お引越し中

VARIABLE BARRICADE NS(バリバリ)│ネタバレ感想

こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気ボタンをポチポチして頂き感謝です!

ゲームは予定通りバリバリを始めました、ゆり子です。
それでは早速バリバリの感想へどうぞ!

プラットフォームNintendo Switch各種
メーカーオトメイト(IF/DF)
発売日2020年6月18日
CEROB(12才以上対象)
シナリオいわた志信/浅木ゆず/佐々木麿
イラスト薄葉カゲロー/木壱
キャスト鳥海浩輔/岡本信彦/野島健児/下野紘/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/varibarri/
敬称略
プロモーションムービー
オープニングムービー

※OPはVita版のものですが、Switch版も同じです。

あらすじ

――出会って5秒でプロポーズ!?
名門東条家の一人娘・ヒバリの前に現れた謎の美家k男子たちは、彼女の天敵である祖父が差し向けてきた花婿候補だった。
ヒバリの勘は告げていた。
この話、きっと裏がある。
何故、今なのか。
そもそも彼らは何者なのか。
どう考えても怪しすぎる話に断固拒否の姿勢を見せるも、祖父の決定は絶対。
あれよあれよという間に別邸を与えられ、結婚を前提とした共同生活が始まった。
4人の男たちはあの手この手で彼女を口説き、婿の座を狙う。
めくるめく誘惑の日々の中、ヒバリは固く決意した。
絶対に落ちてやるものか、と――

VARIABLE BARRICADE NS公式サイト

システム

機能名有無
既読/未読スキップ・オートモード
クイックセーブ/ロード
バックログ
チャプター(√又は章毎の途中プレイ機能)
フロートチャート
選択肢又は未読箇所までのジャンプ×
ヒロインの名前変更
デフォルト名呼びボイス
ヒロインフェイス表示
ヒロインボイス
キャラクター立ち絵の動作(目パチ・口パク等)×
ステータス(パラメータ)画面
アイキャッチ
フォント変更×

基本的なシステムはいつものオトメイトさん仕様です。

バリケードボード
ストーリーはフロートチャート式の画面を選択しながら進めます。
共通ボードと攻略対象ボード、TRUEボードがあって、攻略対象ボードをクリアするとそのキャラとのEDに行けます。

バリケードバトル
ちびキャラによる主人公と攻略対象との攻防システム兼好感度のステータス画面です。
特に操作はいらない様です。
このバトルの為に理性値と恋愛値を選択肢にて上げていきます。
バトルの勝敗やEDは、この2つのパラメーターで決まります。
連携システムを使うと、バトルは飛ばせますが、ボードの進行順が固定されたプレイングになるそうです。

詳しいゲームの進め方についてはよくわかるバリバリがとても参考になります。

バリバリの場合、通常プレイするとシナリオ⇔ボード⇔LABI、WHISの間を行き来して攻略を考えつつシナリオを読まなければなりませんので少し大変です。
しかし、ある程度プレイヤーに自由度があり、やりがいがあります。
ですが、バリケードボードが一方通行で、クリアしたイベントをシナリオ中に再プレイできないです。
(セーブやタイトルに戻ればできます)

連続プレイでLABIやWHISはスキップ可能ですけど、それだとコンプはできないです。
普通にプレイしたら周回ものかなと思います。

Switch版の追加要素

Switch版からは追加要素があります。

  • フルオープン機能
    春日のファーストネームを入力すると、プレイせずともほぼ全てのコンテンツが見れるようになります。
    ゆり子は初プレイなので縁がありませんでしたが、Vita版を攻略済みの人向けで、とてもありがたい機能だと思います。
  • 新規シナリオ
    攻略キャラの恋愛EDのアフターストーリー、TRUE EDのアフタストーリー、新規のRABI・WHISが追加されています。
    一部フルオープン機能でも解放されないものもあります。
  • 新規スチル
    等身絵、ちびキャラ共に新規絵があります。
  • 連続プレイ機能
    バリケードボードのインターミッション無しで、決められた順にイベントが進められていきます(オートプレイとは別物)
    メリットは、ストーリーをスムーズに進められて、細かい攻略などを考えなくてよいことです。
    デメリットもあって、RABIやWHISが途中で読めないこと、プレイの自由度がないことです。

ヒロインと攻略キャラクター

システムは正直、習うより慣れろって感じです。
手近なところからボードを開けていけばシナリオは何とか進められます。

ヒロインのヒバリは見た目も中身も典型的なツンデレお嬢様です。
ヒバリ
執事の春日しか信用してなくて、求婚してくる4人にはツーンです。
ツンデレお嬢様、乙女ゲーのヒロインとしては高飛車すぎて賛否ありますけど、キャラクター性はとても好きです。
ツンデレは可愛い(しみじみ)

攻略キャラは4人、全員が無職。
「いや、絶対こんな男選ばんわ」っていうとんでもな肩書男ばかりです。
仕掛け人はヒバリの祖父です。
ゆり子は真面目なキャラの仕事ぶりに尊敬の念を持って、キューンってしちゃうタイプなので、ギャグ系じゃなかったらこのゲーム手を出してなかったかもしれません。
割と執事くんがストライクゾーンに入るんですけど非攻略対象です…。
残念!

キャラクタールート別ネタバレ感想

攻略は、一番気になる壱哉から攻略しました。
そして大我→汐音→那由太の順番で進めました。

Attention

以降はネタバレ回避のため【ネタバレ】ボタンを設置しています。
クリック・タップするとネタバレ感想が開きます。
閲覧後の苦情等はご容赦ください。
よろしくお願い申し上げます。

光森壱哉ルート感想

壱也
Profile

Name:光森壱哉

Age:26

Status:結婚詐欺師(未遂)

CV:鳥海 浩輔

理想の恋人然としていて、初対面から熱烈なんですが、ヒバリは一番苦手。
ひとりロミオ?ちょっと色々大袈裟です(笑)
年下の大我や汐音に押されることも多くて…弱気で優しいタイプです。

キザ男を極めてますが、ヒバリには通用しなくて。
ヒバリの理想が高いし、壱哉の愛情のベクトルは方向違うし。
需要と供給が噛み合ってなくて、ずっと空回りな2人でした。

紬とカズさんがアドバイザーでその他は荒療治の医者って感じで周りのフォローありきでなんとかなってるように感じました。
色んな人を巻き込んでいるのがコメディぽいと言えばそうかなと思います。
まぁ壱哉さんが自分のワールドに悦にいっておかしくなる所もあるんですけどね。
そんなこと言うと、メンタル弱いので泣かれそう(笑)

というか、この人本当に泣きます。
もうびっくりしました。
26歳の大の大人は泣かないなんて暴論は言いません。
でもまさかスチル付きでわんわん泣かれるとは思いもしなくて…!
泣くスチルの都度にそれまでの展開が吹き飛ぶくらいの威力はありましたね。

そんな弱い所にも理由があって、お兄さんがトラウマなんですよね。
よくある優秀すぎて比べられて…みたいなやつです。
(後で言葉足らず、意思疎通の齟齬だとわかりました)
そしてそのお兄さん「カズさん」が同居生活の原因でした。
実は、カズさんはヒバリの味方のフリをして、狙ってる相手の情報収集してたんです。
ちなみにこの人、合理的で効率重視の理系・サイボーグタイプです。

ストーリーが始まる以前に、カズさんがヒバリに婚約を申し入れていたんですけど、ヒバリのお祖父さんは反対で。
分家やら何やら周りの縁談ゴリ押しからヒバリを守るために攻略キャラ4人を候補に当てたらしいです。
要は政略結婚させたくなかったんですよね。
名家の当主なのに融通がきく人だ…。
全員を巻き込んで繰り広げられたヒバリの婿の座は、壱哉ルートなので辛くも壱哉のものにはなるんですけど。
うん、昼ドラかサスペンスか…シリアスなのかコメディなのか…どう捉えていいのかわからないような展開でした。

あと壱哉は自分を結構卑下する人なんですけど。
乙女ゲーのキャラとしてみると男気が足りないんですけど、リアルだと要所で引っ込み思案になるのあるあるだな~と思うととても人間臭いキャラだった気がします。
いい意味で。
結婚詐欺師?の汚名はハニトラにかかっちゃった感じで、ちょっとノーコメント。
薬を盛られたのはとても同情しました。

ただ、マジレスしますね。
壱哉に泣かれたところで冷静になってしまって、理由を知っても最後まで真顔でプレイしてしまいました。
ラブコメだと思っていたら、個別に入ったあたりから作風が変わったみたいに感じて。
紹介されていたイメージとかなり違うと思いました。
そしてそのギャップに現状ついていけてないです。

あとイライラが加速してしまったのが、まず、カズさんの「(壱哉の)愛人になれば」発言。
ドン引きでした。
そして、女子高生の人生で初めての恋愛に、早くしろ、もたつくな、タイムリミットはイヴだ、と無理やり時間制限をかけられて萎えました。
強制されて人を好きになれって言われてもすぐには無理だろう…。
乙女ゲームって恋愛過程を楽しむのも醍醐味のひとつなので、数字が出てきた瞬間、機械的に感じられて冷めてしまいました。
ヒバリがそれを覆すくらいしてくれたらスッキリしたのですけどね。
ゆり子にはこのルートは合わなかったです。
雑食で、どんなシチュにも萌えられる紬ちゃんになりたかった…。

初っ端からどうしようって感じですけど、はじめたからには一応全員クリアしようと思います。
フルオープンは使わず、ゲームはちゃんとやり遂げるのでどうかご容赦くださいますようお願い申し上げます(汗)

石動大我ルート感想

大我
Profile

Name:石動大我

Age:23

Status:ギャンブル依存

CV:岡本 信彦

典型的な俺様でいつも上から目線で発言をします。
一番精神的には大人びていて、面倒見も良かったです。
自由人なのでお嬢(ヒバリ)もかなり扱いにくそうです。

細かい事は気にしないし、適度なちょっかいもコミュニケーションですし。
これといって日常生活において常識を逸脱した感じは無いんですよね。
意外とすんなり行くかと思いましたが、大我はなんとお嬢の監視要員でした。
いわばお祖父さんのスパイ。
婚約すら前提にない候補者ですか…。
結婚詐欺師(未遂)の肩書きはこの人の方があっているような。
という事情があって祖父の目的、もっと言うとこのゲームの体裁がこのルートでわかります。
最後にプレイすべきかもしれませんね。
まぁそれはまとめまで取っておいて。

大我は上手く言い訳して逃げる描写が多かったんですけど、このゲーム男性が逃げるのがテンプレなんですかね?
汐音達に問い詰められると上手くかわしていくし。
ヒバリに対してもいいアドバイスするな~と思ったら落とされるし。
肝が据わってないのがやけにリアルでした。
誤魔化すの得意な人いますよねぇ…(遠い目)

しかしだ。
成人男性が未成年女子に向かって下ネタはアウトじゃ。
まだ付き合ってもない状態でしたしね。
完全なセクハラ発言していたのでこの辺りは無理な人は100%無理だと思います。
ちなみに胸の大きさと反応するかどうかとおみ足、です。
ヒバリは上げられるとチョロ…おっとっと、初心なので許してましたけどね。
この時点で大我へのハードルは下がってますよね。
本人が気にしないのならそれが一番です。
…超第三者視点だ私(笑)

対する大我も、笑顔が可愛いとか意地っ張りだけど優しいとか外見も中身も惚れちゃってる様子です。
下ネタも大我からしたら好きな子つついただけなんでしょうね。
両片思いであと一歩の所まできたと思ったら、まさか…!
大我は逃げてしまいます。
最終的に国外に本気の逃亡です。
ヒバリの期待が大きすぎてプレッシャーを感じてしまったからだそうで。
やはり逃げるか、このゲームの男は(笑)

そしてヒバリもちょっとメンヘラ入っちゃってて。
もはや執着心や執念みたいなものでWHISを大我に送り続けて、やっとの事でクリスマスイヴに会って丸く収めました。
告白とファーストキスと初喧嘩とてんこ盛りで、素のふたりらしい所は微笑ましかったです。
ここの呼び出し方が花男の道明寺みたいで面白かったです。
日曜 恵比寿ガーデンプレイス 時計広場1時 みたいな(笑)
大我の待ち合わせ用件覚えてないのに、なぜか花男は覚えてるんですよね(不思議)

最後はお祖父さんと仲間たちに婚約を発表して終わりなんですけど。
本当に逃げてばかりの大我で、東条のトップに並ぶの大丈夫なのでしょうかね。
覚悟は決めたと言ってはいましたが、今のところセリフだけで信憑性ゼロなんですよね。
追加要素に持ち越しです。

黛汐音ルート感想

汐音
Profile

Name:黛 汐音

Age:22

Status:天性のヒモ

CV:野島 健児

アイブローペンシルさんです(Twitterのネタ)
ヒモだけあって、もちろん働いてなくてパトロンのおかげで暮らせてます。
綺麗なものが好きで、興味がない人へはとことん冷たい態度をとるみたいです。

汐音は周りをよく見てるし、計算高くてヒバリ以外は眼中に無いという人です。
壱哉や那由太もヒバリ一筋なんですけど、汐音が一番露骨です。
ヒバリにだけ激甘で、他人をシカトとかデフォルトです。
塩すぎますけど八方美人よりは全然いいです。
そのせいか、春日はどのルートでも執事として攻略対象に注意や牽制をかけるんですけど、汐音に対しては他より当たりがキツかった気がします(当社比)

でもとてもわかります。
春日の立場だったとして一番注意するし、侮れないと思います。
春日はヒバリに対して飴と鞭両方使うけど、汐音は明らかに計算された飴ばっかりなので、教育上良くないって意味かな~と。
しかも好きな子泣かせたくなるサディストなので危ないです(笑)
その一環(?)で汐音がペアフレグランスをプレゼントしてくれるシチュがあるんですけど。
会話のくだりでどうしてもエロ妄想膨らんで、自分の心の腐れ具合がよくわかりました(笑)
「香りが混ざって…」とか、色々ぐふふでした。
(※実際はピュアなお話です)

いい話題だったんですけどいつの間にかフェードアウトしちゃって残念でした。
飴の話に戻るんですけど、汐音はヒバリの内面をよくわかっていて。
ヒバリが甘えたり頼ったりする事を苦手としているから甘やかして癒してあげたいんだそうです。
逐一理由をつけて撫でたり抱きしめたり…。
それ、恋人にする行為じゃんと思いましたけど、付き合うのはストーリーの最後までお預けでした。
あと、このルートでは汐音に憧れる9歳の子ルウくんという子が出てくるんですけど、所謂おマセです。
超あざとくて、でも汐音みたいな写真モデルになりたくて必死な所は幼いのにすごいなと思いました。
必死すぎて、罪はないけど騙し討ちで汐音に近寄っていくのはちょっとアレでしたね。
このルート強か君多くて気が抜けないです(笑)

汐音、はじめは一番無いな…と思ってましたけど、難しい女の子の精神面を理解しようとする姿勢はなかなか逞しかったです。
中身を察してもらうのってめっちゃ難しい事なのに汐音は挫けずやってのけるもんだから、そりゃ恋愛偏差値の低いヒバリちゃんはほだされちゃいますよね。
汐音が気になり始めてからは完全に手のひらの上で転がされてました。
汐音も汐音なりの過去の苦悩もあったんですけど、サラッと話すもんだから意外とシリアスにはならなかったです。
コメディは完全に息をしてなかったですけど、二次元味が強い恋愛で、告白シーンとかロマンチックでした。
あと、逃げないのも最早好感度上げる要素でした。
これはこれで楽しめました!

八神那由太ルート感想

那由太
Profile

Name:八神那由太

Age:20

Status:歩く借金製造機

CV:下野 紘

ただのワンコです。可愛いです。
いつもヒバリに過剰に頼み事を要求し、ドジを踏んでます。
あと壱哉のご飯をよく食べ、汐音のお使いをよくやる…やっぱりワンコです。

いやいやまたか!
那由太も婚約者候補ではなかったです。
たまたま着ぐるみのバイト中に出会ったヒバリに一目惚れ。
当主に直談判して「護衛役」になりたかったらしいです。
もうこの集まり、合コンで半分サクラが紛れてる破綻したやつじゃん、とか思ってしまいました(笑)

意外にも那由太くんはプライベートと仕事できっちり切り替えるタイプで、ワンコなのはプライベート。
ヒバリのボディーガードをしているときは、キリッとしててもはや別人でした。
仕事モードカッコよくてこれはぐっときました。
ただ、要人を選り好みしちゃうんですよね…。
仕事でも守りたい人選ぶのって…ちょっと岡崎契を思い出しました。

ヒバリは那由太との間に起こることが全て好きな映画の主人公さながらなので、好みはドンピシャ。
結構運命を的な何かを信じかけてたんですけど、那由太が護衛役志望だった事を明かされてせっかくの「好き」が吹っ飛んでしまいました。
後半はその擦り合わせになるんですけど、ここも映画になぞらえて恋を自覚していくのがやきもきするけど楽しかったです。

もう本当に、他のライバルが塩を送りまくるくらいには那由太が無自覚なので、逆攻略どころかヒバリが振り回されてました。
ある意味無邪気、無自覚の怖さみたいなのを見た気がします。
罪は無いので責められないし扱いづらいしDT確定だし…←オイ
どうなることかと思いましたが、お膳立てにお膳立てを重ねてなんとかくっつきました。
ワンコな感じは抜けて主従関係みたいなのは感じられるようになったのですが、恋人感はまだ発展途上かな。
お爺さんは経緯は特に拘りなくて楽しんでただけでしたけどね(笑)

でもハピエンでくっついてもこれからも大変そうでした。
那由太が恋愛偏差値も耐性もゼロなので、ヒバリの顔を見れないレベルで…。
何やっても照れて逃げちゃうので、他の3人も面倒を見る形で同居生活を辞められなくて。
ヒバリが男前な感じも新鮮で楽しいですけど、前途多難だな~と思いました。
ところでこのルート、那由太の叔父さんも出てくるんですけど、叔父さんも女性心理に疎いみたいで…。
八神家は代々色恋が不得手みたいですね。
遺伝子がボディーガードに全振りなのかな?

あとがき

一番笑ったのは、春日のデスメタル好きってところです(笑)
それにしても、名家のお嬢様の感覚ってわかりませんね。
ヒバリ自体は好きなんですけど、そこでその考えになる?と思う事がしばしば…。
感情移入が結構難しかったです。

ゲームの中身はキャラゲーの様相なんですけど…ちょっとコレジャナイ感じが否めません。
なんというか、隠されていたキャラクターの真の顔みたいなのが強烈で、その一点に全てを持ていかれるルートもありました。
あんまり言いすぎるとD的にやばいんでしたっけこの作品?
でも汐音と那由太ルートは自分なりに結構楽しめました。

次回はまとめ記事を書こうと思います。
では👋

いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。