Welcome to my blog

オランピアソワレ|評価

ゆり子

評価


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、前回の記事で拍手、やる気ボタンポチしていただき大感謝です!

全てのED、スチル、BGM、辞書、クリア後のご褒美等々、全て集めてきました。
まとめを書いて一旦区切りにしたいと思います。

※attentionネタバレありの内容です。
また、辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。



評点


オランピアソワレ

参照:https://www.otomate.jp/olympia/


【糖度】★★★★☆(4)

【音楽】★★★★★(5)

【キャラ】★★★★☆(4)

【シナリオ】★★★★☆(4)

【イラスト】★★★★★(5)

【総評】★★★★☆(4.4)


糖度 ★★★★☆(4)


自由恋愛の度合いが低そうだったので、甘さはほどほどだろうと思っていたのですが…。
想像よりはるかに糖度高かったです。

終盤のキスシーンなんかは素敵なものがたくさんあって大満足です。
あと、恋愛不器用さんたちの照れの破壊力が凄すぎてゆり子のライフは何度もオーバーキルされました。
萌えの供給に感謝です。

交配のときに白夜の髪の色が変わる描写が、いつもいい所で入ってきて流れを止めてる印象を受けたのでそこは微妙かな、と。
でもちゃんとイチャイチャするのでその点は心配なく。
交配は交配で激甘です!


音楽 ★★★★★(5)


綺麗な曲ばかりです。

OPは壮大だけど少し儚い感じもする素敵な曲です。
プロローグからOPへの一連の流れがとにかく最高の一言です。
EDは切ない系です。
ハピエンとバッドエンドで違う曲が流れます。

BGMも和風の澄んだ曲が多かった印象です。
一番好きなのは「幾千幾万幾重ノ色色」。
2019年のオトパのPVでも流れていたメインテーマ曲です。

あと、音に関して、SEがすべて三味線の音。
かなり荘厳なSEです(笑)
今までなかったので新鮮でした。


キャラクター ★★★★☆(4)


冷血鉄仮面、ヤブ医者、朴念仁、ショタ、地獄、挙動不審

…嘘です(笑)
どのキャラも素敵なお婿さんになってくれました。
色層が全員違うので、使命や背景にそれぞれの個性がありました。
それぞれ自分の役目を見つけて天供島をよりよい社会にしようとする姿もかっこよかったです。
キャラ被りもなかったです。
特に時貞とヒムカ。
ショタ枠で一括してしまいそうですが、全然違いました。

またキャラクターに対して、「冷血」や「地獄」など、単語から受けとるほどの欠点や悪いイメージはなく、遣われる言葉より少しソフトな印象を受けました。
朱砂も縁も言う程冷たくなくて、むしろ優しさの片鱗をちらつかせまくってましたし。
璃空も厳格な事を言うけど中身は争い事を好まない優しい好青年ですし、玄葉も怪しく見えてもぶっ飛んだ設定はなかったです。

サブキャラもかなり人材豊富です。
その中では月黄泉が結構良かったです。
興津さんのいい声で脳を溶かされてもうなんでもOKです←
あと、カメリアも可愛くて、お家に一人ほしいです。

テーマ的にいない方がおかしいくらいなんですが、NTR要員はやっぱりちょっとオススメはできないです。
ゆり子は好きになれなかったです…。

全てクリアしてみて、推しはやっぱり璃空。
ゆり子は真面目な御仁に可愛いギャップがあるタイプに眼がないのです。
ダントツで控えめでぐいぐいこない誠実さが璃空の美点で、少しの事で照れてしまう彼が可愛くて仕方なかったです。
吹っ切れてからの強さもかっこよかったです。

あと、ダークホースだったのが縁。
ノーマークだったのに、他の人の√を進めるうちにじわじわと好きになりました。
主役バリの運命力が逆に切なくて、一番幸せになってほしいキャラです。


シナリオ ★★★★☆(4)


音声台詞は切らずに聴くんですが、共通章は4時間、個別は1人6時間程かかりました.。
エンドはそれぞれ、ハピエンが1つ、バッドが2つです。
攻略順は、璃空→縁→時貞→玄葉→ヒムカ→朱砂でした。

ボリュームが凄いです。
シナリオの内容は、まぁ壮大な恋愛と婚活です(笑)
目的は佳き夫を得て【白】を残すことなんですが、みんな最終的に心から恋をしてました。
着地としては概ね、体の関係と婚姻を結ぶところまでのようですね。
そこに至るまでの時間は2週間~1ヵ月程と短いのですが、描写に雑さは無くまずまずでした。

個人的には言葉遣いが少々気になりまして。
台詞で「!!」や「!?」など、記号だけの表現がかなり多かったのですが。
これがあまり好きではないです。
絵や音声があるので感情は察せますが、言葉で表してほしかったのが正直なところですね。

ゆり子の読解力が足りず、また気にしすぎなのかもしれませんが。
このシナリオライターさんと相性が良くないのかな…。

シナリオ内容は全員面白かったですが、シナリオの厚みにかなり差がありました。
朱砂とヒムカが物語の肝で、残りはそこにたどり着くための伏線です。
構成上仕方のない事ですが、伏線の4人の内容をもう少し濃くしてほしいなと思いました。

ゆり子のオススメの攻略順は次の通りです。
時貞→璃空→縁→玄葉→ヒムカ→朱砂

左から4人は悩むところでして。
縁の前に璃空をクリアしておいた方がいいのと、玄葉√で【赤】の話が出てくるので、できるだけあとの方がいいかな、と思いこのような順にしてみました。
ヒムカ、朱砂は攻略制限上固定です。

ちなみにライターさんの奨励順は、璃空→時貞…以下同じです。


イラスト ★★★★★(5)


イラストレーターはさといさんです。
ディアラバやニルアドなども担当されていました。

今までの作品に比べるとカラフルなイラストです。
でも、抜けるような透明感はそのままの絵で、儚くて綺麗です。
ずっと眺めていたいくらいです。

攻略キャラのスチルはひとり13枚。
その他は12枚+コンプスチル1枚がありました。


総評 ★★★★☆(4.4)


シリアス寄り和風ファンタジーです。
身分社会の不思議な島・天供島で繰り広げられる、【白】の存続と魂の半身を見つける壮大な恋物語を堪能できます。
セリフ回しが若干気になるところではありますが、大目に見つつ…。
シナリオのボリュームに大満足の作品です。

登場キャラクターも素敵な殿方ばかりで、イチャイチャシーンは萌え間違いなし。
最高のお婿さん(推し)をみつけてください。

日本神話を知っていても知らなくても楽しめると思います。
世界観、雰囲気、イラスト、声優、他…どのアングルから入る方にもオススメします。
ただしエロやNTRが苦手な方は注意。

ぜひプレイしてみてください。


あっという間に終わってしまいました。
ボリューム凄いのになんてことだ…。
欲しがりなゆり子は早くも続編を希望します。

そういえば、雑誌か何かで終わってから玄葉√をもう一度やると理解が深まる、みたいなコメントをみたのでもう一周やってみようかな。
今回はドラマCDなども付属したverを買ったのでそちらも堪能してきます。

ここまでのご拝読ありがとうございました。

ではまた次回👋



いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply