Welcome to my blog

春玄 頼朝 感想|ビルシャナ戦姫

ゆり子


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、ボタンぽちと拍手、大変たくさんの方に押していただけて嬉しいかぎりです。
重ね重ねありがとうございます!

連休ですが、友人とのランチ以外引きこもっているゆり子です。
その友人にもランチ後にビルシャナを勧めて、昨日知盛様に落としました(弁慶‪√‬で)←
報告し合いながら楽しくプレイしてます。

さて、今回は春玄と頼朝様の感想です。
源氏側の濃いお話を拝見させてもらいました。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




春玄ルート感想


春玄
人物名前:春玄
氏:源氏
源義朝の臣下・源重成の子で義経の幼馴染み。
(CV.斉藤 壮馬)



源氏(頼朝サイド)の情報は今まで少なかったのですが、ここでは一気に源氏に切り込んだ感じでした。
真の義経‪√‬と言っても過言ではないと思います。

もう本当にびっくり!
源義朝と常盤御前の本当の子どもは春玄。
遮那は池禅尼がどこからか連れてきた子でした。
弁慶‪√‬でも遮那の出自はかなり特殊だとわかってるんですけど、人外の力を持ってますしまさか本当に天狗とか…?
真相は頼朝か知盛様の‪√‬じゃないとわからなそうですけど、なかなかすごい展開になってきました、面白い。

それにしても、血の繋がりや家族にこがれている遮那にはだいぶ無慈悲な現実ですね。
源氏の宿命は春玄のものだったことになりますが、家族についてはさらに不明瞭になりましたからね。
自分が何者かについて体調を崩すほど気にします。
でも、春玄がいつも隣にいてくれて。
遮那が何者であろうとも変わらず受け入れてくれて。
本当に心強かったですね。
春玄が迷ったり悩んでいる時は逆に遮那が支えますし、恋人になる前からふたりで共に歩んできている感じがすでに萌えです。

恋愛については、義仲の懐に潜入するために白拍子に化けるのですが、女の格好を見てから春玄は遮那を女と意識し始めます。
なんというか、元々春玄の中にあった遮那への気持ちを呼び起こす感じで。
頼朝が遮那の正体に勘づいた時は「男に」気をつけろって言ってましたし、完全に春玄の見る目が変わったなと思いました。
でも、何が起こってもふたりの関係性が崩れることはなくて、過ごした時間が長い分誰よりも絆が強くて、後の告白もすごく特別なものに思えて良かったです。

でもそのまま上手くはいかず。
ふたりをいい声で引き裂く法王様が史実の面倒くさい問題を持ってきてしまいました。
大将の頼朝より先に春玄に平家打倒の褒美を取らせ、遮那は天皇家に嫁がせると言い始めて、あ、察し…。
有名な頼朝vs義経の対立フラグが立ちます。
が、共闘して壇ノ浦の戦いで逃がしてくれました。
…まぁ鎌倉幕府まで辿ったら尺が足りないか。

ハピエンではどこかののどかな海辺で春玄と遮那が戦いの傷を癒しながら幸せそうに暮らしていました。
春玄ってはじめから心が通っているので、安心できる居場所ではあったんですけど。
想いを打ち明けた好き同士、甘さも加わってこれからを過ごすのかな~という微笑ましいEDでした。

悲恋エンド?では対立フラグを回収する機運でした。
遮那が死んでしまって、遮那を辛い目に合わせた源氏を滅ぼす宣言をして幕締めでした。

戦では兵法を学んで軍師として動く春玄がたくさん見られます。
「我こそは~」で果敢に突っ込んでいく戦闘とは違って、同名の戦いでも春玄‪√‬のものは知的な合戦に思えました。

今まで音沙汰なかった頼朝もかなり露出してくるので、いよいよ終盤に差し掛かるんだなという感じもしました。
逆に知盛様はほぼ出てきませんでした。
弁慶‪√‬の時にさも自分の‪‪√‬のように振舞って、違う畑を荒らしてお帰りになられたので、ここでバランスは調整できたかなと思います(笑)


源頼朝ルート感想


頼朝
人物名前:源頼朝
氏:源氏
源義朝の子で源氏の嫡子。
(CV.古川 慎)



何人かプレイして思いました。
京で知盛様に出くわして泣き顔を見られたら人生詰みですね。
ずっと追いかけられてます(笑)
出くわさなかったらその後もさして顔を合わせることもなく興味ももたれません。
ある意味運命の分かれ道ですね。

頼朝なんですけど、今まで勝利のために手段を選ばない冷徹な人という印象でした。
セリフも「…」が多くて、本当に何を思っているのかわからなくて。
遮那は肉親として慕ってましたが、春玄と弁慶は頼朝が遮那を道具扱いするのが気に入らないみたいでした。
なので、春玄達と遮那との間にちょっと溝があったのが悲しかったですね。

とはいえ頼朝‪がメインです。
頼朝は平家から逃げ延びるために一度肉親を全て殺しているので、自分にはなんの権利もない、と義経との距離を取っていました。
また、平家を廃して泰平の世を作るため天の道具となる事が自分達の道だと思っていたので、遮那も自分も道具とみて感情移入しないようにしていたみたいです。
本音を知るまでに時間がかかり、その内容もとても過酷なので泣かずにいられませんでした。

遮那もこれを知って、より一層兄弟として頼朝の心に寄り添おうとしますが…。
しかしながら、春玄‪√‬でバレてる通り遮那は肉親ではないです(涙)
平家の子は確定。
池禅尼が清盛の血を絶やすために平家側の子を源氏として育てさせました。
さすが平家、狂ってます。

それでも、頼朝の蜂起から共に過ごしてきふたりには血の肉親以上の情が芽生えていました。
遮那は家族愛と恋愛と、その時々に思っている気持ちの察しはついたのですが、兄上は難しかったですね。
なので、一の谷で知盛様に「それは兄弟ではなく嫉妬に狂った男の目だね」って確信を言われた時は全私が歓喜しました。
兄上も恋慕持ってくれてた!って。

今までの4人の中では道のりが一番甘さ控えめでしたので、やっとこさ頼朝に恋愛の形が見えたのが熱かったです。
だって、血の繋がりではなく、他方面から家族になれるフラグができたってことですからね。
それに遮那の人ならざる所も受け入れてくれて、共に生きていく事を決めてくれます。
良かった…。

そんな頼朝に応えて壇ノ浦の戦いでは、決死の覚悟で知盛様を討ち取りました。
そしてハピエンは、そのまま妻ED。
頼朝も流刑になった時からひとりぼっちだったので、共に歩む人が見つかって安心しました。

そういえばこの‪√‬、戦闘シーンが私の中で一番好きです。
これまで頼朝と知盛様って直接対面して剣を交える機会が無かったんですけど、ようやく見られました。
大将同士の戦闘スチルまで来て滾りました。

あと、遮那が女であることが重大な秘密であるように紹介されてますけど、ここにきて、出自の方がだいぶ問題ですね。
ようやく次はラスボス(知盛様)なので、全てが明らかになることを期待してます。


ビルシャナって名家のお話ですが、血での繋がりと同じかそれ以上に絆が不可欠なものです。
次の知盛様って同胞ですけど、それが一番遠く感じるので、どうなるのかな…?
今のところイチ推しなので、楽しみしかありません。
宿命の花びらとなって囚われてきます。

ではまた次回👋





いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 3

There are no comments yet.
ドリフター  
To ゆり子さん

知盛がイチ押しなのですね。知盛は福山潤さんの声でも美形度がアップしてましたね。私もプレイ前は知盛か頼朝兄上に心揺れていた
のですが頼朝兄上に心奪われてしまいました。既に通常版を購入しているにも関わらず、兄上の特典目当てでステラワース通販にも
手を出す勢いです。
公式Twitterのお勧め攻略順は、義経の出生や力の秘密が徐々に明かされる感じでしたね。目当ての兄上と知盛が遅い順番で
やきもきしましたが、この順番で正解だったとも思います。ゆり子さんの記事では春玄と兄上が逆の方が良かったのではという
ご意見も成程と思いました。
知盛はラスボス的存在感があり、弁慶や兄上ルートでは結構出張ってましたね。執着のなかった彼が義経のことになると人が変わった
ように真剣になり、自分のルートでは源氏に味方してまで義経を助けようとする姿も良かったです。少し残念だったのが
弟の重衡が思う程重衡の生死に興味を持っていないことが気になりました。
まとめ記事も楽しみにしています。ゆっくり更新なさってくださいね。

2020/09/23 (Wed) 19:46 | EDIT | REPLY |   
ゆり子  
Re: ドリフター様

コメントありがとうございます!
私の場合は知盛でしたが、前からキャラが好きで、プレイ後さらに好きになったは同じなので、お気持ちよく分かります。

頼朝はルート外では徹底して怜悧でしたので、恋愛が成立するのか心配になるほどでした。
何より本人の情報も少なく、より不安にさせられました。
しかし、ルートに入ると彼の凄惨な過去や本音を知ることができ、おっしゃる通り義経と関わる中での変化が見ものでしたね!
悲恋は文字通り悲しくもありますが、頼朝の感情がはっきり見えているので、例え明るい感情ではなかったとしても人としての温度が感じられて、ルート外で心折れずにプレイしたかいがあったなと思います。

プレイ順は、私は少し前後してしまいましたが、公式様の順がベストですね。
まとめ記事にもそう書こうと思ってます。
拙い感想ですが、ご拝読ありがとうございました!

2020/09/23 (Wed) 00:55 | EDIT | REPLY |   
ドリフター  
頼朝がイチ押しです

すみません、頼朝と春玄の感想も読んでこちらにもコメントします。私はプレイ前から頼朝兄上押しなのですが、プレイ後も頼朝大好きになりました。
ルートに入る前とルート前半の糖度の低さと「道具」扱いに心が折れ掛けたりもしましたが、兄上の壮絶な「蟲毒」のような身内殺しの過去や
少しずつ義経に心を傾けていく様子が秀逸でした。知盛氏との対決や絡みもあって美味しかったですね。うまく知盛がかく乱してくっついたような
気もします。兄上ルートでは悲恋エンドもツボで、知盛に傷つけられた義経が母親と同じ状態になっていて、後ろから抱きしめながらそれでも離して
やれないという執着っぷりが良かったです。実は兄上の実弟にあたる春玄も悲恋エンドの逆恨みエンド?の展開も好きでした。
兄上ルートは確かに性別よりも出自が問題にならないのかと思いました。平家の出身ということは語られるので、仇敵の娘とくっついていいのかなと
少し微妙に気になる部分は感じますが、萌えツボがあったので良かったです。公式の教経、弁慶、春玄、頼朝、知盛の攻略順でプレイしましたが、
義経の秘密が少しずつ明らかになる順番で良かったです。感想も楽しかったです!

2020/09/22 (Tue) 23:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply