Welcome to my blog

鷺澤累 感想|ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

ゆり子

シナリオは重いけど、いつも関心を寄せてしまう累√です。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




累ルート感想


鷺澤累
Profile名前:鷺澤 累
年齢:20歳
誕生日:1月21日
身長:175cm
血液型:AB型
身分:帝都大学医学部奨学生
:カグツチリーダー
(CV.櫻井 孝宏)



はい。
FDなのにしんどい累√です。
この√、確実に人を選びます。
でも、主はクロユリの中でも結構面白いシナリオだと思ったので、勇気のある方は是非読んでほしいです。


📖息子として
今回は、産みの母 薔子と向き合う事が累への試練でしたね。
累にしたら20歳にしてはじめて会った母親ですから、接し方がわからないなんて当然です。
そして、銃で撃つほど邪魔だった四木沼喬の妻です。
薔子自身に非がなくとも簡単に信用できません。

ですが、累なりに息子として何かしてあげたいと奔走します。
結果は空回りばかりで、しかも素直に薔子のことを心配していると言わないので拗れかけます。
錐合蓮という人の依頼もあって、四木沼喬から薔子を解放しようとしますが、薔子はそんなこと臨んでなくて…。
四木沼の跡継ぎを身籠っていた薔子は喬との夫婦仲を二人で0から築きなおす道を行くと決めます。

すでに薔子が進む道を持っていたので、累は何もできなかったと言います。
が、ツグミの助言もあり、最後に「母さん」と呼んで最高の親孝行をプレゼントできました。
累に飛びつくくらい、薔子さんが本当に心底喜んでいました。

やっと素直に産みの母を受け入れられて、累自身も少しだけ肩の荷が下りたかな。
前作から断トツの「闇」要素を孕んだ√でしたが、希望的観測が望めるいい方向転換でした。

📖暗いシナリオ
また、新キャラも強烈。
先程の錐合蓮という人、性同一性障害?で身体は女性、心は男性です。
四木沼喬に自ら囚われた身で、自分の代わりに喬を殺してほしいとカグツチの累に依頼をします。
まぁ一般的なFDには似つかわしくない、最強の暗黒要素です。
病気について云々言う気はありません。
でも、確実にシナリオの「暗い」部分を担っていたと思います。

📖戦慄のバッドエンド
そして、あえて書きます。
このゲーム、バッドエンドがあります。
滉のときは彼のラブストーリー(語り)を無下にしたくなくてスルーでしたが、累はあえて書きます。

一言で言うと、ホラーです。

身籠っていた薔子が、蓮が錯乱して暴れたことがきっかけで怪我して意識不明。
お腹の子も流産してしまいます。
そんな薔子の為に、ツグミが四木沼の跡取りを身籠ります。
累はツグミの意見を受け入れ、生んだ後はツグミはフクロウに戻り、累との日常に戻って万事解決…みたいな展開です。
カッコウが自分の雛を別の鳥に育てさせることに比喩させたEDです。

戦慄しました、本当に。
鳥肌が立って、思考停止からのドン引きでした。
でも、時間が経つとすごいな、と。
色々超越して感動すら覚えました。

📖続・お医者さんごっこ
と、これだけ重々しい内容ですが、累はメンタルがある意味ぶっ壊れた怪物かもしれません。
他のキャラに比べて、確実に盛ってます。
自室とか関係なく盛ります。
前作の比じゃないです。
累は将来ダメ医者になるのではないかと心配になりました(笑)




ではまた次回の記事で👋





いつもありがとうございます。
良ければ滉をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ぜひ一緒に語りましょう↓
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply