Welcome to my blog

フラン 感想|Code:Realize~祝福の未来~

ゆり子


アフターストーリーは適度な長さなので躓かず快調に進めますね。
ショルメのお次はフラン先生√の感想です。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




フラン アフターストーリー感想


ちびキャラフラン
ProfileName:ヴィクター・フランケンシュタイン
Age:25
Status:錬金術師(元英国政府筆頭研究員)
(CV.柿原 徹也)



フラン先生のストーリー。
本編でカルディアの毒の抑制も可能になり、触れられる幸せに浸りつつ穏やかに過ごしているものだとばかり思ってました。
実際、幸せライフを送ってはいたんっですけど。
一難去ってまた一難~♪
ぶっちゃけあり得ない~♪

…。

まさかの理不尽さん再来です。
至福→どん底→持ち直す、波乱の物語でした。



幸せライフ


冒頭からいきなりいちゃいちゃしてくれます。
慌てると忘れ物の多いフランにカルディアは入念に忘れ物チェック。
送り出すとき一抹の寂しさを覚えますが、フランが「大丈夫だよ」と素手を頬に触れさせてくれます。
やっと送り出したと思ったら、即行でフランが「大好き」を言い忘れたと帰ってきて、また慌ただしく出掛けていきました。
仕事に行くだけでこれだけの大イベントです。
でもカルディアにとってはどれも想像すらしなかった未来ですからね。
フランも可愛いし、微笑ましくて仕方ないです。

結局、この後お弁当忘れてて届けにいったところまで可愛い。



イデアの提案


もうこの単語自体が不吉でならないですね。
過去の過ちに苦しんで、ようやく前を向けたフランにまだ火の粉を降りかけるのか、と!

創世の姫君のサン√と同じです。
世界に災禍をもたらす可能性からと、カルディアの排除を狙うイデア。
サンが抑えていてくれたのですが、表に出てきます。
でもオムニブスが直々にフランとカルディアに選択を提示。
フランがイデアの一員になりカルディアと生き続けるか、人間としての生を選びイデアがカルディアを排除するか。

理不尽極まりない。

そもそも、オムニブスのほぼ必中の予言をもとにイデアは世界の歴史の方向を操作してるんですよね。
オムニブスは聖書「創世記」のイヴであり、人間であるはずです。
いくら年功序列で確実に最年長であったとしても、他人の人生を勝手に縛って勝手に決めつけるってどういう権利なんでしょうか。
それに、わざわざカルディアを「アイザックの呪われた娘」と呼ぶのも低評価ボタン連打の事案です←
ゆり子はやっぱりこの人好きになれないです(お好きな方、申し訳ないです)。

ただ、ここでイデアから庇うように前に出るフランはめちゃくちゃかっこよかった。
ほのぼのや可愛い系のスチルが多いフランだけど、これは本当に惚れるかっこよさでした。

その後、フランは悩みに悩んで苦しみますが、サンの助言も参考に答えを見つけます。
未来から逃げない。
オムニブスのいう道が正しいのかもしれないが、自分が正しいと思う道を選ぶ。
カルディアを人間にして、自分と同じ寿命を共に生きていく。

オムニブスの二択なんてぶち破ってくれてありがとうございます。
「大丈夫だよ」とフランに言われた絶対大丈夫です。
フランらしい優しいけど強さを孕む答えをとても頼もしく思いました。



ルパン一味華麗に参上


イデアの提案を拒否したフランに使徒が総攻撃をかけようとします。

が。

ここでルパン一味が華麗に参上。
フランの窮地に仲間が来てくれるのは前作のオマージュで熱い展開ですね。
全員、仲間のフランを信じてイデアに相対します。
もちろんサンもフランを信じてくれます。
ルパン達に集合の根回ししたのサンなんですけどね(笑)
彼らの言葉はド正論で逐一頷けました。
特に、ヴァン。

それに……イデア。
お前達の言う、正しさのためには
屍があって当然という考え方が気に入らん
屍を積み上げた場所に生まれるものなど……
例え正しくとも、ロクな物であるはずがない


ぐう正論。
これはものすごく刺さりますね。
フランとヴァンは経験済みですし。

結局、オムニブスは謎の感情から「保留」ということで引き下がりました。
いつでも監視している、というストーカー発言を残して。

後味すっきりしませんね。
ふたりで結婚の誓を立てて幸せそうにはしていました。
フランならカルディアの完全な人間化を成し遂げられるでしょうし、オムニブスの懸念なんて気にする必要はないです。
フランが「大丈夫だよ」って言ってたし。

でもなぁ、うーん、2人が幸せになること前提で創世の姫君から続く未来を楽しみにしてたので、ストーキング発言はモヤモヤしますね。
おきるかもわからない予言に左右されて折角の幸せが不安定な感じ…。
フランの√って堅実で現実味があったから、非現実的なイデアは出てきてほしくなかったです。




フランとカルディアの未来を祝福するだけのつもりが、一筋縄ではいきませんね。
FDでも手を抜かず、コドリアスタッフは試練をお与えになる(笑)
正直、微糖くらいの糖度でした。
なんなら本編の方が前向きで甘かった気がします。
ゆり子はフランを応援しているので、もっと幸せになってほしいと思いました。

この分だと他の人のアフターもちょっと開けるのが怖くなってきました(笑)
とりあえず、やってみるだけだけどさ!



それでは、また👋




いつもありがとうございます。
良ければショルメをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
ツイッターもやってます!
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply