこの台詞だけでも壮大なラブストーリーになり得ます。
本当の鴻上滉は激情の持ち主で、とても優しい人だったんですね。
紫鶴がしでかす限界まで本心を言い出せない不器用さも彼らしくて萌え。
彼の思いを知れてさらに滉を好きになりました。




今回、身分違いの恋をしていた子に「好きになったら、何も関係ない」と滉が言うシーンがあります。
シナリオを知った上で滉の口から、というのがとても感慨深いシーンなので、是非プレイしたらそこも見てもらいたいです。

では👋





いつもありがとうございます。
良ければ滉をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ぜひ一緒に語りましょう↓
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply