Welcome to my blog

ニルアド クロユリ炎陽譚|評価

ゆり子


なんとかクリアしました。
クロユリの評価記事です。

※attentionネタバレありの内容です。
また、辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。



評点


ニルアドクロユリ

参照:https://www.otomate.jp/nil-admirari/kuroyuri/


【システム】★★★★☆(4)

【音楽】★★★☆☆(3)

【キャラ】★★★★☆(4)

【シナリオ】★★★☆☆(3)

【イラスト】★★★★★(5)

【総評】★★★★☆(3.8)


システム ★★★★☆(4)


前作と変わりなし。

よければご参照ください。
帝都幻惑綺譚 評価


音楽 ★★★☆☆(3)


前作に同じ。


キャラクター ★★★★☆(4)


新キャラが曲者揃いで登場するとわくわくします。
隼人√→秋沙、黎雪加、滉√→千鳥、累√→錐合蓮 のように√によって深くかかわるキャラが違い、新キャラへの掘り下げもあるので飽きはしません。
嫌われてそうですけど、秋沙好きです。

既存のサブキャラも魅力的な人が多いですが、こちらは攻略√もなくあまり掘り下げもないです。
燕野くん、杙梛さんあたりはちょっと期待してましたが、隠し√もスチルのみで展開はないです。
残念。


シナリオ ★★★☆☆(3)


はっきり言いますが、しんどい。
一番思った感想です。

FDはやはり推しキャラとプラスαで本編で気になったキャラを攻略するのがいいのでしょうか。
正直、挫折しかけました。
今回は4人目くらいからしんどくなってしまいました。
理由は主もはっきりとしませんが。
FDなのにシチュエーションよりシナリオ重視だったからでしょうか。
そして、本筋は共通しているのにキャラによっては面白くない話さえありました。
ただ、全員攻略後に目玉のクロユリ√が開放されるので最後まで粘る必要があります。

ちなみにクロユリ√は結構重いですが面白いです。
でもあからさまな隼人の優遇があります。
前作で大団円が隼人√からの分岐なので、ツグミの中で隼人への思いが幾分か他キャラより特別な印象です。
メインヒーローなので一番活躍するのはわかりますが、主人公サイドが肩入れしてしまったらそれはもう隼人√です。
滉が最推しなので、少し寂しい気持ちになりました。
そんな中、遠回しに隼人に宣戦布告する累は本当にいい性格してると思いました。

主の攻略順は、
滉→隼人→累→翡翠→昌吾→紫鶴→クロユリでした。
誰からやっても大丈夫だと思います。
が、しんどいのを考慮して、推し→誰か→気になる子→誰か→気になる子…のような感じで進めるのが無難です。


イラスト ★★★★★(5)


さといさんクオリティ最高です。
綺麗でつい見入ってしまいます。

前作より肌色多めです。
相変わらず、絶妙のアングルでした。


総評 ★★★★☆(3.8)


FDというよりは「続編」です。
FDにありがちなシチュエーション重視の内容ではなく、新キャラも登場して新しいストーリーが展開されます。
キャラクターとらぶらぶイチャイチャの要素はあります。
が、事件+恋愛で盛りだくさんな分、重点がどちらかわからない感じがしました。
また、最大の特徴はFDですがバッドエンドがあります。

星の数が前作と変わりませんが、事故ではないです(笑)
良作は良作ですが、両手を挙げて良かったという感じではないです。
ただ、キャラクターの印象は前回と同じでひとりひとり魅力があると思います。
人を選びますが、迷ったならプレイするのに越したことはないです。

バッドエンドには注意です。


さて、ニルアド本編もFDも終わったわけですが、色ドリ撫子自分で買おうかななんて思い始めました。
滉√周回したいし、急ぎ足だったから今度はゆっくりプレイしたい気持ちです。
とりあえず新品を探してみましょうか。

ではまた次の作品にて👋



シリーズ

いつもありがとうございます。
良ければ滉をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ぜひ一緒に語りましょう↓
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply