お引越し中

レンドフルール(Vita版)|評価

こんばんは。
いつもご訪問頂きありがとうございます。
また、やる気ボタンをたくさん押していただき感謝したします。

とてもとても励みになりまして、しんどかったレンドフルールも無事コンプできました。
トロフィーもなかなか見つからないものもあって、色んな意味で困難なゲームでした(笑)
早速ですが、まとめに入りますね。

レンドフルールとは

レンドフルール
参照:https://www.otomate.jp/reinedesfleurs/
プラットフォームVita
メーカーオトメイト
発売日2015年8月20日
CEROC(15才以上対象)
シナリオいわた志信
イラスト薄葉カゲロー
キャスト興津和幸/浪川大輔/近藤隆/KENN/杉田智和/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/reinedesfleurs/
敬称略

かつて、滅びかけた世界に手を差し伸べた、ひとりの女神がいた。
女神は彼女に従う4人の騎士たちと共に、荒れた地を癒し、摩耗した命を育む力【グラース】によって世界を救った。
以後、眠りについた女神の意思は、女神の依代【レーヌ】と、地上より選ばれた4人の騎士たちによって受け継がれ、世界は女神の恩寵を受けながら発展を遂げていく。
しかし、ある時を境に、代々受け継がれていたレーヌが空座となる。
グラースの供給は滞り、世界は再び闇に包まれようとしていた。
そしてようやく誕生したのが、次代のレーヌ――ヴィオレット。
彼女は慣例に従い、女王の騎士となる4人の騎士たちを選出する。
しかし、長い空座の影響か、彼らの心はレーヌとの絆を拒んでいた。
世界にグラースを供給するには、騎士たちの協力が不可欠である。
ヴィオレットは彼らの信頼と忠誠を得るため、動き出す――

レンドフルール公式サイト

クリア後の評価

【糖度】★★★☆☆(3)

【音楽】★★★★★(5)

【キャラ】★★★★☆(4)

【シナリオ】★★★☆☆(3.5)

【イラスト】★★★★★(5)

【総評】★★★★☆(3.8)

Attention

ゲームの核心に触れる内容は控えていますが、説明上軽度のネタバレはあるかもしれませんのでご容赦願います。
特にまっさらな状態でプレイした方は以降の閲覧にはご注意ください。
よろしくお願い申し上げます。

糖度 3 out of 5 stars(3)

糖度は普通ですね。

恋愛過程や信頼度は良くも悪くもラヴィールシステムありきの展開です。
選択肢が絡んでいるのもありますけど、意見交換なり議論なり、集めた情報を使うなり、ラヴィール内の会話から相手を知り状況を見つめるみたいな感じでした。
情報収集が本人ではなく周りから聞いてくるパターンは、かわいい暴露話とか会話の糸口はそれでいいのですけど、重要なことは本人に直接の方がよくないか?と思いました。

攻略キャラクターは、ヴィオレットのイメージが最初と変わったり、見直す点を見つけたりして、印象が変わっていくので、その間に好きなところを見つけたり本当に好きになったりしてとてもよかったです。
反対にヴィオレットだんだん好きになっていくより、いきなり恋愛脳に駆られたようになっているルートもあるので、あまり深みがなかった印象です。

恋愛ができても、EDがご都合主義とはいかないシビアなものもあるので、甘さ半分辛さ半分。

総合的に見て、良し悪しの真ん中の★3が妥当かなと思います。

音楽 5 out of 5 stars(5)

このゲームの音楽はめっちゃ好きです。
バロッククラシック風のBGMが豪華で、盛り上がりが素晴らしいです。
特にメインテーマの 「Fleur De Fleurs」は壮大です。
オケの音色が染みわたります。
ヴィヴァルディっぽいのですけど、気のせいかな…?

あと、ギスランが弾いていたピアノ曲「月蝕」がとてもかっこいいです。
譜面におこしているのをお見かけしたので、頑張って弾いてみたいです。

OP、ED、挿入歌もフランス語の歌詞が入っていて、作品の雰囲気にばっちり合ってました。
特に挿入歌のタイミングが最高です。

キャラクター 4 out of 5 stars(4)

主人公は、見目麗しいお姫様。
女神の依り代っぽく慈悲深く神聖なイメージです。
ちょっと現実離れしているので教官はしにくいかもしれません。
攻略キャラクターと出会った後からは、人間ぽくなっていくし、ただのお人形感が薄れていくのがいいと思います。

攻略キャラは女神の依代に仕える騎士ということですが、正統派や忠誠心が高い人もいれば、型には収まらない人もいました。
特にルイは見た目だけの正統派(笑)
胡散臭いユベールと舌戦を交えるほどいい性格してます。
一番騎士らしいのはギスランかな。
忠義ならレオンも負けないですけど彼は忠犬っぽいです。
オルフェは癒し枠でしたね。
一応、ラブロマンスのような姫と騎士の甘いシチュもあり、キャラの華やかさも最大限生かされてました。

そして実はサブキャラの四蝶も熱いです。
騎士たちの配下なんですけど、お世話+教育係みたいなものです。
裏波がいいキャラしてました。
浅葱ちゃんに一途なところも良き。

ゆり子の推しはギスランです。
騎士の鏡のような人でした。
そして厳しく不器用で優しい…そんなの好きになるに決まってます!

各ルートのネタバレ感想はこちら

シナリオ 3.5 out of 5 stars(3.5)

1人目が共通含めて4時間ほど。
加えて全てのEND回収にも4時間くらいかかりました。
2人目からはひとり6時間くらいの時間です。
各キャラLoveENDが1つ、忠誠ENDが1つ、BADENDが複数ありました。

シナリオの雰囲気は、歌わないオペラのような、舞台のような感じです。
主にセリフ回しと演出、場面転換でシナリオが成り立っている気がしました。
個別ルートが短く、ヴィオレットと騎士の恋の過程など、細かい心情は描写が少ないです。
その分、物語はスラスラ進んで滞りがないですが、人間関係の変化や過程重視だと物足りないと思います。

ヒロインと騎士が重い使命を背負っていることから、かなりシリアスなシナリオです。
休み休みプレイするくらいにはしんどかったです。
必ず何かを犠牲にする選択を迫られるので、全て円満解決のような理想ENDはありません。
ご都合主義の奇跡などは起きない点、ゆり子は好感がもてました。
選んで得たもの、失ったものを噛み締める…そんな物語です。

攻略順は次の通りです。
レオン→ギスラン→オルフェ→ルイ→ユベール
公式様の奨励順なんですが、これでしっくりきました。

個人的におすすめはギスランのLoveENDです。
萌え転がりました。

イラスト 5 out of 5 stars(5)

薄葉カゲロー先生が担当されています。
細かいところまで描かれた、透明感のあるキャラクターたちがとても綺麗です。
また、背景も幻想的な感じで、パルテダームの神聖な雰囲気が余すことなく表現されていたと思います。
スクショする手が止まりませんでした。
スチルはひとり16~18枚(差分を踏むまない)

甘いシチュのものはまさにラブロマンスという感じで、素敵すぎてため息が出ます。
ゆり子はみんなの忠誠ENDでお目にかかれるスチルがお気に入りです。
美。
この一言に尽きます。

総評 4 out of 5 stars(4.1)

壮大な天上世界のゴシックロマンスです。

姫と騎士など、登場人物は一見華やかですが、その使命は重く、シナリオはかなりシリアスです。
円満なハピエンは存在しません。
必ず何かの犠牲の上に成される愛や忠誠を見届けなくてはなりません。

また、ラヴィールという特殊なシステムがあります。
通常の選択肢よりも幅がとても広くなるので、乙女ゲーム中級者以上向けかなと思います。

重いストーリーやメリバがお好きな方にオススメです。
美しく、ちょっとだけ暗いラブロマンス、挑戦してみてください。

以上、レンドフルールの感想でした。
めちゃくちゃ面白く、しんどかったです。
確実に万人向けではないですね(笑)

次はどうしましょうね…休憩がてら軽めのものをプレイしたい気分です。
ではまた次回👋

いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。