お引越し中

関大輔 第1章感想|スタンドマイヒーローズ

こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。

さて、ダイロクをプレイする予定でしたが、到着が遅れるので届き次第始めますね。
それまではスパロボとスタマイをやります。
エビデンスが少したまったので、気になっていた関さん第1章を解放しました。
本編はまだまだ途中なんですが…関さんを落としに行きます!
待てません待ったなし。
スタマイ新参者で色々と詳細が分かりかねている部分もありますが、温かく見守っていただければ幸いです。
では、感想をどうぞ。

Attention

以降はネタバレ回避のため【ネタバレ】ボタンを設置しています。
クリック・タップするとネタバレ感想が開きます。
閲覧後の苦情等はご容赦ください。
よろしくお願い申し上げます。

第0章 プロローグ(マトリ)

由井さんが薬効体質の主人公を見つけ、関さんがマトリにスカウトするところから始まります。
保護の名目なんですが、資格もあるのでマトリの一員になったんですね。
で、危ない組織に連れていかれてはいけないので、護衛兼教育係として、誰かとペアを組むことになります。
選択権はもらえるんですけど…

青山…職場まで徒歩3分 シェアルーム
由井…主人公の所に引っ越してきてくれる
夏目…訳あってホテル暮らし
今大路…横浜でちょっと遠いけど、近所に賃貸借りる
関…同じマンションのお隣さんになる
渡部…港区の賃貸で同じ階

凄い条件ですよね。
青山、由井は同居?
夏目くんに至っては意味不明です(笑)
ここで選んだキャラのルートに入ることになります。
(1章からはエビデンスが必要です)

関大輔編感想

第1章 理想の上司

関大輔のアイコン

Story:13話+ED2つ
Still:3枚
Evidence:34000

あらすじ

「2人とも、俺が殺した」
朝起きたら、独身主義で誰もが憧れる上司のベッドの中!?
優しくて完璧なカレには、どんなに背伸びをしても届かない。
でもそんな上司の『本当の素顔』に触れたとき…
人生に一度だけの、運命の恋が始まる――

スタンドマイヒーローズ

本当に「理想の上司」まんまですね。
部下のことよく見ているし、仕事の重責をまず自分に置いてるし、上にも屈しないし。
合気道の達人で、キャリア官僚で、優しくて、イケメンで…完璧すぎます!
こんな人いないけど、もしいたら絶対毎日どんな仕事でもこなせますね。
主人公がファンになりかけた気持ちが凄くわかります。

と、マジレスは横によけて…。
関さんって知れば知るほど謎が増えると言いますか。
シナリオ内で渡部さんが言っていた「近づくほど遠い存在に思える」っていうのがとても的を得ている人でしたね。
そりゃ話したくないよねって過去を2つも抱えていて、苦しいけど自分への戒めとして解放されようと思っていなくて…。
強いけど、悲しい人だなって印象でした。

昔、京都に住んでいて、グレていた時の友達が薬をやってしまって…。
それを何とか構成させようとしてくれた相談員の「おっさん」がいたんですが、関さんが薬に対して無知であったがために2人ともが死んでしまったんです。
それを知らなかったで済まさず、ずっと自分が殺したと思っているんですよね。
だから分け隔てないけど、裏を返せば他人と一定の距離を取っているんですね。
勤務時間外に青少年の薬物問題にも目を向けていて真面目な面も描かれていたのですが、自分がグレてたから素行悪な子たちの気持ちも痛いほどわかるって、自分の二の舞を踏ませにようにしてたのかな。

あと、グレいたのにも原因がありました。
関さん自身が名家の愛人の子らしくて、直系の兄より出来がいいから跡取りに推されていましたが、それが兄との確執になって今日までバチバチしてる状態みたいです。
あらすじの2人も殺したって言うのはお兄さんに向かって言ってたセリフでした。
本当に重いですよね。
たった一人の人間にどれだけのもの背負わせているんだか。

主人公はこれを徐々に知っていくんですが、全部がわかるのって物語のかなり後半です。
聞きたいけど聞けない。
「関さん」→「どうした?」→「いえ、何でもないです」→「そうか」
みたいな流れが幾度となくあってもどかしかったです。
でも、関さんも深く踏み込んできてほしくない空気感なので無理やり踏み込むなんて絶対できなくて。
ガード堅すぎ、難攻不落、テリトリー見えない…。
なので全貌に至るまでに、関さんの力になりたくて空回りしちゃうし、知らず知らずのうちに関さんの過去を責めるような言動もしちゃって…。
追い込んでは無い(ハズ)ですけど、図星を射抜くと困った顔や傷付いたような顔をする表現があったので、確実に関さんの心に刺さったよな…と思いました。

「無知で~」のくだりは関さん自身も同じ轍踏んでるし、全く主人公の事責めないんですよね、優しいから。
だから、主人公が関さんの本質を知る過程でファンではなくて、彼を異性として好きになった自覚が芽生えたのも納得できました。
過去は変えられなくても、こんなの知っちゃったらなんとかしてたいと思いますもん。
また、自分を思ってくれる主人公を引き返せないくらい好きになっていた関さんの気持ちもとてもよかったです。
関さんは主人公の好意に気が付いてましたけど、初めから距離感を違える気はなくて。
それでも、知りたい気持ちを抑えて自分をそっちのけで必死に力を貸そうとする主人公に思うところがあったのでしょうね。
大人な対応できなくなって最後は「参ったな…」って言ってましたから。
ずっともどかしかった分、惹かれ合った過程が考えられるようになった時、めちゃくちゃ胸アツでした。
関さんが他人との距離を詰めてもいいと思えたのは、その一途さに心打たれたから、だったらいいな…。

ゆり子も過去を知るまで関さんが「ハハッ」って軽く笑うところがミッ〇ーマウス似だとか呑気なこと思って本当にごめんなさい。
むしろ私が不謹慎レベルMax。猛省です。
とにかく、上司と部下の壁と他人としての距離感をずっと感じる状態で、関さん自身に主人公を気にしてるそぶりは感じましたが、なかなか進展しませんでしたね。
焦らされているとかそういう問題ではなく、これ恋愛始まるのか!って心配になりましたが、余計なお世話で良かった…。

核心を書いちゃったので蛇足ですが、終盤になると主人公を薬のモルモットにしようと狙う輩がアクションを起こしてきます。
この人の正体がまたね…。
割愛しますけど、まさかの知り合いなんですよ。
灯台下暗しで悪が潜んでいたとか…そりゃ主人公を守る必要があるわけです。
連れ去られて、所在が誰にも分らなくなるんですが、関さんがいの一番に駆けつけてくれます。
スタンド「マイヒーロー」ズってまさにこういうことなんだろうなと思いました。
助け方がピンチに駆けつける正義の味方なんですよね。
そしてピンチでも大人の余裕がしゅごい…。
本当に惚れ惚れ、かっこよすぎました。

そして、犯人が証拠隠滅のために放火するんですが、誰も死なせないのと事件の真相をもみ消させないために関さんが火の中に飛び込んじゃうんです。
関さんは過去の過ちから無意識に死に場所を探していた感じが否めなくて、行かせるわけにはいかない気持ちになります。
その土壇場に先述した恋愛の部分が一気に明かされるんですけど、上手く書けなくて申し訳ないです。
スチルも出て関さんの本心も聴けて、帰ってくる約束もして…ここの盛り上がり最高でした。
過去ばっかりみていたのに「これから」の約束ができたんですもんね。
でも、制止を振り切っちゃうあたり関さんて罪な人だとも思いました。
あ、もちろんうやむやにならずちゃんと帰ってきましたよ。
よく落とせたよ主人公。

シナリオ中に萌えるシチュとかも結構あって、ゆり子はお隣同士ベランダで晩酌や会話してるのが大好きでした。
ビールいいな…ゆり子も好き…。
主人公の防犯上、関さんの隣室に住んでるんですけど、色んな意味で優良物件ですよね。
ハピエンもベランダで…でした!
あと、菩薩顔のままで戦ったり、取り調べしたりしているみたいで。
怖いもの見たさに、是非そのスチルも見てみたいですね。
エグそうですけど(笑)
ネタバレ感想は以上です。

クリア後の評価

【 糖 度 】3 out of 5 stars(3)

【シナリオ】4.5 out of 5 stars(4.5)

【スチル】4.5 out of 5 stars(4.5)

一言:難攻不落の大人の上司との恋の行方を堪能してください!

なんかすごい…。
スタマイってアプリですよね?
いえ、アプリとCSを比較したいわけではないのですが、無料でも見ることができるものなのにでーれー丁寧に作られているし、何よりストーリーが面白くて吃驚しました。
キャラクターは天が二物も三物も与えていて、ザ・二次元なんですが、扱う題材はやけにリアリティーがあって、結構真剣に読んでました。
気が付いたら投影しそうになってるし(笑)
ちょっとだけ二次元と三次元が混同したような気分になりました。
本当に混ぜたりはしないですけどね!

オススメしてくれたお友達が熱弁してたわけをやっと真に理解できた気がします。
とにかくゲームのクォリティーがめちゃくちゃ高いです。
うん、より一層ハマりそうです(確信)
またエビが貯まったら次のストーリーを読みたいと思います。
朝霧さんも気になっていいるので、次は彼になる可能性が高いです。
お楽しみに。
ゆり子も楽しみです。

ではまた次回👋

いつもありがとうございます。
良ければ司さんをポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。