明治活劇ハイカラ流星組-成敗しませう、世直し稼業-|ネタバレ感想

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気ボタンを押していただき感謝の気持ちでいっぱいです。
さぁやって参りました。
ハイカラ流星組のお時間です。
少しばかりでも何かの参考になっていれば幸いです。

プラットフォームNintendo Switch各種
メーカーオトメイト×イチカラム
発売日2020年9月24日
CEROC(15才以上対象)
シナリオ高木亜由美
イラスト清白かりん
キャスト榎木淳弥/伊東健人/井口祐一/石川界人/小林親弘/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/haikara/
敬称略
プロモーションムービー
オープニングムービー

あらすじ

帝都・新橋にある長屋で母と二人暮らしをしている主人公。
父を事故で亡くし、病弱な母を支えるため働いて生計を立てていた。
拾六になった主人公は、毎日通う神社で聞き慣れない言葉を耳にする。
「こんな時、流星組に頼めればな……」
いつもの日が続く。
生活は貧しく母の薬代もままならない毎日――時折すれ違う人力車、そこに乗る洋装の婦人たちの姿に思いを馳せた。
(洋装のご婦人と殿方が踊る夜会、か……いいなぁ……)
そんな或る日、仕事を終えて帰宅すると一着の洋服が届いていた。
差出人は不明。「これを着て今度の采緑館さいりょくかんの夜会に参加されたし」とたったひと言だけ書かれた手紙が添えられていた。
迷った末に主人公は送られた洋服を身に纏い、夜会に参加することに。
踊った経験もなく、慣れない衣服と圧倒される建物に戸惑っていると――
「……お前の父の死の真相が知りたくないか?」
背後から謎の男にそう声を掛けられるが、振り返ると誰もいなかった。
長屋に戻った主人公は父の死について母に問い詰めると驚くべき事実を知る。
父の死の真相、そして父の無念を晴らす為、主人公は思いを共にする仲間達と立ち上がることに――!

公式サイト

システム

機能名有無
既読/未読スキップ・オートモード
クイックセーブ/ロード
バックログ
チャプター(√又は章毎の途中プレイ機能)
フロートチャート×
選択肢又は未読箇所までのジャンプ×
ヒロインの名前変更
デフォルト名呼びボイス
ヒロインフェイス表示×
ヒロインボイス×
キャラクター立ち絵の動作(目パチ・口パク等)
ステータス(パラメータ)画面
アイキャッチ
フォント変更×

いつもどおりオトメイトさんの仕様です。

ハイカラ流星組の活動としてマップ上で語句を集めるフェイズがあります。
ちょっとした作業要素です。
マップ途中にイベントが発生するので、イベント用のジャンプ機能がついています。
テキストウインドも変更可能で、4種類入ってました。

世界観とヒロイン

この作品に関しては、自発的な情報収集していないので知識はほぼゼロからのスタートでした。
雰囲気は、タイトル通り明治時代で、和洋が混在しています。
キャラクターの服装なども、和装人と洋装の人がいて面白いですね。

ヒロインは芳川けいちゃん。
病気がちな母のために米問屋に奉公して頑張っているみたいです。
職場の丁稚とはあまり良好な関係ではなさそう…。
それでもお勤めを辞めたりしないのでメンタルが強いというか、図太いというか、決してか弱い子ではない印象です。

攻略キャラクターの基礎情報は知りたいなと思ってサイトに行きましたが、説明文が少なくてつかみきれませんでした。
実際にプレイすると、みんなそれぞれに職があって、副業的なものとして流星組を結成し、世直し活動をしています。
攻略順は見つけられなかったので、あったら教えてほしいです。
私は、久史坊ちゃんから攻略しました。

キャラクタールート別ネタバレ感想

Attention

以降はネタバレ回避のため【ネタバレ】ボタンを設置しています。
クリック・タップするとネタバレ感想が開きます。
閲覧後の苦情等はご容赦ください。
よろしくお願い申し上げます。

共通章

ものすごく長いです。
あらすじに「いつもの日々が続く」とありますが、共通章全体がほぼほぼこれです。

主人公が奉公に出て、攻略キャラや町の人とお話して…。
面白いくらい何も起きなくて平和でした。
主人公と攻略キャラは以前から面識があるのですが、どうやら関係性はある程度シナリオ外で形成済みで、この章では攻略キャラ同士が知り合いになっていくみたいです。
主人公とは…?

そして、流星組の話もちょくちょく出てくるようになります。
「なんでこの6人が~」とも言いましたが、個々に前流星組に何らかの関わりがあったからだそうです。
主人公が父の死の真相を知りたがったのをきっかけに結集します。
ハイカラ流星組については、ゆるい影の自警団のような存在で、人々を助けるために悪を捕らえるのが仕事です。
先代のように人殺しと罪を犯すことは禁止。

主人公ですが、プレイしてみるとちょっと世間知らずだなと思うところは、生まれが裕福な家で箱入りだったから~とそれっぽい理由で自分を納得させてます。
しかしよ、仕事中の寄り道が多すぎるのは擁護できません!
丁稚1・2が正しいです。
ハイカラ流星組の仕事も大丈夫でしょうか…。
危険がある世界に入ったのに呑気ですし、正義感というかノリでハイカラ流星組になった印象が否めません。
他にもツッコミどころ満載で、つっこんだら負けではないかと思います。

久史ルート感想

南条
参照:https://twitter.com/haikara_otomate

わがまま坊ちゃんで家族とも仲がいいとは言えない我の強い子です。
バイオリン奏者を目指して音楽学校に通っていますが、家族ともめて主人公と同じ長屋(お隣)に住まうことに。
父が元流星組だったことから、現在の流星組に参加します。

坊ちゃんは早くからけいちゃんにその気がありましたね。
けいちゃんは鈍感なので、期待した気持ちが返ってくるのはほぼ終わり際になりますが…。
「お前が必要」とまで言われたらさすがに気がついてあげて!
本人は恥ずかしくて頬の色変わってました。

でも、恋愛過程があまり無いのでなんで好きになったのかは双方ともにパッとしないです。
(奉公に来た)4年前から知ってて、だいぶ長い間坊ちゃんが片想いしていたようですけど。
もうちょっと心情の変化を具体的に描いて欲しかったです。
結婚の話も急に出てきましたし、なんなら同情とも取れる状況で切り出しましたし、プレイヤーは置いてきぼりでした。

そもそも坊ちゃんは、ハイカラ流星組の仕事でも私生活でも辛辣な物言いも多くて。
邪魔、役に立たない、等々貶されます。
好きな子に対しての天邪鬼にしてはキツいし、本当に長い間好きなんかな~という印象でして…。
注意と心配を好きゆえに素直に表現できてないだけだったと思っていいでしょうか…!
(わからないので憶測です)
おいしい属性なのに扱いきれてないですよね。
まぁ、けいちゃんが迂闊なので、坊ちゃんの言い分が至極ド正論で否定の余地はないんですけどね。
危ない目に遭ったら結局坊ちゃんが助けてました。

ハイカラ流星組の活動では、依頼をこなしている中で父親の死の真実にたまたま近づいて、1人の政治家にたどり着きます。
それからさらに、ハイカラ流星組の中に内通者がいる話まで出てきます。
この政治家が権力を使って警察を動かすもんだからほんとうに厄介でした。
賢さんが裏切り者に名乗り出たんですけど、探り合いの収束の為で、方便だったって事でいいのかな?
誰が裏切っているのかわからないまま、対処とか特になくハイカラ流星組の活動続けてたし、裏切り者をどうしたかったのか不明でした。

終盤は急ぎ足すぎて何が何だかわからなかったのですが、最後のED直前で坊ちゃんが誰かに刺される場面があって、それが衝撃的だったのは覚えてます。
バッドエンド無いって聞いていたので、焦りました。
刺した人は不明だし、言及もないし、結局犯人野放しで終わってしまいましたが。
この刺されるまでの終盤の場面、言いたい事が大量にあって書ききれないので簡素にしたんですけど。
本気でツッコミ所と謎しかなかったです。

風呂敷を広げるだけ広げて終わったので、他ルートに繋がって解決されるものであって欲しいです。
父親の死の真相もまだまだ見えなかったです。
あと、めちゃくちゃ気になったことがあって。
例)夜会で、折角だから踊ろう!の流れ→暗転次の日
その先を見たいというところで謎の場面切り替えをされるのでシナリオがぶつ切りに感じます。
踊るシーン等はいくらでもスチルを差し込めると思うんですけどね…。
何回クイックロードしても次の日にしかならなかった…残念。

楓花ルート感想

楓花
参照:https://twitter.com/haikara_otomate

歌舞伎役者で女形(おやま)役をつとめています。
学校に通わず、子どもの頃から閉鎖的な環境で育ったため、同年代の友人は主人公だけです。

どうやら共通章に追加される部分は、クリアしたキャラの詳細が一部加わる、みたいですね。
追加された部分の方が、ダラダラと個別ルートで足踏みするよりそのキャラがなんで流星組に参加したか、簡潔で分かりやすかったです。
どうしてそんな現象が起きるのやら…。

さて楓花ルートです。
まず楓花はれっきとした男性です。
…良かった、男でした。
本人は男という自覚がなく、女として生きてきました。
しかし、本物の女である優香やけいちゃんと成長スピードが違うことやよく外に出るようになったことで男なのだと気づき始めます。

最初は男であることを指摘されると否定して落ち込んでいましたが、個別ルートになるとけいちゃんへの気持ちの面から自分から「男だ」と言うようになります。
ハイカラ流星組の前で暴露した夜の場面がなかなか面白そうだったので続きが見たかったです。
(ぶつ切りにあいました)
けいちゃんを友達と思っていた好きの気持ちが女の人を「好き」な気持ちになっていくのですが。
具体的な心の描写はないのですが、楓花から段々と男の部分が見えてくるし、男っぽくなっていくのでそれに合わせて…という形で進んだのかなと思います。
断髪や一人称「僕」等いろいろあるんですけど、声変わりが凄かったです。
声優さん本当に凄かった…!

ただ、色恋はこれから始まるという感じでした。
けいちゃんがまだ男としての楓花を好きになってないのでね。
ハイカラ流星組の方は、やっぱりけいちゃんの父の死に関係ある政治家を追うみたいですね。
に乃屋という呉服屋で隠語を使って大金を動かしているところから五世木議官が浮かび上がる流れは坊ちゃんルートと同じでした。
ちなみに、ハイカラ流星組の情報を流していた内通者は賢さんが雇っていた針子さんでした。
だから賢さんが坊ちゃんルートの時に前に出たのね。

しかし、その先がえげつなかったです。
けいちゃんの父親殺しは五世木で確定。
さらにこの人、自分が孕ませた芸者を2人目の妾として楓花の家に嫁がせたらしいです。
そして生まれた子どもが楓花と優花…つまり、五世木がふたりの実父です。
ゲスも極まってますね。
ハイカラ流星組は殺しをしないので、五世木の罪を暴くだけで、本人は隠居して虎視眈々とこちらを狙っているので心地悪かったです。
けいちゃんの父親を殺した理由はまだわかりませんでしたが、真相には一歩近づいたのでひとまずホッとしてます。
楓花のお家事情はかなりドロドロでキツかったですね。

最後の最後に楓花を守るためにけいちゃんが自ら毒を煽る場面があったりします。
発端は、楓花を邪魔に思っている1人目の妾・マツさんなんですけど。
五世木が連れてきた妾に立場を奪われ、窮屈な思いをしていたのは可哀想ですが、家族外の人をわざわざ巻き込まなくても…と思いました。
それにしてもこの作品は、ED間際に誰かが死にかけるのがテンプレなんだろうか…?
あとこのルート、楓花は男であること前提で進みますが、スチルがいくつか女の格好のままで出てきます。
プレイヤーも、楓花を男と確信できてから出てきますが、絵だけ見ると百合なので極度に苦手な方は危険かもしれません。

賢ルート感想

賢
参照:https://twitter.com/haikara_otomate

近所の龍守神社で行き倒れていたのを助けたきっかけで知り合います。
現在は、銀座で洋服屋を開業し、時々長屋に顔を見せに来ています。
流星組に依頼をして成敗してもらった過去があります。

賢ルートはけいちゃんが大人の男に振り回される感じでしたね。
気持ちの面で、お互いにいつどこを好きになったかわかりませんでしたし、正直色恋と言うよりは利害の一致みたいな…?
甘えてみたり、突き放したり、未練をみせてみたり、それでも嫌悪は無い相手?
賢の方が上手なので、こちらからは利用しているようにも思えました。

けいちゃんも賢の気持ちを考えてではなく、自分が賢を好きだから好きな人には幸せでいて欲しい、と自分都合で立ち回っている印象でしたね。
私がそう見えただけで、本当は違うかもしれませんが、相手の気持ちを思いやっていると感じられなかったんですよね…。
1番ないわと思ったのは、感冒になったときにキス(水の口移し)したシーン。
この時代のキスってかなり重要な行為ですよね。
周りからもいろいろ言われる中、賢が結婚出来ない発言した時はSwitch投げました!
お嫁に行けないよ!
ぶつ切りされてノーコメントでしたけど、そういえばけいちゃんも危機感ゼロの子でしたね…。

ハイカラ流星組の活動は、このルートではけいちゃんはほとんど関わりませんでしたね。
むしろ最後は依頼者側に…。
桜小路家という賢の親戚の闇に迫る内容なので、けいちゃんの父親の死の真相についてはそっちのけだったんですけど。
まぁこの家にも五世木が関与していたのは言うまでもなく…です。
賢はハイカラ流星組の情報を五世木に流している内通者が銀さんか徳さんではないかと目星を付けていていました。
凄く疑り深い人なので、独自に調べるんですがたどり着けず。
流れからして徳さんが怪しいんですけど、どうなんでしょうね。
そういえば、楓花ルートでは内通者は針子だったはずですけど、ルートによって変わるんですかね?
針子に疑いを移したとか…?

とにかく情報を取られているので、成敗が失敗して一員の身が危険に晒されたため、依頼人のけいちゃんだけを神戸へ逃がします。
ここはびっくりしましたね。
しばらく主人公そっちのけでバンバンお話を進めていくし、終わる間際までずっと賢視点だったので、さすがにけいちゃんが不憫でした。

恋愛の方も、最後に再会した時に好き同士ですよ~って感じでしたが、そんなに接近した関係になった描写は無かったので困惑しました。
説明も上手く出来ない…途中で好きだけどここまでにしますみたいな会話もあった気がするけど…?
もはや恋愛部分は省いてハイカラ流星組に振り切った物語でも良かった気がします。
イライラしないので。
ん…?
私も私で乙女ゲーになんて事を望んでいるんだか…わけがわからなくなってきました( )

銀之助ルート感想

銀之助
参照:https://twitter.com/haikara_otomate

過去に流星組への依頼の選別役していたそうです。
けいの父であり流星組頭領・信平の遺言を受け、けいと母親を見守るために同じ長屋に住んでいます。
ハイカラ流星組では作戦の立案役です。

銀さんルートは色々と情報量が多かったです。

まず、けいちゃんの姉弟。
銀さんの教え子に藤樹修蔵という14歳の男の子がいます。
実家が成金(呼ばわり)で有名ですが、そこがけいちゃんの生家でした。
家は弟夫婦が継いで、けいちゃんの姉・ハツと修蔵はそのまま藤樹家で育ちます。

けいちゃんは知っての通り、母と長屋暮らし。
最初は腹違いかも、と妄想してましたが、良かった、違いました。
実家の方が酷くて、修蔵君は心が乏しく育ってしまったのですが。
けいちゃんと実母と関わるようになって、心が豊かになっていったのはとても良かったです。
途中から段々と声が弾んでました。

父親の死の真相にもあと一歩のところで近付きます。
五世木との内通者も判明します。
銀さんが事の顛末をなん手も先まで読んで頭脳戦って感じで(詳細の描写は無いです)
かなり捨て身で動いてくれて、銀さんひとりで全部明かせそうな勢いでした。
その結果、銀さんは真相を知りましたけど、彼のさじ加減でプレイヤーもけいちゃんも教えてはもらえませんでした。
徳さんルートに持ち越しか…。

恋愛面ですが、銀さんも以前から主人公を好きなので細かい恋愛過程は描写されません。
どのルートにも言えますが、本当にこれが重罪です。
銀さんルートは、普段なら「萌え!」なシチュエーションもたくさんありましたが、キャラの心情がわからないので盛り上がれませんでした。
ゆり子が好きなパターン入ってたんですけどね…もったいない…。

それから、結婚観が謎でした。
けいちゃんは、結婚せず、長屋で母と暮らし、ハイカラ流星組の活動をし、銀さんとも知り合いのまま…少しでも長く現状維持をしたいと思っていて。
一方の銀さんも、けいちゃんの父親の死の真相解明を優先で、いつ結婚できるかわからない状態です。
でも急に後半に、銀さんがけいちゃんの縁談を無理矢理破談にして、そのまま許嫁のポジションをゲットします。
破談させるくらいけいちゃんが良くて、けいちゃんも銀さんが破談にしてくれるのを待ってて。
そこまでやるのに、双方ともに結婚は後回しにしたいと思うのは何故なのか、理解できなかったです。
恋愛感情の移ろいがわからないから何か思いついても個人的な妄想止まりです…。

そしてまた急に「全てが片付いたら結婚しよう」みたいな風向きになるんですけど…。
確かに、最終的に銀さんは真相を知ったので、有言実行で結婚しようの流れ…これはわかります。
でも、けいちゃんは真相秘密にされたままだけど、いいの?
銀さんが知っているから後で聞けばいいみたいな発想?
それとも前言撤回で銀さん>真相になったの?
…けいちゃんの思考が、考えても考えてもわかりませんでした。
今回もモヤモヤしたままEDをむかえました。

そういえば、銀さんまでも婚前のお手付きキスしたんですよ。
結婚は後回しだ~の流れでまたSwitch投げそうになりましたが、今回は耐えました!
でも、暗転した時に自分の物凄いしかめっ面が画面に写っていましたけどね(苦笑)
あと、私の説明が下手なので合間に入れられませんでしたが、このルートでは常良さんという頼りになる銀さんの友人が外せません。
銀さんが、手が回らないところを補ってくれるおいしいキャラです。
ハイカラ流星組以外の所では何度も助けられました。
いなかったら色々成立しなかったと思います。

徳治郎ルート感想

徳治郎
参照:https://twitter.com/haikara_otomate

町の俥夫で、主人公と同じ長屋の住人です。
黄味丸という雌犬を飼っていますが、性別を間違えて名付けてしまったようです。
銀と同じく、過去に流星組へ依頼を届ける役をしていました。

うーん。
一番最後に一番感情がわからない人がきて大変だった印象です。
そして、モヤモヤしたまま終わりました。

徳さんは、銀さんと同じことをしているようでいて、けいちゃんを守ること=監視すること、みたいに裏の意味があって、五世木の駒として動いていました。
五世木が徳さんの義父だそうで、恩義があるのはあるんですけど、徳さんの行動理念は恩義への感情ではなく、五世木による刷り込みや洗脳から来る「五世木が絶対」という摂理が大元みたいです。
なので、けいちゃんが害を被ることも、ハイカラ流星組の情報を漏洩することも、命令があれば人を殺めることも、何をするにしても善悪も罪悪感も無くて…所謂人形状態です。

でも、けいちゃんを見守り(監視)していて、自分のやっていることに迷いが出て、五世木の言いなりの自分をどうしようもないからSOSを出したり、信じて欲しいと言ってきたりします。
SOSの出し方もね…依頼の絵馬細工してるからハイカラ流星組の妨害行為なんですけどね。
迷いの元になるのがけいちゃんを好きになったことっぽかったのですが。
好きになっても裏切りは続けてて、でもけいちゃんを守りたい部分は信じてほしくて。
二律背反な状態を本人すらよくわかってなくて、色んなことがちぐはぐしてました。

本人も認知できないレベルの深層で申し訳ない感情が湧いていたと思いたいです。
諸悪の根源は五世木で、徳さんは被害者なのはわかっているんですけどね。
知らなかったではキツいと思います。
「好き」も心情を推し測る材料が乏しいので、ゆり子は凄いこと言い始めたなという気持ちでみていました。

徳さん自身の現状もハードな問題なのに、(徳さんやけいちゃんにとって)未知の感情を物語終盤に出して風呂敷広げるのはやめといたほうが…と思いました。
一応、けいちゃんは終盤には徳さんの事を好きになっているので、徳さんのために自発的に五世木と離縁できるようにハイカラ流星組に協力を仰ぎます。
…坊ちゃんも言ってたんですが、父親の死の真相を知るために集まったんですよね?
真相ルートの最終章で徳さんを救おうにすり替わってしまって、もう何がなんだか…。

結局は、徳さんにけいちゃんを殺人未遂させるショック療法みたいな感じで目を覚まさせたんですけど、収拾がついた終わり方ではなかったですね。
五世木は成敗しきれませんでしたし。
ちなみに父親の死の真相は、世直し成敗について父親と五世木の意見が合わず、五世木を除け者にして流星組を作ったことに五世木が拗ねて、徳さんを利用してけいちゃんの父親を殺した、でした。

…お気づきでしょうか。
父親殺しへの関与と自分を殺そうとした相手を好きなんですけいちゃん…。
そして徳さんは無自覚なうちに標的にしていた人の娘が好きなんです。
いいのでしょうか。大丈夫でしょうか。

あとがき

一応、プレイし終えました。
真相は明らかになったんですけど、モヤモヤしますね。
他にも、いまいち共感できないヒロイン、ハイカラ流星組を扱いきれていない、当初の目的はどこへ行ったのかなど、個人的に最後まで微妙な感じのままのものが多いです。
愚痴のような感想になってすみません。

次は評価を書きます。
あと一回お付き合いしていただけますと幸いです。
ではまた次回👋

いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

2 COMMENTS

アバター ゆり子

SECRET: 0
PASS: 833a2215201e5cadeddef7d5519f7b90
はじめまして、こんにちは。
コメントしていただきありがとうございます!
たくさん記事を読んでくださったようで大変嬉しく、恐縮でございます。
私の場合は、ハイカラ流星組はなかなか辛口の感想となってしまいましたが、かな様がプレイする際の足しになれば幸いです。
とはいえ、この感想に囚われすぎず、プレイを楽しんでくださいませ!
また、ビルシャナの感想もありがとうございます。
ご検討に使っていただけて嬉しい限りです。
個人的にはとてもオススメですので、ビルシャナを好きな仲間が増えるといいな、と思っております!
拙い感想ですが、これからも頑張って書きますので、是非また遊びに来てください!
お待ちしております。

返信する
アバター かな

SECRET: 1
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ハイカラ、お疲れ様でした。
これからプレイするのでリアルな感想を知ることができてとても参考になりました。
私も心を強く持ってプレイしたいと思います!
ビルシャナは購入してないのですが、こちらの感想を見て購入しようと思いました。
色々とありがとうございます。
これからも応援しております!

返信する

かな へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。