Welcome to my blog

君は雪間に希う (君雪)|初回 感想

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気ボタンとパラツー記事の拍手を押していただき感謝です!

君雪が本日発売されました。
おめでとうございます。
ハライチ岩井×オトメイトの企画が発表されてから数年、首を長くして待っていました。
早速江戸時代に行ってきたいと思います!


※attention閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




プレイソフト


▽君は雪間に希うプラットフォーム: Switch/Switch Lite
メーカー:IF
発売日:2021年7月29日
公式サイト:https://www.otomate.jp/kimiyuki/


▽プロモーションムービー



▽オープニングムービー




ゲーム概要


あらすじ


時は享保元年。
八代将軍・徳川吉宗が江戸を治めることになった世。

江戸の町では、異形の化け物による事件が多発しており町民は度重なる事件に不安と不満の声を漏らしていた。

そこで徳川幕府は町の治安維持のため密に異形を取り締まる組織「御庭番」を設けた。

それから季節が巡り――享保十一年。

江戸から遠く離れた村に特別な力を持つ一人の少女が暮らしていた。
彼女が「黒い糸」を見た場所では必ず禍が起きる。
不気味がった村人たちは、雪が降り積もる山奥へと少女を追いやった。

そんな彼女の元に御庭番と名乗る青年が現れ……。

これは一人の少女と「人ならざるもの」たちが出会い、愛を知る物語。


公式サイトからの引用です。


システム


いつものオトメイトさん仕様です。

ヒロインは名前変更でき、デフォルト名だとキャラクターの音声付きで呼ばれます。
ヒロインフェイスもON/OFFが選べます。

キャラクターの目パチ、口パクはありますが、ヒロインだけ口パクは無しです。

物語は、共通章、所属、個別と3段階に分岐します。
所属は武家町、城下町、娯楽街にそれぞれ攻略キャラが2人ずつ配属されています。
プレイヤーは所属を選択し、進めるうちに同じ所属内の好感度が高い方の個別√に入る仕様です。

フロートチャートはありませんが、章ごとに好感度を設定して途中からプレイできるようになっています。
また、未読箇所か選択肢までのスキップもあります。


プレイ雑記


ゲームの舞台は江戸中期、徳川八代将軍吉宗の治世ということで1716年~がモデルです。
吉宗自体はキャラクターとして出てきます。
薄桜鬼よりも更に昔の年代で、ゴリゴリの江戸時代です。

今作のヒロインは紗乃ちゃんです。
紗乃
雪深い山奥に一人で暮らしています。
白皙(はくせき)という一族の末裔で、他の人には見えない「感情の糸」を見ることができます。

紗乃ちゃんが黒い糸を見た場所で禍が起きるそうですが、黒い糸は人間が宵禍(よいか)になる時の前兆のようなものです。
彼女しかこの能力は無いようで、人々は紗乃ちゃんが禍の元と思ってしまているようです。

攻略キャラクター6人は全員奇虚(きこ)と呼ばれる、半分人間、半分形人(かたちびと)
ちなみにこの人たちに「糸」は見えません。
生成の際に「あるもの」を失いますが、宵禍を討伐する力を得ています。
あらすじを見る限り、「あるもの」とは愛かなと思います。
幕府に御庭番(おにわばん)という役職があり、奇虚たちは特殊性から「裏の御庭番」として所属しているそうです。

( )書きの名詞は公式サイトの用語集に詳しく説明されているので、参考にしてみてください。

シナリオの序章で智成と國孝が幕府の命令で紗乃を迎えに行き、江戸につくとそのまま御庭番に配属されます。
そして、武家町、城下町、娯楽街の潜入捜査をしている3組から配属先を選びます。
武家町は智成・國孝、城下町は源十郎・与市、娯楽街は錦次・桜太郎のペアと行動を共にすることになります。

ゆり子はキャラクター情報が解禁された時から源十郎が気になっていました。
なので城下町から特攻をかけます!
2人攻略制限があるそうですが、多分源十郎は大丈夫でしょう。←

現在は、攻略キャラを全員紹介された所までプレイしています。
序盤も序盤です。

一番に思ったことは綺麗!
絵もボタンの効果音も画面タッチのエフェクトも…とにかく全部綺麗。
そして、キャラクターの振り返り立ち絵がかっこよすぎ!
魅入ってしまってAボタンがなかなか押せません。

もう既にめちゃくちゃ楽しんでおります。

それとキャラクター達ですが、源十郎は想像していた通りの頼りになる感じで、これは推しまっしぐらかもしれません。
「寡黙で誠実なるもの」の智成もストライクゾーンな気はするのですが、まだ本質が見えないです。
他のキャラは概ね紹介通りの中身だと思います。

まだほとんど出てきていませんがサブキャラクターも豊富です。
みんなとの交流も楽しみです。


次回は源十郎ともう一人誰かの感想記事になると思います。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply