Welcome to my blog

DAIROKU:AYAKASHIMORI(第六妖守)|初回 感想

ゆり子



こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、ボタンぽちとスタマイの記事に拍手して頂き感謝です!

はてさてちょっと横道にそれて、最近暑くて寝付けず、寝不足続きのゆり子です。
私のお部屋がそれはそれは暑いんです。
熱さまシートで我慢していたのですが、2日前に冷房を解禁してしまいました。
…電気代つきますけど、背に腹は代えられないので!
ゆり子のような方も皆様も、くれぐれもご自愛ください。

そして今朝、やーっと「DAIROKU:AYAKASHIMORI」が手元に届きました。
もう2、3日かかるはずだったのですがラッキー!
早速始めますね。


※attention辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。




プレイソフト


▽DAIROKU:AYAKASHIMORIプラットフォーム: Switch/Switch Lite
メーカー:アイデアファクトリー
発売日:2020年5月28日
公式サイト:https://www.otomate.jp/d6/


▽プロモーションムービー



▽オープニングムービー




ゲーム概要


あらすじ


妖怪や幽霊と呼ばれる通常見ることが出来ないモノが見えたことで国家公務員への道が開けた!?

しかし、彼女が配属されたのはその存在を秘匿された部署――

政府直轄特殊庁第六特別対策室
通称:妖守(アヤカシモリ)
政府内でも知る人の少ないその部署は、人ならざる者=妖怪に関する事案を扱う特殊な場所だった。

サクラタニと呼ばれる異世界が彼女の職場。
不思議だらけの隠世で妖たちを統括・管理する生活が始まる。


公式サイト様からの引用です。



システム


いつものオトメイトさん仕様です。
主人公はデフォルト名だと音声ありで呼ばれます。
アイキャッチ有り。
ステータスでは、好感度と熟練度が表示されます。
フロートチャートなども完備されています。

ダイロクの特殊機能としてMAPと戦闘があります。
MAPは選択したキャラクターとの会話が楽しめます。
また、MAP内で「鎮圧」を選択すると戦闘が発生します。
クリアタイムによって評価が付き、熟練度が上昇します。



プレイ雑記


待ってました!
アンシャンテをプレイした時に、人外もなかなかいいと思ったのでこちらも買いました。
ツイッターのフォロワーさんに隠しキャラはいないと教えていただいたの以外は公式ブログや雑誌の情報はできるだけ見ないで今日まで来たので、未知の部分が多くてどういう物語なのか楽しみです。

あらすじの限りではヒロインは国家公務員として異次元に出向している感じです。
メインヒーローの瀬見さんは今のところ人間、残りの攻略キャラは妖怪です。

キャラの紹介文を読んで、いつもは闇や裏を感じそうなものも今回はその気はないですね。
健全な形で受け止めてます。
妖怪が関わる時点で平々凡々な日常ではなさそうですけど、どうなんでしょうね。
前回のレンドが相当しんどかったので、個人的には平和上等、です!

気になっているのは、瀬見さんと白月です。
瀬見さんは最初から攻略できるのでしょうか?
メインヒーローって最初か最後に攻略するの2択が多いと思うんですけど…。
うーん、瀬見さん最初にしましょうか…?
無理でしたら白月からで。

本当に情報量少ない状態なので、無茶苦茶言ってたらすみません!
いつも通り楽しく進めていきます。


次回からは個別感想です。

では👋





いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply