Welcome to my blog

岡崎契 感想|Collar×Malice (カラーマリス)

ゆり子


こんにちは。
カラマリ、1人目をクリアのゆり子です。
キャラと一緒にすっげぇ推理するじゃんこのゲーム。

いつか、映像媒体の推理物は苦手で文字媒体の推理物はOK、なんて話しました。
が。
基本、推理物は煩雑という考えの元での意見です。
ちゃんと事件を理解して犯罪心理を紐解く必要があるので、苦手意識持ちのゆり子は物凄く時間かかっちゃいました。

今回はカラマリ、岡崎契√の感想です。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




岡崎契ルート感想


twittericon_a02s_kei.jpg
(Vo.梶 裕貴)
Profile
Name:岡崎 契
Age:26
Status:警視庁警備部警護課警部補(SP)



第一印象はマイペースな不思議ちゃん。
掴みどころなくて選択肢苦労するかなと思いましたが、信頼度も好感度も全部上昇する選択肢を選べました。

ストーリーの性質上、他の乙女ゲーよりはるかに冷静に進めました。
盛り上がらないとかじゃないです。
単純にストーリーを追うのに注力しなければならなかっただけです。
でも終わってみたら、契くんに落ちてるゆり子がいました。


岡崎契とは


控えめに言ってクズ。

死にたがり野郎(巨人的なアレ)で、勘違いさせるような発言を天然でする駄目男です。
過去に総理大臣殺害未遂事件をきっかけに、後悔しながら死にたくない、自分を死なせてくれる「理想の誰かを守って死にたい」と思っています。
その私情の為に市香を利用し探偵事務所のみんなを懐柔し、SPの職務すら放棄します。
死にたがりのせいか、何でもない行動・言動の端々にそこはかとなく闇(病み)を感じます。
相当拗らせてます。

と。

いきなり痛烈に批判しておいてアレですが、岡崎契、好きです。←

上記以外にも本当にどうしようもない男なんです。

基本的には優しくて強引、つかみどころがない不思議ちゃん。
SPとしての能力は非常に高く仕事にはストイックでシビアですが、私情を挟むと覆します。
好きな子には意地悪したいタイプ。
束縛激しいし、若干軟禁思想もあるし、面倒くさい(笑)
白石曰く「性格悪い」=真理だと思います。

これだけ悪い所思いつくのに、好き。

自分でも説明できません。
ゆり子の語彙力だと「沼」と言うしか…。
キャラ萌えって時に抗えない魔力内包してて怖いですね(笑)

そんな彼ですが、仕事としてSPしてる姿は文句の言い様もなくかっこいいです。

たとえば、市香に内乱幇助の疑いがあると判断するや否や即決で銃を抜きます。
怖い云々は置いておいて、吉成くんができる男って言ってたの激しく同意です。

ぽやぽやして、天然たらしで、神出鬼没で、強引で…以下略。
なのに普通にかっこいいってずるいです。

――かくして?ゆり子は契くんの虜になったのでした。
おかしいな。
ゆり子は大抵、真面目で堅実だけど不器用なタイプに落ちるんだけどな。

岡崎有罪(by尊)


勘違い系恋愛


フラグが立ちまくっていたので「来るぞ来るぞ」と思いつつ、わくわくな展開でした。

契くん√は7月のX-Day事件の捜査から、どんどん派生していく感じです。
頭は悪くないし、修羅場の経験値と勘は相当のものですが、捜査は苦手なようです。
でも、はじめっから捜査に協力的で、「自分の為」に市香を全力で守ってくれます。
自分が守に値する人であり続けてもらうための「逃げない、諦めない」という呪いのような約束までして。

指切りげんまんのスチルは√のなかで一番戦慄しました。
市香はこの時、違和感を覚えつつも結構岡崎を好きになってて恋愛依存症。
勘違いさせておいてかなり後半まで、契くんは市香への気持ちがないです。
ストーリーの中で一番クズを発揮するところです。

捜査が進展して、ストーリー半ばで、アドニスの中核らしき元警察官を追い詰めますが逃げられてしまいます。
銃撃戦や仕掛けられた爆弾で契くんはボロボロになりながら守ってくれます。
もちろん、自分の為に。
アドニスとの会話と本人の発言で私情が露呈して、契くんに好意を持っていた市香は傷ついて怒ってしまいます。

周りのススメと気遣いから、二人で腹を割って話し合います。
契くんは、市香を守って死にたい。
市香は、契くんが大切だから守って死んでほしくない。
真逆の主張をして、どうやってまとめるのかと心配しました。
契くんにまるめ込まれるんじゃないかとさえ思ってました。
でも、少しずつ市香の生存させる意見に傾いてくれました。

気を遣いまくってくれた吉成くんに感謝です。

アドニスに二人のお惚気筒抜けだろうけど…ゴホン。

水は差さない方向で。

本当に変な男に引っ掛かりましたけど、ゆり子は落ちてるので色々超越して楽しくなってきちゃいました。
岡崎は悪い男ですよ。

岡崎が有罪(by尊)



黒幕は…


判明しません。
共通章で、全員クリアしないとラスボスまでたどり着けないなと思って、まんまでした。

契くん√のボスは御国れい、中ボスは山条圭介です。
山条は先程の元警察官のことです。
元機動隊員で、警察内部の汚職に絶望して退職し、アドニスの中枢にかかわる裏社会の人間です。
でも山条、犯罪は犯してるんだけど根っからの悪には見えなくてね。
できれば救済して欲しかったです。
契くんとの一騎打ちはどちらもかっこよかったです。

御国は呆気なかった(笑)

ボスの意志を反映する幹部が警察を憎んでたってことは、アドニスボスは警察の闇に思うところのある人物。
しかも市香に対して「あなたの正義が…」って発言します。
市香の事を知ってないと彼女の正義も何もわからないですよね。
つまり、警察に関係あって市香に近しい人がアドニスのボスになります。

ぶっちゃけるとゆり子は首輪の声、何回も聴いてるうちになんとなく黒幕わかっちゃいました。
割と自信あります。
一応、このページのどこかにこっそり犯人の名前メモしておきます。
普通に読む分にはバレないので大丈夫です、安心してください。



ED


ゲームオーバー的な途中離脱は省いて、ハピエンと悲哀エンドがありました。
ゆり子は悲哀の方が圧倒的に腑に落ちました。

悲哀は最期、市香が契くんを庇って撃たれて助からない状況になります。
そこで市香に散々言われた「大切な人が死んでしまったら…」を実感するんです。
市香のことを心の底から好きになっていてそれを失ってしまうなら死にたいって、また死にたい病が復活します。
でも死ねない。
市香に生きることを教わったから、死んでしまいそうなくらい辛くても死ねない。

死にたがりだった契くんが生きようとしてくれるのは嬉しいのです。
自分の意志を曲げてまで本気で恋してるのがよくわかってね。
他人の気持ちについて、本人から出た言葉以上の真実ってないじゃないですか。
だからこのED、心が痛かったけど、彼の本心が偽りない言葉できけたことに√最大の価値があるんじゃないかと思いました。
まぁ人を利用したバチとも取れますけどね。

後の祭りだけど、悲哀ED踏んだ時すごく泣いたからね。

泣いたからね。

やっぱり岡崎有罪。



ゆり子は好きですけど、この人害悪なこと結構しでかしてるんですよね。
嫌われても文句言えない(笑)
考えれば考えるほど、なんで好きになってしまったのかわからない生きるミステリーです。

…感想が薄いですね。
あまり事件絡みで語れなくて申し訳ないです。
契くんを推せるほど好きになって沼にはまったことだけでも伝わればいいのですが。
もう事件の情報整理と契くんの感情理解で手一杯なので、大目にみていただけると助かります…。

次からも心してプレイします。
では👋





黒幕=冴木くん
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply