Welcome to my blog

ジェミル 感想|蛇香のライラ~Trap of MUSK~

ゆり子


閲覧ありがとうございます。
ゆり子です。
蛇香のライラ、ファンブックが出てたんですね!
タイムリーで驚きました。
ちょっと欲しくなってきてる自分がいます。

さて今回は最後の一人ジェミルの感想です。
舌打ちばかりのツンデレ君ですが、どんな魅惑が待ってるのでしょう。
どうぞ。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。






ジェミル ルート感想


EBg6UBhUcAA76hf.png
ProfileName:ジェミル
Age:??
Status:暗殺者
(CV.村瀬 歩)



密偵仲間であり、義弟であるジェミル君。
顔を合わせるとまともに会話もせず舌打ちばかりです。
ですが、本当はシリーンの事を好きで、それを言い出せないでいる健気な少年です。
異性としてみられないことに不満だから、それっぽい行為をしてはみるものシリーンは鈍感。

シリーンが、自分がライザール王の暗殺任務についていると知ると手伝うとの申し出が。
シリーンに人殺しをさせたくないジェミルは断固拒否しますが、シリーンは協力を惜しみません。
売り言葉に買い言葉でつい好きな気持ちを吐露してしまします。
そして暗殺が上手くいかない中、ライザール王はレイラ(シリーン)との結婚の日取りを早めます。
ジェミルがとった行動は…。



もちろんライザール王の暗殺実行。
しかし、失敗します。
ライザールは怪我を負ったものの、暗殺者を炙り出すため兼ねてから疑っていたシリーンを投獄します。
そして、ジェミルが助けに来ますが、二人ともライザール王に捕まってしまいます。
尋問にかけるんですけど、鱗帝国の媚薬や大人の玩具できて笑いました。
しかも貢物だとか。
誰じゃ、ライザール王にそねーなもん贈った奴!
媚薬せいでジェミルと身体の関係ができるんですが、なんだかこの辺りの流れがよくわからなかったです。
もしかしてカットされてる…?
でもジェミル、好きなのにこんな形でシリーンと関係を持つことになって心中複雑でしょうね…。
否応なしにシリーンもジェミルを男として認識していきました。

翌日、ライザール王はカマルの店主様の尻尾を掴むためジェミルと協力し合う事を持ち掛けます。
その代わり暗殺未遂は不問。
ジェミルはシリーンを関わらせないのを条件に承諾します。

ジェミルはシリーンを巻き込みたくないから避けるんですけど、好物のブドウに釣られて部屋に行っちゃう所めちゃくちゃ可愛いです。
黙々と美味しそうにブドウ食べてるし。
男に見てほしいのに弟要素出しちゃうところがな~やっぱり可愛いです。

ある日、店主様を捜索していたジェミルが瀕死の怪我を負って帰ってきます。
手厚く看病するシリーン。
昔、ジェミルが熱を出した時に看病したことがオーバーラップされます。
過去は姉弟、今は男女。
もうジェミルが少年ではない事を目の当たりにして、複雑だけどなんだかグッときました。
時の流れは偉大だ。

そして傷が治ってきた頃、自分が暗殺者だと打ち明けます。
没落した家のために殺し続けます。
しかし、両親は偽物で、私利私欲に自分を利用していると知るとその人たちを殺害。
堕ちかけたところ店主様に拾われ、シリーンに出会い、彼女に人殺しをさせないためにまた殺し続けました。
好きな人には綺麗なままでいてほしいから。

ジェミルが辛すぎます。
そもそも男としても見られてないのにずっと影で尽くしてて。
やっと伝わったのに人殺しだからこれ以上は駄目って…。
その一途さは絶対綺麗だから持てるものだと思うし、自分は汚いとか思わないでほしい(涙)

ジェミルは一人、店主様の足取りを追って諸国を巡ります。
その間に、各地の拠点を潰して回ってます。
一方シリーンは本物のライザール王(ライザ)と対面。
ちょいちょい出てきていた王宮の水煙草売りがまさかの王様。
吃驚。
そして、色々な素性からジェミルが王家の血を継ぐサナーシャ王国の王子であることが判明します。
さらに吃驚。
あの舌打ち、ブラックマンバの毒が入った特殊な王族の血がヘナタトゥーに反応してイライラを起こしていたからさそうです。
伏線回収が忙しい!

そして数ヶ月後。
皮肉にもカマルで店主様と再開します。
シリーンやライザール王たちも駆けつけ、ついに店主様を打ち取ります。
ジェミルもシリーンも店主様の洗脳を受けていて苦戦しましたが、キスで洗脳解除されたのがめちゃくちゃロマンチックでした。
あと、やっぱりとどめさしたのはジェミル。
最後までシリーンの手は汚させませんでした。

そして事件解決後、突然ライザールがジェミルを隠し子として公に。
ジェミルはサナーシャ王に即位を約束されました。
無茶苦茶じゃあ(笑)
ジェミルが幸せでいられる道だといいけど。
最後が一番びっくりな展開でした。




言ってしまうと伏線回収√でした。
でも、謎だったジェミルの過去やシリーンを本当に大切に思っていることが知れたので満足。
そしてここから派生する二重スパイ(真相)√がまた衝撃で…。
最後の最後まで楽しかったです。

次回は全体の感想書いて終わりにしたいと思います。
では👋










いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply