Welcome to my blog

ルキ コウ ユーマ アズサ 感想|ディアラバGEモアブラ Switch

ゆり子


こんばんは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
また、やる気ボタンとラバプリ、購入品、自分用メモにまで拍手を押していただき感謝申し上げます。
たくさん反応していただけて嬉しいです。
とても有難いですので、次からもなるべくサボらずに記事にしようと思います。
(自分から退路を断っていくスタイル)

さて今回は、Switch版GE、モアブラッドの無神兄弟の感想です。

無神兄弟は攻略制限があります。
逆巻家の誰かひとりのヴァンパイアEDを見ると4人とも攻略可能になります。

感想はルキくんから順に並べていますが、攻略はアズサ→ルキくん→コウくん→ユーマの順番でプレイしました。


※attentionネタバレを避けたい方は【▽ネタバレ】をクリックせずにお進みください。
辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




ルキルート感想


無神ルキ
ProfileName:無神ルキ
Age:18
(CV.櫻井 孝宏)


ユイちゃんの見張り役になったルキくん。
すごく徹底されているので行動制限が厳しい(笑)
自分にも他人にもスパルタですが、ときどき優しいこともあります。


家畜です、よろしくお願いします(笑)

ユイちゃんの血だけに価値を見出して、自分が飼っている感覚だからそう呼んでいるみたいです。
普通なら嫌ですけど顔がいいので許せる不思議。

吸血音も1番推しです。
エロすぎ。

さて、この√は自由に憧れ、求めるルキくんのお話です。

ルキくんは人間だった頃は貴族で、なんでも思いのままになると傲慢で傍若無人な子どもでした。
でもなんでも与えられて当然というのは勘違いで、両親にも愛されていなくて、全てを失ってからやっと理解しました。

プライドが高いみたいなので窃盗とか物乞いとかもせず、死にかけますが、アズサたちのいる孤児院に拾われます。
そこでの劣悪環境に耐えかねて無神の4人で逃げ出すのですが、失敗してしまい…また命が尽きかける寸前、カールハインツの力によってヴァンパイアとして新たな生を受けました。

カールの「アダムの林檎計画」を成すためと、ルキくん個人として初めて他人に必要とされた恩義もあってずっと仕えていこうと思っていたそうです。

でも、それはカールの下につくことなので自由はありません。
環境は違えど自由がないのは孤児院と変わらないんですよね。
不満とかも全然言わないんですけど。
屋敷のバルコニーに飛んでくる小鳥たちに餌を与えず、自由に飛んでいけ…と言うシーンは何度かありました。
ルキくんの優しさもですけど、ルキくん自信が手に入れられない自由への羨望もあったんじゃないかと思います。

ユイちゃんに対しても、家畜家畜言いつつ優しいときもありましたし、何より自分が自由を奪う側になっていることを滑稽に思っていました。
でも、カールの計画は成さなければならないし板挟みです。
その上、アヤトくんがユイちゃんを取り返しに来るので、連れていかれないように閉じ込めることにより拍車がかかっていたようでした。

ルキくんってなかなか心の内を見せないんですけど、色々と焦りが見えた頃からユイちゃんのことを家畜とは思えなくなったんじゃないかなと思います。
アダムになろう(イヴに選ばれよう)と必死でしたし、無神の他の子にさえ血を吸われたりするのよく思ってなかったり…。
少なくもユイちゃんが欲しいのは事実になっていたと思います。

なので、カールとユイちゃんを天秤にかけて、最後はカールを裏切ることで自由になり、ユイちゃんと逃避行しました。
カール本人は裏切られたとか、特に思ってなくてルキくんとユイちゃんを祝福してましたけどね(笑)

全ての縛りが無くなったハピエンはスッキリして良かったです。
ルキくんはもう自由だ!



コウルート感想


無神コウ
ProfileName:無神コウ
Age:17
(CV.木村 良平)


ユイちゃんの見張り役になったコウくん。
人懐っこくて可愛いですが、ギブアンドテイクの精神に厚く、反抗的だとキレられます。


「エム猫ちゃん」いきまーす!
…コウくんからの呼び方です。

エム猫ちゃんに対して、コウくんも鮮やかなまでのキレ芸持ちです(笑)
カナトくんのようなヒステリックは起こしませんが、癇に障る点が掴めないのは似ているなと思います。
ユイちゃんが地雷踏み抜いちゃうのもありますけどね。
前のプレイから随分経つので、理不尽にキレられても「キタキタ!」という感じでした。

好物のボンゴレビアンコねだるのは可愛いです。

シチュエーションはいじめ的なものや身勝手なものが多いです。
コウくんが人の気持ちに疎いことが理由なんですけど、そのルーツは過去にあります。

コウくんの過去って無神の中で1番しんどいと思います。
洋風の街?のマンホールで孤児として生きてきて、ある日孤児院に拾われます。
ルキくんたちも拾われて、無神の4人が知り合う共通の孤児院です。
でも実態は、おかしな貴族や政治家に子どもを売ったり貸したりしてお金を儲ける胸くそ悪い組織でした。

コウくんは見た目が綺麗だったのもあって、稼ぎ頭で、もう本当に酷いことをされ続けていました。
それでコウくんは都合の良い人形のフリが上手くなっていき、変態的な貴族たちの趣向を知る必要もなく、感情に薄くなっていったみたいです。
このくだりは可哀想です(って言ったらキレられます)

その後は孤児院脱走に失敗してしまい、カールの力でヴァンパイアになる流れはみんな一緒です。
コウくんは右目が見えなかったので、カールが人の心が読める宝石を右目にしてくれます。
自分にとって大事なものを見極めなさい、と言ってはくれるんですけど、辿るとリンゴ計画に繋がってるんですよね。

酷いことをしたのは人間ですけど、イヴも人間ですし、人間との間に愛(感情)をとりもどせないとアダムとイヴが出来上がらないですよね。
コウくんに愛をわかってもらうために送ったんだと思います。
リンゴ計画が無かったら両手放しで喜べるのに…ギリィ

でも、意図せずともコウくんはユイちゃんと過ごす間に愛ってなんだろうと思い始めます。
手探りから入るので、1回間違った方向に愛を求めて死にそうになったりしますけど、ハピエンの最後は満たされる幸せを見つけて本当の愛を知ることができました。

右目に何が映ったかは名言されませんでしたが、ユイちゃんの心が満たされるのに気がつき、自分も同じく満たされていて幸せだな…と思ったのなら嬉しいなと妄想を膨らませてます!

でも、アダムになれません。
なので、右目を返上してカールを裏切る形で2人で駆け落ちします。
カール離れは無神の宿命かな?
でも、アダムなれないのは逆に自由にし放題ですしユイちゃん(イヴ)をアダム以外がものにすればカールの計画を頓挫できますし、めちゃくちゃおいしいのでは…とここに来てポジティブに考えるようになりました。

コウくんいいぞ!
計画を駄目にする系のEDがクセになりそうです。



ユーマルート感想


無神ユーマ
ProfileName:無神ユーマ
Age:17
(CV.鈴木 達央)


身体の大きな不良くんです。
角砂糖をシュガーちゃんと呼んで、がりがり食べます。
無神になる前、幼少期の記憶は無いそうですが…。


今からしばしの間、私たちは雌豚ァです!←
雌豚呼びする時、めちゃくちゃ気合いが入っていてどうしても笑ってしまいました(笑)

ユーマくんは、ゲーム内屈指の超重要人物なんですが、何故か本人の√ではそれが明かされないです。
ですが、マンサーヴァントEDにはここでは明かされない出来事が絡んでいたりして、事情を知らないと何が起こったかわからないかもしれません。
ある人たちの√をプレイすると全てわかりますので、その辺はその人たちの√で感想を書きますね。

そして、本人も記憶喪失で忘れています。
真実を知ってどう思うのかとか気になるんですけど、ここではおあずけです。

記憶を失ったあと、孤児になり、出会った子どもギャングのボスにベーアと名付けられたところから今に至ります。

子どもギャングの抗争地帯+国の紛争地帯にいたらしく、すごく治安が悪いスラムで暮らしているみたいでした。
自分を拾ってくれたギャングのボスの人となりを尊敬していて、ボスの夢を叶える力になりたいと常々思っていました。
でも、志半ばで亡くなってしまいます。
ユーマくんは生き残って、後にコウくんたちと出会う孤児院に拾われました。

そのボスの夢はヴァンパイアになってからも受け継がれていて、時々話題に出てきます。
夢の内容は、実際に叶えたりとかはありませんので、夢を追うハングリー精神を受け継いだんだと思います。
昔の仲間のこともずっと大切に思っているようでしたし。
庭の片隅に枯れそうな薔薇が一輪植えてあって、空にいる仲間に咲いたところを見せたいと頑張っていましたし。

ヴァンパイアである今は多分、アダムになってカールに恩返しすることを叶えようとしていたんだと思います。
でなければ、アダムになれないとわかって焦ったりしないはず。
1回腐りかけますが、ユイちゃんの助けによってボスたちとの日々で培ったものを思い出していつものユーマくんに復活します。

乱暴にされることが多いので、いつユーマくんの気持ちがこちらに向いたとかはわかりにくいのですが…。
ユーマくん自慢の家庭菜園で一緒に収穫をさせてくれるようになったあたりからは認めてはもらえていたのかなと良いように解釈してます。
最後には結婚までして、カールを裏切る等のイベントも無く、無神家の中でも一番幸せそうでしたし、終わりよければすべてよし、かな?
雌豚が甘い愛の言葉に聞こえるようになるなんて、ユイちゃん強すぎです。

夢のくだりと、ユイちゃんとの意思疎通がイマイチ掴めなくて、題材はいいのに少しもったいない√だなと思います。
記憶喪失の部分とは完全に切り離しているので、「ユーマくん」としての深堀がもっと欲しいかったですね。



アズサルート感想


無神アズサ
ProfileName:無神アズサ
Age:17
(CV.岸尾 だいすけ)


無神家に連れ去り、ユイちゃんの見張りをすることになったアズサくん。
ユイちゃんに好意的ですが、その癖が特殊。
自分を傷つけるよう要求してきます。


ぶっ飛んでます(笑)
アズサくんは傷つけたり痛めつけられたり、痛みを感じることが自分の存在価値=生きている証だと思ってます。
人それぞれ感じ方は違えどアブノーマルをぶっちぎってますね。

人間だった頃、幼くして孤児になり、盗みを働いていた孤児のグループに拾われます。
ジャスティン、クリスティーナ、メリッサの3人のはけ口にされ、暴力を振るわれる毎日ですが、アズサくんにとっては自分が生きているのを実感できる場所という認識で…。
寂しくない、孤独でない大事な痛みだったみたいです。

今でも、自分の傷にジャスティンたちの名前をつけて友達と認識していて。
傷が無くなることは友達を失うことで、ひとりを嫌うアズサくんは自傷行為でジャスティンたちが消えないようにしています。

生い立ちがとてつもなく可哀想です…。
そして、傷付けることが存在価値というのも悲しい。
孤独が嫌なのに、アズサくんの感覚はルキくん達でさえ理解に苦しむもので、周りに人がいてもある意味ひとりぼっちなのが凄く辛かったです。

でも、ユイちゃんが一緒に過ごすようになり、アズサくんは誰かに必要とされたいけど、その内容が間違っていると看破します。

また、ユイちゃんもヴァンパイア化が進んだことにより父に殺されかけ、家族を失います。
そして、自分の血を必要としてくれる、求めてくれるアズサくんがユイちゃんの唯一の存在理由になります。

アズサくんはユイちゃんを助けた時に銀の弾丸を腕に受け、傷のジャスティン達を諦めなければならなくなります。
かなり拒みましたが、最後はユイちゃんの言葉を受け入れてくれて。
アダムとイヴにはなれませんでしたが、その後は幸せに過ごしているようでした。
腕は失ったはずなんですけど、スチルで両腕健在だったのは謎です。

クセは強すぎるんですけど、理不尽働いたりとかは一切なくて凄く優しい世界だったなと思います。
カナトくん√で「イヴは青空」って言ってたんですけど、ハピエンで青空の元幸せそうに過ごしていたので、ユイちゃんが自分を青空の元に導いてくれる人だったということでいいのかな?
そうであって欲しいな…。


無神家って全員に「青空」というキーワードが共通しています。
みんな好意や憧れを持っているみたいで、ハピエンでは自由に好きなだけ青空を見れるようになります。
孤児院の大人やカールハインツなど、ずっと何かしらが上にいる状態だったので、本当の意味で何も遮るものがなく、憧れ(手の届かないと思ったもの)に手が届いたような感じがして無神家のハピエンって尊いなと思います。

あと気がついたこともあります。
キャラにはそれぞれにヴァンパイアED、マンサーヴァントED、ブルートEDと3つのEDがあります。
左から順番に、ハピエン、服従ED、鬼畜ED(バドエン)の認識なんですけど、後ろ2つは必ずしもタイトルが当てはまらないキャラもいると思いました。

愛とか幸せとか、人によって違いますし、ヴァンパイアにもそれが言えるのかな~と。
全部のEDを記事に書いている訳ではないのでここでは詳しく比較できませんけど、想像と違うEDがくる楽しみもこのゲームにはあるな~と思った次第です。

次は、寡黙組の感想です。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければニコラをポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply