お引越し中

真紅の焔 真田忍法帳|評価

こんばんは。
いつもご訪問いただきありがとうございます。
また、やる気ボタンとを押していただき感謝です!
たくさん励ましていただき本当に嬉しいです。
ありがとうございました!

今回は真紅の焔、最後のまとめです。
良かったところもたくさんありましたが、モヤっとするところも結構あったので、その分厳しめかもしれません。
でもゲームを楽しんだのは間違いないので、そのつもりで読んでいただけるとありがたいです。

真紅の焔真田忍法帳とは

紅の焔壁紙
参照:https://www.otomate.jp/kurenai/
プラットフォームVita
メーカーオトメイト
発売日2018年6月28日
CEROC(15才以上対象)
シナリオ長野和泉/中山智美
イラスト四季咲組
キャスト諏訪部順一/杉田智和/興津和幸/鈴村健一/保志総一朗/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/kurenai/
敬称略

天下を二分した関ヶ原の戦から十四年。
盤石となった徳川幕府は、かねてより目の上のこぶであった豊臣家を潰す策謀を開始する。
これに対して豊臣家は大阪城を拠点として徳川幕府と一戦を交えることを決意し、味方を求めて日本中の大名に誘いをかけた。
日本中の大名どころか、かつて豊臣家に恩顧があった者たちですらその誘いを断っている中、その誘いを受けた者たちがいた。
その一人、真田信繁。
かつての関ヶ原の戦いにおいて、真田家の次男として父・真田昌幸と共に石田三成に味方して徳川家と戦ったが、その結果、紀伊国九度山に永久蟄居の身となっていた。
九度山を脱出して大阪城へ行くことを決意する信繁に手を貸す者こそ、真田信繁に仕える十人の忍たち。
彼らこそ、かつて真田家に仕えていた武士、九度山に蟄居後も真田家のために働いている忍、徳川と戦った真田家の名のもとに集う者、信繁や真田忍に勝負を挑みに来た者ーー
後に信繁が率いる【真田十勇士】と呼ばれる者たちだった。
九度山を脱出しようとする彼らの行く手を阻む者は、幕府の命で多くの者を暗殺してきた裏柳生ーー
そして、立ちはだかる謎の剣士や豪傑たち。
これは、戦国時代の最後の時。
大阪城に馳せ参じた真田信繁と十勇士らの絆と生き様を描いた物語である。

真紅の焔真田忍法帳公式サイト

クリア後の評価

【 糖 度 】3 out of 5 stars(3)

【 音 楽 】4.5 out of 5 stars(4.5)

【 キャラ 】3.5 out of 5 stars(3.5)

【シナリオ】3 out of 5 stars(3)

【イラスト】4.5 out of 5 stars(4.5)

【 総 評 】3.5 out of 5 stars(3.7)

Attention

ゲームの核心に触れる内容は控えていますが、説明上軽度のネタバレはあるかもしれませんのでご容赦願います。
特にまっさらな状態でプレイした方は以降の閲覧にはご注意ください。
よろしくお願い申し上げます。

糖度 3 out of 5 stars(3)

全体的にはそこまで高くない印象です。
個別ルート毎にばらつきもあって、平均して★3くらいかなと思います。

十勇士は共通章はつっけんどんな態度ですが、個別ルートに入ってヒロインと一緒に行動することが多くなってから少しずつ意識するようになる過程が良かったです。
ちょっとした言葉に照れたりするようになってからが本番で楽しかったですが、かなり終盤に入ってからになります。

まぁ大阪の陣の真っ最中なので、甘い描写は少ないのはごもっともです。
でも距離の近いスチルは多数ありました。
そして、実はサブキャラのグラシアが一番乙女ゲーム要素強いと思いました。 

音楽 4.5 out of 5 stars(4.5)

OPは意外とロック調。
熱い雰囲気の曲で、ノリも良いです。

EDは、ちょっともの悲しさのあるメロディーです。
でも歌詞は相手の事を想ったものでした。

BGMは和風の重厚なものが多いですし、印象に残ります。
結構シリアス傾向で、戦闘や任務中は常に重めBGMが流れていたと思います。
私は「魂魄」が重くて壮大で好きでした。 

キャラクター 3.5 out of 5 stars(3.5)

ヒロインは第一印象は真面目な優等生タイプです。
自分の至らない点なども受け止められるし、やると決めたら貫き通す意志の強さもありました。
でも意見がぶつかった時はだいたい攻略キャラが折れてくれた気がします。
ある意味ヒエラルキーの頂点でした(乙女ゲーあるある)
一長一短で、かっこいいと思う時と頑固すぎるなと思う場面とがありました。

真田十勇士は信繁様の元に集まった仲間ですが、一致団結しているというわけではなくそれぞれに目的をもっていました。
でもみんな信繁様に惹かれたのは共通していて、どんなに不利でも最後まで彼とともにあろうとする心は強く感じました。
そのバラバラな十勇士たちを受け止められる信繁は器が大きかったなと思います。

ヒロインと攻略キャラとの関係性は信頼・絆・恋慕が段階的に生まれていって良かったです。

白蓮や鬼火衆は強大な敵であり、それぞれに内情があっていいキャラが多かったです。
現世への未練から蘇る死者たちなので明るい事情がなく、それでも悲願達成のごとく自分を貫いて。
十勇士とは大義と大義のぶつかり合いみたいになっていたのが悲しくも熱くもありました。
あるルートで白蓮が総スカンはちょっと笑っちゃいました。

推しはできませんでしたが、信繁様と鎮西とグラシアは好きです。

キャラクタールート別ネタバレ感想はこちら 

シナリオ 3 out of 5 stars(3)

共通章は1周目が3時間、個別ルートはひとり4時間ずつくらいでコンプできました。
合計30時間くらいでトロコンしました。
共通章は3章あるんですが、何回も通るので選択肢までのスキップがあればもっと快適だったと思います。

それから「忍びシステム」がちょっと厄介でした。
好感度上げの選択肢とは別で「忍びとしての判断」を試されるようなものなのですが、何を選ぶのが正解なのかその場ではわからないんです…。
ED後にまとめて「上忍・中忍・下忍」という判定が突然くだされます。
つまり、やり直しにとてつもなく手間が掛かる…!

しかもこの判定画面がキャラ毎にスチルにカウントされるので、コンプの為には全部取らないといけません。
先程の選択肢までのスキップもありませんし、集めるのが本当に大変でした。

シナリオの個別ルートは、細かい内容はキャラクター毎に被りませんが、大まかな流れは金太郎飴でした。
元ネタがあるシナリオですので多少は仕方がないのですが、ひとりクリアすると先の展開がよめてしまってなかたるみしそうでした。
もうちょっと変化が欲しかったです。

被っていない部分は、特に攻略キャラクターの背景がだんだんわかってくるのは面白かったです。
ヒロインも多少秘密ありですけど、一番引っ張ったのはサブの白蓮でしたね。

でもキャラクターの気持ちや事情については掘り下げが足りないと思うところもありました。
かなり早い段階で触れることがなくなり説明不足に思いました。

鬼火衆とのバトルは、相手が強敵で「負けるかも…」というハラハラドキドキがあって良かったです。
対戦相手は固定ですが、因縁があったり、信念が似ていたりと築かれる関係性は見ものでした。

攻略順は私の進めた通りで良いと思います。
段々と真相に近づく順番になったと思います。

イラスト 4.5 out of 5 stars(4.5)

四季咲組さんが担当されています。
オトメイト作品では薄桜鬼で有名ですね。

本当にめちゃくちゃ綺麗なイラストです。
私は信繁が舞っているスチルが特に美しくて大好きです。

スチルは全部で148枚。
差分を含んでひとり23~27枚、その他が25枚ありました。
個別のスチルの中には、このゲームのシステムの忍び度の判定結果の画面も含まれています。

総評 3.5 out of 5 stars(3.7)

ヒロイン(真田軍/忍)視点で繰り広げられる大阪の陣のお話です。

戦の最中の人間模様がとても面白いと思います。
味方同士、敵同士、敵と味方…色々な関係性や因縁などが混じって信念がぶつかり合うやりとりは必見。
敵が強いので戦闘はハラハラドキドキして楽しいです。

しかし、ちょっと人物の心情や事情に対しては中途半端に謎が残ってしまう部分もあります。
また、個別シナリオの流れが金太郎飴なのも否めないです。

恋愛要素はありますが、甘さは控えめです。
恋愛をがっつり楽しみたい方には向かないと思います。
歴史ものやシリアスなお話がお好きな方向け作品です。

それから知っている人向けに少し。
至る所で薄桜鬼のオマージュが激しいです(シナリオ被りではない)
あの展開が好きならどっぷりハマれるかもしれません。
その代わり真新しさはあまりないと思います。

ということで、真紅の焔のまとめでした。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

では👋

いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。