Welcome to my blog

薄桜鬼真改黎明録|初回 感想

ゆり子

こんばんは。
いつもご訪問いただきありがとうございます。
また、やる気ボタンと君雪、スタマイ、蛇香のライラ、エフェメラルの記事への拍手を押していただき感謝致します。
色んな記事に来ていただいて本当に嬉しいです!
ありがとうございます。

本日から首を長くして待っていた薄桜鬼をプレイします!
本当に大好きなんです。
またあの動乱の時代に行ってきます。

※Attention
軽度のネタバレ・辛口コメント等が含まれる場合があります。
閲覧には各自でご注意ください。
よろしくお願い致します。


プレイソフト


▽薄桜鬼 真改 黎明録
プラットフォームNintendo Switch各種
メーカーIF/DF
発売日2021年8月26日
CEROC(15才以上対象)
公式サイトhttps://www.otomate.jp/hakuoki/shinkai/reimeiroku/



▽プロモーションムービー



▽オープニングムービー



ゲーム概要


あらすじ


――武士なんて、クソ食らえだ
母親を病で亡くした龍之介は、生きる支えをなくして、あてもなくさまよっていた所、京に向かう尊王攘夷派の浪士に襲われ、金品を奪われた。
食料も金もなく、ただ餓死するのを待つだけだったところで、浪士組として上洛する途中の芹沢鴨と出会う。

芹沢に拾われる形で、不本意ながらも彼と行動を共にすることになった龍之介。
当面の住処となるそこは、後に「新選組」と呼ばれる人斬り集団の拠点だった。

生い立ちのせいで「武士」を毛嫌いしている龍之介だが、そこには敢えて武士を目指すものたちがいた。
彼らと接し、彼らが目指すものや抱く夢を知っていくことで、頑なだった龍之介の心に変化が訪れる。

彼らが目指す「武士」とは何か。
自分が目指す「道」はどこに在るのか。

これは、幕末の動乱の中に埋もれていた、名も無き少年の物語である――。

公式サイトからの引用です。



システム


基本はいつものオトメイトさん仕様です。
機能有無
既読/未読スキップ・オートモード
クイックセーブ/ロード
バックログ
チャプター(√又は章毎の途中プレイ機能)
フロートチャート
選択肢又は未読箇所までのスキップ×
主人公の名前変更×
デフォルト名呼び
主人公フェイス表示×
主人公ボイス
キャラクター立ち絵の動作(目パチ・口パク等)
アイキャッチ
フォント変更×



この他に十六夜挿話という、主人公以外の視点から物語を見る機能があります。
本編中に挿入されるお話で、発生したその場でも、後からでも読めるようになっています(その場で読むの奨励)
※十六夜挿話のみ千鶴の名前は変更可能です。

また、過去作(Vita版やDS版等)の追加要素も全て網羅されています。
「祇園会騒動」「鬼が霍乱する日」「小夏日和」「夢見抄」「幕末講義録」+追加スチル、解説

どこで追加されたかの詳細は箇条書きにしました。
  • PS2版 薄桜鬼黎明録(無印)
  • 特に無し

  • PSP版 薄桜鬼黎明録ポータブル
  • 追加シナリオ「小夏日和」「幕末講義録」

  • DS版 薄桜鬼黎明録
  • PSP版の追加要素収録
    追加シナリオ「夢見抄」
    スチル解説の追加

  • PS3版 薄桜鬼黎明録 名残り草
  • 追加シナリオ「鬼が霍乱する日」

  • PS Vita版 薄桜鬼黎明録 思馳せ空
  • これまでの追加要素
    追加シナリオ「祇園会騒動」
    スチルの追加
    システムボイスの追加


新規追加要素


NintendoSwitch版から新たに加えられた新規要素についてです。

  • 新規シナリオ「文久心覚え」
  • 既存の攻略キャラ6人と真改から攻略対象になった6人の合わせて12人分の新規シナリオです。
    各キャラクター視点で文久3年の日常エピソードが見られます。
    台詞以外も視点になっているキャラクターが読み上げてくれます。

  • 新規スチル
  • 黎明録本編に新規の絵が追加されています。
    追加されたのは攻略キャラクターの5人。
    土方、沖田、斎藤、藤堂、原田の各シナリオに挿入されています。
    また、文久心覚えにも12人分の新規スチルが付いています。

  • スチル解説「往年の補筆」
  • 新規スチルにも各キャラクターによる解説が追加されています。
    (既存のスチルには既存の解説がそのまま付いています)


プレイ雑記


初めに少しだけ説明させてください。

薄桜鬼全般は「恋愛アドベンチャーゲーム」というヒロインと攻略対象との恋愛ありきのゲームなのですが。
薄桜鬼(真改)黎明録は恋愛ゲームではなく「女性向けゲーム」です。

所謂乙女ゲームでの、女主人公と攻略対象の男性が恋人関係になる展開が中心ではありません。

今作は、井吹龍之介という男主人公を中心に、新選組として本格的に活動する以前の土方さんたちの物語をたどっていきます。
時期にすると、文久3年の春~9月くらいまでのお話です。

もちろん、薄桜鬼真改本編のヒロイン・雪村千鶴もシナリオ中に登場します。
隊士の誰かと恋仲になっている、という場面もありますが、黎明録本編には大きく関与しません。
重要な脇役くらいに考えればいいかと思います。

伊吹龍之介
龍之介は、元々は武士の家柄にありましたが、両親が亡くなり家は没落。
暴言を吐くくらい武士というものが大嫌いです。
父が死んで、母と二人暮らしの時に、毎日の暮らしよりも武家の誇りや体面に固執する母に苦労したことが原因になっています。
ですが、皮肉にも行き倒れいた所を刀を二本差ししている人に拾われてしまいます。

武士が嫌いなので初めは浪士組に対してとても態度が悪いのですが、図星を付かれて拗ねちゃう所がまだ青い少年だなという感じです。
素直じゃなく意地っ張りですが、律儀ですし根は悪い子ではないです。
芹沢さんや浪士組のみんなと関わることで龍之介がどうなっていくのか、物語の一番の見どころだと思います。

また、後に新選組になる土方さんや総司や一君たちも薄桜鬼本編に比べるとまだまだ覚悟が足りなかったり、青かったりする部分もあります。
龍之介だけではなく、彼らが何を経験し、薄桜鬼本編に繋がっていくのかも楽しめる要素の一つだと思います。

芹沢鴨
そして裏主人公といっても過言ではない芹沢鴨。
傍若無人で短気、悪名を広げてゆき土方さんたちとわだかまりができてしまいます。
試衛館の面々からすると浪士組の目の上のたんこぶですが、行動・言動には揺るぎない覚悟が通っています。
後に、彼の振る舞いは龍之介や土方さんたちに大きな影響を与えることとなります。

共通章は上洛から変若水の登場までのお話です。

上洛したはいいが、嘘の尊王攘夷の名目で集められた浪士組。
支度金が出ないため、発案者と多くが江戸にとんぼ返りする中、近藤さんを押し上げるために来た土方さんたちは残留のために動きます。
しかし、芹沢さんのツテを使って会津藩に働きかけるしかなく、歯がゆい状態が続きます。

やっとのことで会津藩への目通りと上覧試合を経て、ようやく後ろ盾を得られますが、資金問題は残ったままで浪士組の今後が危ぶまれます。
その折に、幕府の命で遣わされた雪村綱道と変若水の研究を行うことに…。

否応なく浪士組の事情に深入りしつつある龍之介は今後どうするのか。
章内の選択肢によって、この後各キャラクターの√に分岐します。

過去作をプレイ済みですので、おすすめの攻略順が自分の中にあるんですけど。
とりあえずそれは伏せてプレイしていきます。
1人目、私の魁先生はもちろん推しの一君です!


また個別√の感想でお会いしましょう。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply