Welcome to my blog

蛇香のライラ~Allure of MUSK~|Switch版との違い

ゆり子


こんばんは。
いつもご閲覧ありがとうございます。
蛇香のライラ、PC版の第二夜、第三夜をコンプしてきたゆり子です。
これでPC版もSwitch版も全てプレイ出来ました。
キャラの個別感想は更新しませんが、以前気になったPC版とSwitch版の違いを書きたいと思います。
それだけの記事ですが、良ければお付き合いください。


※attentionかなり過激・際どい内容も含まれます。
ゲームに準じてR指定はありませんが、苦手な方は不快に思われるかもしれませんので、閲覧に注意してください。
宜しくお願い致します。




プレイソフト


▽蛇香のライラ~Allure of MUSK~プラットフォーム: Windows
メーカー:アイデアファクトリー
発売日:2018年12月21日(第一夜ヨーロピアン・ナイト)
:2019年1月25日(第二夜アジアン・ナイト)
:2019年2月22日(第三夜アラビアン・ナイト)
公式サイト:https://www.otomate.jp/triangle/lyla/




感想と比較


際どい描写


やはりPC版はCEROがないので、露骨な表現も多かった印象です。

基本的には暗転しますが、第三夜だけ特別仕様な気がしました。
特にライザール王。
彼の√は行為の内容が詳細に描写されてました。
手〇ンなりフ〇ラなり6/9なり…何してるかもはっきりわかっちゃいます。
ジェミルも玩具出てきたりと結構やっちゃってます。

この辺りはSwitch版をコンプしてPC版の感想を拝見した時に感じた違和感です。
Switch版は全部削除されてて、上手く話を読み取れなかったので。

あと、地の文の表現も直接的でした。
万人に向けるにはアウトな表現でだと思います。


スチル


大掛かりな修正はなかったですが、こちらもやぱりswitch版は添削ありでした。

まず、際どいものは腰から下は問答無用でトリミングされてました。
…確かにね。
本番直前って場面だけですが、ヴィンスやライザールは修正前をみると触ってるようにも見えるしアウトかな。

そして、「舌」の描写も削除です。
濃厚なキススチルはswitch版で全部舌が消えてます。
文章は濃厚な口づけの説明ですけど、絵は普通のキスになってました。

あと、皇驪の婚約者の美蘭。
火傷した後の専用の立ち絵があって、PC版は肌の爛れまでしっかり描かれてました。
でも、switch版ではガーゼや包帯で手当てした立ち絵になってました。
エロだけでなくグロももれなく修正です。

細かい所の直しは他にもありますが、大きく気になったのはこの3つかな。


そのまま移植すればよかったのにと思わないでもないですが。
そうは問屋が卸さないんでしょうね。
大体は18禁PC乙女ゲーがCSに降りてくるときってD指定ですし、デリケートな事ですよね。

PC版も楽しくゲームできましたが、やはり苦手な人にとっては駄目なものだと思います。
両版ともストーリー内容は同じですし、人に推すのはSwitch版かな。

簡素なまとめですが、何かの参考になれば幸いです。
ここまで、ありがとうございました。

では👋



シリーズ


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply