Welcome to my blog

由利鎌之介 霧隠才蔵 感想|真紅の焔

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問いただきありがとうございます。
また、やる気ボタンと、真紅の焔とおすすめ記事の拍手を押していただき感謝申し上げます。

ダイパリメイクと真紅の焔を二刀流でプレイしているゆり子です。

というのもダイパの発掘が面白すぎてとんでもない時間搾取ゲーなんです。
でも乙女ゲーも摂取したいし…。
結果、ご覧の通りです(笑)

さて真紅の焔ですが、今回は最初に鎌之介√に入れたので1人目は鎌之介。
プレイの途中で十蔵は真田十勇士の中でも信繁に一番近そうな存在に感じたので後回しに。
代わりに才蔵を2人目にしてみました。

※Attention
ネタバレ回避のため【▽ネタバレ】ボタンを設置しています。
クリック・タップするとネタバレ感想が開きます。
閲覧後の苦情等はお受けしておりませんのでご注意ください。
よろしくお願い致します。


由利鎌之ルート感想


由利鎌之介
Profile名:由利鎌之介
身分:由利一族末裔
(CV.保志 総一朗)


真田忍の一人。元傾奇者。
元は天下の傾奇者で、天下に名だたる真田家の元に押しかけて部下になった。
表裏のなお一本気な性格で、人情や義理、仲間、約束などを大事にする。
真田忍の若手三人組の中では年長であるため、兄貴分を自称する。
ムードメーカー的存在。
武器は大鎌の鎖鎌で、背の低さとは裏腹の怪力自慢。

https://www.otomate.jp/kurenai/chara/からの引用です。


真田十勇士の利かん坊。
人の話を聞かずに突っ走ったり、感情任せで子供っぽいところもありますが、みんなにいじられたりする元気枠の人でした。
ウブなのに色恋も百戦錬磨って見栄を張っちゃうのが可愛かったです。
大人しいとみんなに心配されていて、愛されているなと思いました。

でも、好き勝手に突っ走るだけでなく、鬼火衆の鎮西八郎こと源為朝との戦いで心を通わせて成長するところもあって、たまに覗かせる大人な意見がギャップでした。

というか、鎮西八郎もいい人すぎてびっくりでした。

鎌之介と2人して喧嘩・戦好きで何度も交戦するのですが、認めた相手だからと鎮西が立場も関係なく鬼火衆から逃がしてくれたりして。
命懸けの戦いをしている仲か?と思うほど戦友みたいになっていました。
反対に鎮西が危なくなったら、信繁と一緒に出陣するのを諦めて助けに行きましたからね…。
真田十勇士より鎮西の方が鎌之介との絆を感じました。

そして、徳川に復讐を望んでいた鎌之介に前を向くように鼓舞したり、女の子の扱いについてアドバイスしてくれたりと優しすぎ…!
うっかり私が鎮西の人柄に落ちそうになりました。
普通にかっこいいです。

鎌之介も由利一族の復讐相手を見誤って迷っていたので、鎮西の言葉は刺さってましたね。
それまでは信繁の配下ではあるけれど、徳川と戦うことを一番に行動していたので、完全に仕えているとは言えなくて…。
でも、過去を吹っ切ってどこまでも信繁について行くと決められた時はすごくスッキリしてかっこよかったです。

鎮西も認めた相手が男らしくなって、満足に戦えて、わざわざ鬼火衆にされたかいもあったものだと言う感じでした。
どちらかが死ぬような決着は着きませんでしたが、蘇ってしまった分の未練は払拭できたみたいでした。

鬼火衆のボス白蓮がめちゃくちゃ邪魔してきたのですが、彼も何だか心の闇や寂しさが大きそうで、攻略できたらいいのになと思いました。

六実ちゃんは鎌之介のストッパー役で、彼について行くことが多くて、輪が鎌之介に及ぼす影響をいつも心配していてまるで専属医のようでした。
「輪」はその人の力を発揮させるけど身体への負担もその分増えるという諸刃の気です。
六実ちゃんしか調整できないのでそのシーンがあるのですが、√の攻略対象にしかやらないみたいでしたね。
ここでは鎌之介以外はみんな元の力で鬼火衆と戦えてるのかと思うと、「輪」のシステムの意義が無い…。
反対に他の√で鎌之介は鎮西と元の力で戦うのかと思うと、物理的な力のバランスが崩壊するのではと設定がどうしても気になってしまいました。

それから六実ちゃんはいつも前に出すぎず誰かを支えるポジションでめちゃくちゃいい子なのですが、真田十勇士のいち忍としては味気なかったですね。
信繁の命令とはいえずっと鎌之介の後について行動していたので、真田家・真田軍に仕えると言うよりは鎌之介のために何かしていた印象がついちゃいました。
(おそらく他の√でも攻略キャラクターを支える役になるんでしょうね)
もちろん鎌之介のために役に立ちたいという強い気持ちは素敵でしたが、一歩下がるのではなく十勇士として他の9人と横に並んでいるような感じがほしかったなと思いました。

恋愛要素はめちゃくちゃ薄いです。
鎌之介は鎮西のアドバイス後からいつもそばに居てくれる六実ちゃんに感謝の言葉をくれたりして好意は感じたのですが。
大阪の陣という大きな戦の中、恋にうつつを抜かすのはやっぱり難しいよね…と糖度について私は諦めと納得と半々くらいの気持ちでした。

いい雰囲気になるシーンや口付けのスチルなどは一応出てはきましたけどね。

EDは、ハピエンは鎌之介と2人で豊臣秀頼を連れて島津氏の元に撤退します。
BADは六実1人で秀頼を連れて九州へ。
ハピエンは信繁たちも生き延びた可能性がありそうな語り口でしたが、BADは全滅っぽかったです。
ハピエンでも甘い展開とか後日談とかは無くて、やっぱり恋愛は物足りなかったですね。



霧隠才蔵ルート感想


霧隠才蔵
Profile名:霧隠才蔵
身分:伊賀の抜け忍
(CV.興津 和幸)


真田忍の一人。元伊賀忍。
わけあって伊賀忍を抜け、その後は名のある者に勝負を仕掛けて名を売ろうとしていた。
真田信繫と猿飛佐助に勝負を挑んだことが切っ掛けで、真田忍に籍を置くことになる。
剣と忍術の自信家で、目的のためなら非情な手段もとる。
武士として立身する目的があり、忍術よりも刀で戦おうとする。

https://www.otomate.jp/kurenai/chara/からの引用です。


自尊心が高くてとにかく自信満々の人。
信繁に一応仕えているだけで、武士として名をあげることを第一としています。
なので、自分の行動が信繁の命令に反することでも、軍規違反になることでもお構い無しに我が道をゆくのですが。
実は一人で修行して、昔負けた佐助へのリベンジなども考えていて影の努力家でした。
自信家には裏付けがあったのが凄くいじらしいし、めちゃくちゃ好きになれました!

信繁は才蔵の全部を受け入れるくらい器が大きくて素敵でしたね。
多分ですが、才蔵もそんな信繁のことを色々わかっていて好き勝手したのかも…と思いました。

六実ちゃんにはからかいのつもりで迫ったりしていましたが、助けられた時にお礼を言うところから始まり、自分が悪かった時は非を認めて謝罪までしてくれるようになります。
初っ端から俺のくノ一になれ、と冗談か本気かわからない下心を向け続けてきてましたけど、段々と本気で言っているように聞こえて好きな気持ちが芽生えてるな〜と思いました。
最初とハピエンとでは「俺のくノ一」の重みが全然違いましたね。

才蔵はスチルも色っぽくて良かったです。
というか、密着スチルが多くて絵の糖度はかなり高いと思います!

六実ちゃんは耐性がないからだいたい動揺して可愛いし。
ヒロイン側も恋心または放っておけない病が進行していくので、才蔵を強く拒めなくなっていくしニヤニヤしました。

でもひとつ残念なのが、耳に息をふぅ~ってするところに音声がなかったこと…!
是非興津さんの音声を入れて欲しかったです。

また、この√で戦う鬼火衆は融仙院こと石川五右衛門。
五右衛門も才蔵も忍者なので裏の読み合い合戦が繰り広げられて面白かったです。
私も2人が言っていることの真意をいつも考えてしまってのめり込めました。
そして当たったことはほぼなかったです(笑)

五右衛門は生前に唯一盗めなかった淀の方に未練を残していたのでずっと狙ってくるのですが。
その間に六実ちゃんの能力が、甲賀のある一族の中での一子相伝の術という事実なども出てきて物語も進みましたね。
白蓮の死人を蘇生する奇門式と組み合わせると子どもを作れるなんてとんでもない夢物語まで出てきてびっくりです。
3つとも余程の禁忌の術なのでしょうね。

五右衛門は結局未練は払拭できませんでしたが、才蔵に倒されて清々しく消えていきました。
のは良かったのですが、「輪」なんて使ってないはずの誰がが白蓮を倒していて、やっぱり輪の必要性ってなi(以下略)…と思っちゃいました。

最後の戦いで信繁に着いていかずに鬼火衆と戦うのは個別√の決まった展開みたいですね。
才蔵は元々仲間と馴れ合わないタイプなので不自然さはなかったです。

武士を目指していたのは「思うところがあって」ハピエンでは六実ちゃんと夫婦になって秀頼の護衛をしていました。
明言はなかったので、秀頼の剣の先生になれたことか、六実ちゃんが優先第一になったのか、信繁に本物の武士を見て自分にはできないと思ったのか、はたまた別の理由か…想像し放題の締めくくりでしたね。
とにかく武士になって名をあげることが1番の目的ではなくなったみたいでした。

でも、才蔵はすごく良かったんですが、この√の六実ちゃんはちょっと苦手です。
恋愛の時は可愛かったですけど、忍としての力量不足を共通章から何度も自覚しているのに、通用しない手を何回も使うし、修行の描写もなかったし、ちょっと謎でした。
伸びしろあるのに成長する場面がなくて残念でしたね。



真田十勇士としてのお話ですが、攻略キャラクターだけが単騎で動きがちで、鬼火衆の誰かと毎回戦闘になるバトルものっぽく思います。
六実ちゃんはその抑止力とか監視とかの役割でいっしょについて行く感じです。

今回の十勇士は侍でも武将でもなく忍の位置づけなので、仲間内でもそんなにべたつかず程よい距離感がある気がします。

でも、最後に信繁と十勇士全員がお揃いの赤備えの立ち絵で出てくるのはめちゃくちゃかっこいいです。
スチルで見たいのですがこの先あったりしないかな~と淡く期待してます。

続きも頑張ってきます。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply