お引越し中

キューピット・パラサイト|ネタバレ感想

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
やる気ボタンをたくさん押してくださり感謝です!

ややや、やばい。
ビルシャナの発売日が迫ってくる~!
というか新作ラッシュなので、キュピパラもだらだらとはやっていられず焦っているゆり子です。
締切に追われているようです(笑)
でもまずはキュピパラを楽しみました。

プラットフォームNintendo Switch各種
メーカーオトメイト
発売日2020年8月20日
CEROD(17才以上対象)
シナリオ吉村りりか
イラストユウヤ
キャスト木村良平/KENN/八代拓/榎木淳弥/古川慎/岡本信彦/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/cp/
敬称略
プロモーションムービー
オープニングムービー

あらすじ

オシャレな街―ロサンヨークに本社を構える大手結婚相談所《キューピット・コーポレーション》。
幸せな結婚を夢見るロサンヨーカーたちの縁結びを手伝うトップ・ブライダルアドバイザーのヒロインには、誰にも言えない、トップ・シークレットがあった―。
それは……人間界に親子喧嘩により、家出してきた本物のキューピットであること!
―とある日の朝5時、社長室。
「この5人を結婚させろ。そうすれば、昇格させてやる。お前は、我が社のトップ・ブライダルアドバイザーだ。……出来るだろう?」
社長から言い渡されたのは、社内でも有名な厄介な会員5人【Parasite5】を成婚に導くこと。
面談・セミナーを重ね、アドバイスをしていく中で、会社の宣伝も兼ねた婚活シェアハウスTV番組【PARASITE HOUSE】への出演が決まり、彼らと共同生活を送ることに―!?
本物のキューピットであるヒロインでさえ、手を焼く彼らとは?
前途多難で予測不能な、女神×婚活ラブコメディーが、今はじまる―—♡

キューピット・パラサイト公式サイト

システム

いつものオトメイトさん仕様+αです。

機能名有無
既読/未読スキップ・オートモード
クイックセーブ/ロード
バックログ
チャプター(ルート又は章毎の途中プレイ機能)
フロートチャート
選択肢又は未読箇所までのジャンプ
ヒロインの名前変更
デフォルト名呼びボイス
ヒロインフェイス表示
ヒロインボイス×
キャラクター立ち絵の動作(目パチ・口パク等)
ステータス(パラメータ)画面
アイキャッチ
フォント変更

特有の機能として「Lovetype」という診断テストがあり、結果によってEDが左右されます。
また、今回オトメイトさんで初!
文字のフォントがカスタマイズできるようになっています。

ただ少しシステムの読み込みが遅めです。
選択肢スキップやクイックセーブ、ロードの時にスムーズにいかないのでそこを改善して欲しいなと思いました。
あと、未読/既読スキップも何故か逐一詰まるので飛ばしにくかったですね。

世界観とヒロイン

購入迷ってましたが、ニュータイトルなので買いました。

架空都市ロサンヨークで繰り広げられる「婚活」です!
内容は攻略キャラの婚活支援ですが、まぁ乙女ゲームなので誰が最終的に相手になるのか…(察し)
明るめな雰囲気を楽しめたらと思いました。

リネット
主人公のリネットちゃんは本物のキューピットです。
かわいい。
神界から人間界に降りてきて職に就くくらい行動派です。
父とキューピットの矢の使い方で喧嘩になって家出したらしいです。

そしてクラリスちゃん。
クラリス
リネットの親友でルームメイトなんですけど、こちらもめっちゃかわいいです。
思ったより声は太かったけど、まぁそのうち慣れるでしょう。
人間界の知り合いですけど、人間にみえないのでなんか怪しさも感じます。

攻略はシェルビーから始めました。

キャラクタールート別ネタバレ感想

Attention

以降はネタバレ回避のため【ネタバレ】ボタンを設置しています。
クリック・タップするとネタバレ感想が開きます。
閲覧後の苦情等はご容赦ください。
よろしくお願い申し上げます。

シェルビールート感想

シェルビー
Profile

Name:シェルビー・スネイル

Status:CC.社長

CV:KENN

世間では愛妻家で評判ですが、実は独身32歳。
自社で婚活をはじめるも、地位に固執していて恋愛は非合理的だと思っています。

シェルビーは体裁を気にしての婚活です。

初めから結婚に感情が入ってるのギルだけで、あとは悲しいかな合理性重視とやる気ない人しかいない(笑)
そしてシェルビーは婚活の仕方が偏屈すぎました!
全て代理を立てた上、自分の素性はほぼ明かさないって不審すぎました。
毎回何かしらツッコミをいれるリネットの根気も本当に凄かったです。
シェルビーは地位パラサイトですけど、ちょっとくらいなら仕事一辺倒でいいかなと思っちゃいました。
仕事に対して真摯な人ってかっこよく見えるし、旦那が家にいない時間は自由にできそうですし。
CC.社員がシェルビーのことを厚く信頼してる描写もあったので、誠実さが滲み出てました。

そもそも地位に固執するようになったのは、ミドルスクールの同級生たちがシェルビーのステイタスに寄ってくるパラサイトだった(と勘違いしていた)わけで。
社長夫人を狙う婚活女性にしろ、他人が寄ってくるのは自分の地位だと勘違いして地位を守る事に尽力するようになったからみたいですね。
(途中で「誠実さ」が受けていた事に気づきます)

そんな中、地位ではなくシェルビー個人に親身になってくれるリネットの存在がかなり彼には響いたようでした。
進めていると、仕事でない時はちょっと人がよすぎるのが裏目に出るのがシェルビーの素なのかなと思いました。
(リネットと同棲するまで全てが仕事時間又は仕事の為の時間でした)
長い間、先輩の勘違いから始まった愛妻家を否定できないでいましたし。
恋愛もエスコートはできるけど結構奥手のようで、手を出すのは遅いけど、(勘違いで)身を引く時は速攻でした。
ニセ夫婦を演じている時のシェルビーはリネットの事を優先に考えて思い悩んでいる描写がキュンでした。
普通に紳士だし可愛くて良かったです。

シェルビー視点に切り替わる場面も多くて。
リネットもシェルビーもお互いを気になっていく描写があって、恋愛過程がとても細かかったです。
リネット自身、キューピットの性でCC.の仕事に熱心でしたし、仕事好き同士かなりお似合いだと思ってましたよ!
しかしリネットはヒロインテンプレの鈍感でした…。
恋愛心理学を専攻したのに。
というかキューピットそのものなのに!
自分のも他人のも恋愛感情になかなか気づかないんですよね。
鈍感なのはそのままでもいいんですけど。
「今の自分の気持ちは大学で習った○○に当てはまるから~」みたいな勉強を活かす下りがあっても良かったのになと思います。
せっかく有能な社員なんですから。

それと、クラリスが良く勘づく子だったので親友の言葉信じて!と何度も思っちゃいました(笑)
シェルビーがひとりで利用するバーの話を出してきた時なんかどう考えても好意を持たれてパーソナルスペースに入れてもらえてる証拠だと思うんだけどな~。
その後もターニングポイントたくさんありましたけど、何も起きなかった…。
シェルビーと過ごす時間で、知らないうちに期待している展開に転ばなくて何回もモヤモヤしてたけど、プレイしている側も焦れました。
シェルビーは結構早くから好意を持ってたので不憫でしたね…。

なので両思いに気づいてからの告白~エロまでがめっちゃ濃厚で(笑)
けんぬも急に艶のある色声で話し始めるし!
このルートで一番楽しいシーンでした。
最後は結婚までいって、区切りよく完結かな?って感じでした。
とてもまとまりが良かったのでこの締め方好きです。
婚活の諸処を備えてる会社で社内恋愛って、ね。
神も人も何が起きるかわかりませんね(笑)
そういえばEDのひとつにアランとクラリスが知り合いになってるルートがあったんですけど。
いや、似合いすぎなんですよね。
ゆり子の中でクラリス人外説濃厚です。

琉輝ルート感想

琉輝
Profile

Name:螢彩院・F・琉輝

Status:ファッションデザイナー

CV:榎木 淳弥

美意識が非常に高く、顔面偏差値(肌質)で人を見る外見重視の子です。
物や人に対して色が見える共感覚を持っています。
結婚も一流のデザイナーになるための要素として捉えています。

上から目線、ツンデレ、犬好き、傲慢、仕事熱心、時々可愛い…あれ?
某スタンドマイヒーローズの最推しにそっくりなのは気の所為ではない…?
と思って、ここが推しになりそうだったんですけど、(主人公より)歳下はやっぱり推しにはならないゆり子でした(結論)

まぁ、私の趣味は横に置いたとして、はじまりがかなりシビアなのでデレるまでの振れ幅が一番広いのは確かです。
本当に同一人物かと言うくらいツンデレの差が凄いので、耐えてください(笑)

さて、琉輝くんは共感覚によって、初対面の他人見てすぐカラーコード読み上げるとか、ミストをいきなり顔に吹きかけてくるとか…。
なかなかはじめはイラっとくる子でしたけど、蓋を開けると所謂仕事に超ストイックな子でした。
青春未経験でファッション一筋で生きてきて、恋愛部分以外は歳の割にかなりしっかりしてる印象でした。
ちなみに、ゆり子が勝手に決めた瑠輝のカラーコードは#90D581です(枠の緑色です)←オイ
ファッションのダメ出しはめちゃくちゃしてくれます。
モテファッション、おブスファッションのあれより激辛口ですけど。
プロだけあって的確だし、意外とファッション指導好きでした。
本当に辛いですけどね(笑)

それに食いついていくメラニーさんは本当に尊敬します。
所在なさげな人だったのに琉輝くんのファッション指導のおかげで少し自信もついて、CC.社長秘書のオーウェンとも上手くいったみたいで。
マジで可愛かったです。

琉輝くんとリネットは2人ともが恋愛初心者で、モンモンと色々考えちゃうので、すんなりお付き合いにはならないんですけど、デートシチュ?が3回あって、明らかに雰囲気が変わるので見ていて楽しかったです。
最初の恋愛セミナーの実践とか、(ファッションに)辛辣だし淡々としてたけど、告白されてからOKした3回目はThe乙女ゲーって感じでした!
もう可愛い可愛い何回も言うし、リネットの好きな物共有したいって普段食べないものまで食べてくれるし、ミスト吹きかけてこないし←
ニヤニヤが止まりませんでした。

2回目はオーウェンとメラニーさんを尾行してデートみたいになっちゃったって感じです。
3回目までがなかなか長くて、好きを自覚してくれない琉輝くんだったんですけど、悩んでる過程もすごく真剣で初心で可愛かったです。
好きを認めさせたのも、ファッションで散々な評価をされたメラニーさんからだったのがまた良い。
外見が全てじゃないと気がついてくれてホッとしました。
それにしても、リネットは顔面偏差値的に友人止まりだったのに、恋して可愛く見えるようになったのが自分の視覚異常と思う発想が(笑)
速攻で眼科を受診したのは死ぬほど笑いました。
恋は盲目って本当かもしれません。

恋を知ったことで、デザインにも番号の色ではなく気持ちが入るようになりましたし。
祖母や姉が言ってたこともちゃんとわかって、充実した初恋で最後の恋に出会えたようです。
めでたしめでたしでした。

ラウルルート感想

ラウル
Profile

Name:ラウル・アコニット

Status:ハリウッド俳優

CV:八代 拓

次の映画の勉強のために潜りこんでいる、本当に結婚する気ゼロの人です。
恋について未経験なようで、ちょっと感覚がヤバい…。
神話オタクです。

神話トークは意外と楽しいかもと思っちゃいました。
デートの全てが神話関連なのはさすがに飽きるし、品々はオカルトグッズっぽくて困惑だけど(笑)
趣味が合うと会話の入りが楽でいいな~と思います。
パラサイトって言われてるけど、2人攻略して慣れてきたので、なんだか突出した得意分野くらいに思うようになりました。
悪い所ばかりではないんですよね。

と思ったら!このラウルは駄目でした。
いきなりヤりますこの人…!
というか、シリウッド俳優たちの貞操観念全般が破綻していて呆れました。
アメリカンなノリだとあんなものなのかな?
確かにそういう関係もありますし、個人の自由ですけど。
趣味が原因で人間関係に問題が生じる人なのだと思っていたので、根本的な価値観のところでねじが外れているのは意外でした。

リネットとのはじまりも所謂遊びの体の関係なので、あとの展開にどんなキュンキュンするようなシチュがあっても萌えられなかったです。
そして誠実な男女関係をリネットに教えたギルがなんか可哀想でした。
ラウルも神話に詳しいなら、普通に恋した神々からそういうのも学びそうに思うんですけどね…。
実体験の経験値になってないからやっぱり理解できなかったのかな?
なんでか体の関係=気持ちいいからOKでずっとまかり通ってる感じだったので、綺麗に恋愛だけ欠乏症だったのかなと思うことにしてました。

さすがにルートを進めるとリネットとの本当の恋に気づくんですけど。
やっぱり最初のクズ具合が嫌なので特に感動もなく流しちゃいました。
最初が許せるならあとはノリで楽しめると思います。

ツイッターのフォロワー様が、ラウルルートは「ジェットコースター」と仰っていたのですがまさにその通りです。
地下遺跡で迷子→神々の戦い→レッドカーペットデビュー
途中から急にアドベンチャーになってルート自体はハチャメチャでしたし笑える方の面白いでした(笑)

感想薄くて申し訳ないんですけど、ラウルに関しては早々に冷めちゃって深く書けそうにないです…。
スチルとエンドは全部回収したのでそれで許してください←
(ラウルお好きな方本当にすみません)

これを持ちなおさせたリネットは本当に尊敬します。

そういえば、シェルビールートからの続きで。
一番気になってるクラリスがどのルートでも男漁りをしてる感じなのですが、アランの仲間ならサキュバスなのでは?と思い始めました。
次でなにか分かるといいです。

アランルート感想

アラン
Profile

Name:アラン・メルヴィル

Status:枕屋

CV:古川 慎

なんでもシェア、シェアのチャラ男。
正体は夢喰いの悪魔・インキュバスでした。

このお方も色々手を出す倫理観欠損型か、だいぶ手を焼きそう、と思っていたのですが。
アランはまさかのDT!
インキュバスなので淫夢を見せたり、いい夢見せるために色めいた発言したりしますけど、リネットが初めてでした。

しかも神と悪魔って…背徳感がえぐい。
照れが、一夜を共にした感想が生々しい。
悪魔が紳士すぎて大混乱。
私は楽しくて興奮しました!←
対極な存在だからこそ、恋する価値がさらに深くなるといいいますか、相容れないもの同士の恋というのが最高に萌えでした。

リネットが恋するきっかけとしてプシュケの伏線ここで回収されると思いませんでした。
キューピットの矢が自分に効いて、アランに恋しちゃってびっくりです。
(神の力ゴリ押し)
「キラキラして見える」で本当にアランの立ち絵がキラキラし始めて大爆笑でした!

で、そんな2人の真実なんですけど。
アランはずっと昔からリネットを好きでした。
2人とも元は番の天使で、片割れがキューピットにされたことによって引き裂かれたいわば半身のような存在でした。
リネットは記憶がないけど、アランはずっと見守っていて、巡り巡って2人が元の愛し合いっている状態に戻るシナリオでした。
運命力が本当にすごいです。
そして、最初はアランからはチャラさしか感じなかったのに、蓋を開けるとめちゃくちゃ一途ですしキャラの中で一番の優しさの持ち主だったと思います。
ギャップがすごかったです(すごいしか言えてない)

正直、神の力や都合みたいなのでゴリ押しなところもあるりますし、急にリネットの魂が転生して20年経ったりして超ファンタジーなんですけど。
アランがなりふり構わずあまりにも一途なので、細かいことは気にせずに応援し続けられました。
今までの4人の中で一番好きなルートになりました。

あと、クラリスはやっぱりサキュバスでした。
深い説明はないんですけど、悪魔に堕天したアランのお世話をしてくれていたらしいです。
先もあるのであまり言えませんけど、多分この?ルート?で隠しが確信できます。
ある意味バレの多いルートでしたね。

ギルルート感想

ギル
Profile

Name:ギル・ラブクラフト

Status:フリーライター

CV:木村 良平

大学時代の失恋が忘れられない失恋パラサイト。
献身的で尽くしすぎて少々愛が重い人です。

ギルは学生時代にリネットに(一方的に)失恋して、それを引きずるパラサイトです。
学生時代のちょっとした勘違いや、好きだからこそ1人で盛り上がって盲目になったりで、リネットを好きなギルが可愛くて見てる側は微笑ましかったです。
片思いしてる時って楽しいんですよね。
リネットが超鈍感でギルドンマイでしたけどね…。

ギルがリネットとの淫夢見てたくだりはクラリスの食事って事でいいのかな…。
サキュバスですからね。

ギルはちょっと最初とイメージ違って、ただの一途と言うよりは想いが大きくてどうしてもリネットに男として見てもらいたい執念みたいなのを感じました。
普段は自信なさげでヘタレな感じのギルなんですけど、リネットを好きな気持ちは譲れない部分みたいですね。
尽くしすぎていつも愛が重たいし、庇護欲の塊で、恐怖すら抱くくらいの執着心を持ってました。
地の文でも狂気的な目とか執着とか書かれてましたからね。
相当です。

なので、大体は引くエピソード(章)ばかりなんですけど、リネットを連れ戻すために神界まで行く場面はぶっ飛びすぎてて大笑いしました。
トランスフォーマーかバンブルビーか…なんのSF見せられてるんだって感じでした!
お手製の車で神界まで行く発想がファンタジーすぎ。
しかもアランがギルの車とキューピットの矢と融合して、勝手に動く意思のある車になってたんですけど(笑)
最後まで何も触れられてなくて、可哀想でした(笑)
誰かなにか気づくかつっこむかしてあげてください(笑)

もう、この辺りのくだりは笑いすぎて話の内容入ってこなくて…。
とりあえずギルとリネットが両思いになって最終的に結婚する流れになったことだけわかってれば許されるかな?

このルートは他の攻略キャラもちょいちょい登場するので、メインヒーローのルートだなという感じです。
隠しへの繋がりとしてはアランルートの方が強いですけど、タイトル回収したのでやっぱりギルがメインですかね。
最後は結婚式まで行って終わりもスッキリですし、ギルの失恋が終わってなんだか安心しました。

隠しルート感想

リネット

あまりバラすのもどうかと思ったので、少しだけ書こうと思います。

まず、隠しの正体ですが、ジュピタールートです。
ピーターとジュピターが同一人物というのはすぐに気づけて、アランルートで隠しはジュピターだろうなと確信できます。
でもまさか神獣のちーちゃんがジュピターの変化だったなんて!
1番驚いたのそこでした。

そしてこのルートは他とは少し世界線が違うみたいです。
キューピットが人間界に降りた理由はマーズとの親子喧嘩だったのですが、ここでは愛について学ぶために人間界に留学という設定になってます。
空席になったジュノーの位置にキューピットをつけるための前準備みたいなもののようです。
それで、ジュピターがちぃちゃんとして人間界についてくるんですけど、何やらキューピットを狙っているディーコンセンテスがいるようで、その神からキューピットを守るのがこの物語です。

また、他の5人の内容を踏襲してるので、まさに大団円って感じでした。
もちろん、ハチャメチャな笑える展開や下ネタも忘れず楽しいルートでした。
思ったよりジュピターが可愛いので、萌えました。

あとがき

全てのルートをクリアしてみて、婚活楽しかったなーと思います!
ドタバタとくせの強いパラサイトのサポートをしつつ、恋が芽生える過程や甘いシチュエーションに萌えでした。

終わったあとから、ラウルは神話好きならオラソワ周回させたら一緒に語れそうとか思いました(笑)
だがしかし、いつも私の推しになるタイプと真逆なのだよ…。

一番大問題かと思ったシェア男アランはギャップ萌えしました。
愛が深すぎて途中で泣いてしまいました…。

大好きなクラリスちゃんのこともわかったし、満足です。

一応、これで全てのシナリオを読めたと思います。
次回は評価を書きます。
では👋

いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°???

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。