管理人と弊ブログについて

ご挨拶

はじめまして!
社会人女性、ゆり子と申します!
この度、人生初のブログを書くことにしました。
理由は色々とあるのですが、今年に入っていくつか昔プレイしていたゲームが10周年を迎えました。
それに伴い、懐かしみを持って旧作・新作をプレイしていたところそのままのめり込んでしまい、社会人になってから今までで一番ゲームに没頭する日々を過ごしています!
要は現在出戻りです。
こんなにゲームに触れる機会はまたとないと思います。
ブログ、SNSは基本的に傍観派なのですが、折角なので何か形に残せたら、と始めることにしました!
不慣れですので、至らない点が多々あるとは思いますが、どうか御容赦を…!
日々精進してカバーしてきたいと思っています。
気負わず続けていけたらなと思います。
よろしくお願い致します。

自己紹介

ゆり子
ゆり子

管理人ゆり子はこんな人です。

ステータスアラサー社会人女性
趣味乙女ゲームと音楽
乙女ゲーム歴10年以上
乙女ゲームプレイ本数85本(2021年末現在)
思い入れのあるゲーム薄桜鬼
好きなジャンル歴史・半ファンタジー・RPG・SF
好きなイラストレーター由良カイリ・さとい・薄葉カゲロー 等
好きな声優小野大輔・鳥海浩輔・近藤隆 等
敬称略
2004年

私の乙女ゲームの始まりは、テレビアニメ「遙かなる時空の中で〜八葉抄〜」。
元々アニメ大好き少女だったのと、当時、歴史の勉強にハマっていたことが相まって遙かを視聴。
ゲームもあることを知り、やってみた。
ほとんど記憶がないがPS2の遙か八葉抄をやったことだけは覚えている。
乙女ゲームというジャンルはこの時認知していなかった。

2005~2008年前半

コルダ、ネオアンなど遙かに続いてネオロマ作品の沼に落ちる。
アニメとゲームどちらにもハマる。
楽器をやっていたので、特にコルダは曲まで弾いたりしてディープなヲタクだった。
部活にまで曲を持ち込んで、アニメコルダばりの愛の挨拶の演奏もやった。

2008年

薄桜鬼に出会う。
乙女ゲームというジャンルもブランドもここで初めて知る。
薄桜鬼はまさに乙女ゲームのバイブル。
高校の友達からの勧めでプレイすると斎藤一推しになり以降ずっと推し続けるはめに。
この年に出たTOVの影響もあり、しはらくCV.鳥海さんのキャラクターにすべてをささげトリインフルにかかる。

2009~2014年頃

薄桜鬼激推しの状態は変わらず、ゲーム以外にもアニメにコラボにと手広く作品愛を爆発させていく。
その他の乙女ゲームは主にPSPにて乙女ゲームを物色。
オトメイトやブロッコリーにも手を付け沼を増やしていく。
しかし、PSPからVitaへの移行期を迎えつつあったことと、就活や卒論や試験など忙しくなり次第に乙女ゲームとは疎遠に…。

2015~2017年

私の乙女ゲーム暗黒時代。
他でアニヲタ活はしていたが、新規の乙女ゲームは情報も追わず購入せず、既存のものをちまちまとやってはいた。
主に薄桜鬼。
しかし、真改へのリメイクをきっかけに薄桜鬼すらも熱は下火になった。
この時期にお友達の勧めでオトパの円盤を見た気がする。
コードリアライズが人気だった記憶…。

2017年後半~2018年

別ジャンルをきっかけにVitaを購入。
オトメイトはVitaからPS4に移行すると聞いたので、正直もう縁がないかなと思った。
(すぐにswitchに鞍替えしたが…)
それでも一応、薄桜鬼真改やピオフィは買ってみた。
やっぱり面白かった。
そしてここから謎の乙女ゲーム復帰劇がはじまった。
この年の10月にブログも開設した。

2019年~

2019年、Switchを購入。
Vita旧作やSwitch新作を怒涛の如く買いあさり、プレイし、乙女ゲームが第一趣味に。
沼も推しもたくさん増えて幸せ。

傾向

寡黙、兄貴分、真面目なキャラが好きです(推しになりやすい).
チャラそうでも根が真面目で優しいなら上記と同じように惹かれます。
不器用だけど真面目な御仁や頼りになる兄貴分が恋した時に見せる照れやデレ、ギャップに日々悶えています。
執着心や独占欲の強い紳士にもホイホイされます。

乙女ゲームは第三者視点でプレイング。
恋愛過程>シチュエーションの順に重視です。
恋人になった後のアフターストーリーやFDはずっと見ていたいような、ふたりを邪魔したくないような気分になります。
なので、本編・続編は全力、その後は半力くらいの勢いでプレイしてます。

エロ、グロ、シリアス、コメディ等、守備範囲は広めです。
過度にシビアなBAD EDはHAPPY EDがあってこそ楽しむことができる思考です。

ブログについて

弊ブログは、管理人ゆり子が運営するブログです。
ブログの趣旨としては、次の記事を上げることにしています。

  • 乙女ゲームの感想・評価
  • その他CSゲームの感想・評価・日記
  • スマホゲームの感想(ごく稀に)
  • 参加イベント等の情報・レポート
  • 雑記・その他

特に枠組みはありませんが「感想」はプレイ済みの方向け、「評価」はこれからゲームを購入する方向けを意識して書いております。

記事の冒頭に注意書きの他、大きなネタバレが含まれる部分には以下のボタンを設置します。
クリックすると文章が開く型式になっています。

ネタバレの感想など、そのゲームをプレイしないとわからない内容も記載します。
ゲームの核心に触れるような内容も含まれます。

Attention

弊ブログでは、各自の判断での閲覧をお願いしております。
ネタバレ文を読んだ後の、ネタバレに関する苦情はお受けできませんので、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

ただし、ブログを読んで、ゲームの全貌を全て事細かに把握したり、完璧に攻略したりできるような記事はあげません。
ふと、記事に目を止めてくださった方に、いいなと思ったゲームをこの記事だけで終わらず、実際に楽しんで頂けたらなと思っています。
リアルでも、親しい友人らにゲームを勧める時、ネタバレを望まれても丸々全てを公開することはしていません。
身勝手な言い分なのは重々承知で、ゲームを実際にプレイすることに意味があると思うので、ここでもリアルと同じスタンスを貫こうと思います。
作品の面白さを共有できる場になるよう努めて参ります。

ここまでのご拝読ありがとうございました。
若輩者ですがよろしくお願い致します。

2019年3月18日 加筆
2020年1月21日 加筆
2020年10月11日 加筆
2021年8月19日 加筆・修正
2022年6月28日 修正
2022年11月10日 加筆

いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村