Welcome to my blog

エフェメラル(Vita版)|評価

ゆり子

評価


こんばんは。
いつもご訪問いただきありがとうございます。
また、やる気ボタンとスチプリ・購入品の記事への拍手を押していただき感謝申し上げます。
購入品は短い記事でしたのに、たくさん見ていただけて本当に嬉しいです。
ありがとうございます!

今回はVita版エフェメラルの評価記事を書きました。

▽エフェメラル-FANTASY ON DARK-プラットフォーム: Vita
メーカー: HuneX
発売日:2018年1月18日
CERO:C
シナリオライター:平野ヒロ
イラスト原案:永原キナミ
HuneX様公式サイト:https://www.hunex.co.jp/?service=hunex


点数


エフェメラル

参照:http://www.dramaticcreate.com/ephemeral/


【糖度】★★★★☆(4)

【音楽】★★★★☆(4)

【キャラ】★★★☆☆(3.5)

【シナリオ】★★★☆☆(3)

【イラスト】★★★★☆(4)

【総評】★★★★☆(3.8)


※attention以降の記事はネタバレ、辛口コメント等が含まれる場合もあります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。


糖度 ★★★★☆(4)


シチュエーションだけならば、糖度は結構高い方だと思います。

システムの構成上、半分が恋人になるまで、残りは恋人になったあとのお話です。
攻略キャラクターと恋人になれるのはゲーム終盤以降であることが多いので、その点シナリオの半分が恋人関係で描かれているのは美味しいなと思います。
イチャつく場面も暗転もありますし、いいぞもっとやれ、です。
種族の違いによって儚くなってしまう恋も重すぎず辛すぎず、丁度いい切甘でした。

ですが、好きになる動機や過程はストーリーが短いため、深掘りなしにトントン拍子に進みます。
特に、相手のどこを好きになったのかがわかりにくいです。
自己投影型のプレイヤーはイマイチ入り込めないかもしれません。

ちなみに私は第三者視点プレイで、萌えられました。
恋愛の結果に対して過程が追随しないのを割り切って、シチュエーションだけ切り離して楽しんで萌えた次第です。

音楽 ★★★★☆(4)


ダークゴシック、怪しい曲調のものが多いです。
「ダークファンタジー BGM」と検索したら似たような曲が出てきそうに思います。

暗めですけど、テンポが良いのもあるのでとても好きです。
雰囲気も作品に合いすぎなくらい合っていました!

ただ、乙女ゲームは20曲以上BGMが収録されているものが多いイメージですが、本作は10曲と少なめです。
サントラをいつもじっくり聴く身ですので物足りなさがありました。

それから、HuxeXさんですので演者さん達のフリートークと発売前のカウントダウンボイスも収録されています。

キャラクター ★★★☆☆(3.5)


ヒロインはゾンビ。
ですが、ホラー映画に出るような怖い見た目ではなく、全然綺麗な女の子なので安心してください。

ゾンビの集落に閉じ込められていたので、闇の世界一般の常識や教養は抜けています。
でも、知らない事が多い代わりに好奇心旺盛。
やや幼く感じますが、隙があってとっつきやすくてとても可愛いと思います。

しかし、人によっては地雷になる案件だと思います。
口の悪いキャラに「バカ」と言われることがあるのですが、正直否定できないレベルで頭が弱いときもありました。
そして、時々他人の事情に踏み込みすぎたり、ダメと言われた行動をやってしまったり…本気で好奇心は猫をも殺すを誰か教えてあげてと思いました。

攻略キャラクターたちは全員ヒロインより階級が上の種族です。
ヤンデレとか貴族とか、おいしい属性の人が多いです。
ヒロインを下に見る人も確かにいましたが、自分の種族には無いものやクロエ自身の素直なところ等に惹かれてそんなのは二の次でした。
階級とか外見とかに拘らず、クロエだから良いという方向に進むので、入りは最悪の人でも最後は許せました。

サブキャラのエリカは初めから隔たりなく接してくれて、凄くいい親友でした。

推しになるようなストライクの人はいませんでしたが、レイやナツメは好きですし、全員十分にキャラ萌えできました。

シナリオ ★★★☆☆(3)


シナリオライターは平野ヒロさんという方です。
主にアプリゲームのシナリオを執筆されています。

本編はひとり2.5時間くらいでクリアしたと思います。
部屋に篭れば半日でクリアできてしまいます。

シナリオはROMANCEとLOVERSの2章に別れており、それぞれに小話が10こ、EDが2種類入っています。
番号順に選択して読んでいくとストーリー仕立てになっているというシステムです。

先程も書きましたが、LOVERSは恋人になってからのお話ですので、ゲームの半分は攻略キャラクターと恋人として過ごせます。
ちゃんとイチャつく場面もありますし、√によってはFDの様でした。
ハピエン以外も恋人関係ですし、切甘でゲームタイトルを回収しているEDもあって楽しめました。

しかし、恋人になるまでの過程が深いお話ではないです。
流れはそう不自然に思いませんし、キャラクターの内情なども汲み取れる範囲ですが、恋愛の心情描写はやはり少なく感じました。
自分で補完しないと乗り切れないと思います。
その後の恋人関係になった時は、過程重視ですとついていきづらいかもしれません。

尺をとってもっと丁寧に描かれたら、もっと甘くて面白いシナリオになったと思います。
個人的にちょっともったいないですね。

攻略はナツメ→レイ→ナギ→シバの順で進めてみました。

特に順番は決めていませんでした。
なので、セレクト画面でシバ・ナギ・レイ・ナツメ・プロローグの順番に並んでいたため、プロローグから左向きに攻略した次第です。

全てクリアしてみて、オススメの攻略順はこうかなと思います。
シバ→レイ→ナギ→ナツメ

攻略制限はないのですが、ナギ、ナツメはネタバレが多いので後回しの方が良いです。

ちなみに、シナリオの内容としてはレイのLOVER編のハピエンがイチオシです。

イラスト ★★★★☆(4)


原案は永原キナミさん。
セフィロト~時の世界樹~の描き下ろしや、オトメイト作品でのグラフィック協力等をされているイラストレーターさんです。

アニメっぽい塗りで、立ち絵もスチルもとても綺麗でした。
作中の台詞でも「○○の見目が良い」という会話がよく出てくるんですけど、本当にその通りです。

スチルはひとり10枚ずつです。

総評 ★★★☆☆(3.7)


お手軽なダークファンタジー作品です。

闇の世界の底辺のヒロインが羨望していた学校に入学し、色んな経験をしていきます。
ヒエラルキーが低い弱小種族ならではの問題などもありますが、クラスメイトとスクールライフを楽しめます。

恋愛要素は、どちらかといえばシチュエーション重視だと思います。
糖度の高さや泣けるシーンはそれなりにあります。
シナリオもあるのですが、恋愛過程が深く描写されないので、入り込みにくさは否めません。

キャラクターの属性はおいしい設定が多いので、キャラ萌えしたり甘いシチュエーションを堪能したりしたい時におすすめです。
心をえぐられるようなしんどい場面はないので、ライト層向けだと思います。
ちょっと切甘な儚い恋をしてみたくなったらエフェメラルを思い出してみてください。

恋愛過程がもっと丁寧だったら間違いなく推し作品のひとつになってました。
画竜点睛を欠いて本当にもったいない…。

でもゆり子的に「つまらない」ではなく「色々おしいな~」なので、興味が湧いたらプレイしてくだると嬉しいです。
良い所もおしい所も誰かと語りたいです。
ちなみに、クリア後にSwitch版もダウンロードしました。←

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply