Welcome to my blog

フラン 感想|Code:Realize~創世の姫君~

ゆり子

コドリア最初の攻略はフラン先生です。



※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




フランルート感想


フラン
ProfileName:ヴィクター・フランケンシュタイン
Age:25
Status:錬金術師(元英国政府筆頭研究員)
(CV.柿原 徹也)



フラン、いいです。好きです。
見た目の優しそうな感じの通り、出会ったときから温和で優しい好青年です。
駆け引き下手で悪いこと絶対考えれない人です。
でも頭脳は明晰、冷静な状況判断もできます。
知識をひけらかさない、一歩引いた姿勢も素敵です。
割と順調に進行すると思いきや、なかなかの秘密が隠れていました。


君は怪物なんかじゃない。
心優しい、ただの女の子だ。


カルディアを思いやる台詞にも優しさが滲み出てます。
共通章で少し話しただけでハート奪われました(笑)

しかし、そんな人徳な彼は自称罪人です。
多分「罪」がフラン√のテーマでもあります。

エリート時代、無垢なフランが錬金術で生み出した「ジクテリウム」。
カルディアに埋め込まれた永久機関「ホロロギウム」の前進物質です。
実態は、猛毒ガス。
これが、ヴァンが関わった吸血鬼戦争で大量殺人に使用されます。
フランが直接使ったわけではないですが、殺人を犯したと自分を責め続けているんです。
今またロンドン壊滅のテロに使われようとしているのがフラン√。
二重三重にフランの研究成果がフラン自身を追い詰めて行きます。

…めちゃくちゃ辛い話です。
フランは「戦争に正義はなく、ただの殺し合い」と言ってました。
正義に則らない行いを自分がしたと思って、ずっと自分を許せないんでしょうね。
真面目で優しくて傷つける事を良しとしない道徳観念を持っているからこそ、フランは苦しんでいたように思います。

そしてもう一つ。
ジクテリウムを辿るとカルディアに繋がっています。

僕が、カルディアを生み出してしまった


ホロロギウムはアイザックが作ったものなのに、元がジクテリウムだからとフランはここでも自分に罪をきせます。
フランは悪い事してなくて、言わば巻き込まれただけなのに。
正常な倫理観ゆえに責任を感じてか、概ね罪滅ぼしの意味合いでカルディアを大切にし、毒を消す方法を必死に探します。
でも、ストーリーが進むにつれて好き>罪滅ぼしになっていきます。

フランの感情が変わっていくところはプレイしていて本当に心温まりました。
主はフランに自分を卑下して責め続ける事から脱却してほしいと思ったので、過去と未来に向き合い、カルディアと心を通わせられてつい泣いてしまいました。
特に、カルディアを救い、ロンドンを守るためのタイムリミット30分の所。

ここは現実時間でも約30分で結末を見ることになって、とてもリアルでした。
最後まで諦めないと誓う二人が、過去ではなく未来のために頑張る姿が最高にかっこよかった。
そしておでこコツン可愛い。

また、この√は共通章で培った仲間の絆を垣間見れます。
フランはみんなに信頼されて大事に思われてるみたいです。
いつも窮地にあの4人が来てくれます。
心強い事この上ないです。

そしてまさかの副産物。
レオンハルトが愚直なくらい忠実で英国紳士の鏡すぎてかっこいいです。
ルパンにおちょくられた出オチはなんだったのでしょう(笑)



フラン√はカルディアの正体に纏わるネタのオンパレードで、情報量が物凄かったです。
めちゃめちゃ現実味を帯びていて、ハピエンでも毒は消えずに定期的な薬の摂取で対処するに留まりました。
フランの「過去の罪」を忘れないための象徴とでも言いましょうか。
都合で万事解決、とならなかったのは好感度高いです。
真のハピエンでは無いかもですが、お茶を濁す終わりよりはマシです。
これから2人が未来をどう生きるのか、楽しみでならないエンドでした。


この√、結構重要なシナリオな気がします。
初っ端にえらいもん引いたかもしれません(笑)

さて、次は誰√になるかな。

誰になっても楽しみです。

また次回👋





いつもありがとうございます。
良ければショルメをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ツイッターもやってます!
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply