AMNESIA(アムネシア)Switch|評価

こんばんは。
弊ブログをご訪問いただきありがとうございます。
また、やる気ボタンを押していただき感謝です!

10年ぶりにプレイしたアムネシア本編の評価記事です。
昔の思い出はあるのですが、色々乙女ゲームをやってきた今の感覚で★を付けました。
良かったらご覧ください。

AMNESIAとは

参照:https://www.otomate.jp/amnesia/switch/

プラットフォームNintendo Switch各種
メーカーオトメイト(IF/DF)
発売日2019年9月12日
CEROC(15才以上対象)
シナリオ果村なずな/望月柚枝
イラスト花邑まい
キャスト柿原徹也/谷山紀章/石田彰/日野聡/宮田幸季/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/amnesia/switch/
敬称略

とある架空世界の、とある架空の国の、とある架空の街での物語。
それは、8月1日のこと。
朝、目覚めた主人公は、突如として8月1日以前の記憶を『全て』失ってしまっていた……。
自分がどのような人生を送ってきたかも、周囲の人間関係もまっさら白紙の状態。
そんな彼女の目の前に現れたのは、自身を『精霊』と名乗るオリオンという少年だった。
オリオンの導きにより、記憶を取り戻すために奮闘することになる主人公。
まずは自分の日常生活から探っていこうとした矢先、彼女のものであるらしい携帯電話が着信を告げる。
――液晶画面に表示されたのは、やはり『知らない』名前だった――
名前も顔も知らない、主人公の『恋人』であるらしい『彼』との出会い。
誰を信用するべきか不明な状況で、相手に記憶喪失を悟られないよう行動する主人公。
それにより物語は複雑に絡み合っていく。
『彼』との思い出を持たない主人公は、
この日から新たな恋物語を紡ぐことになる――。

公式サイト

クリア後の評価

Attention

ゲームの核心に触れる内容は控えていますが、説明上軽度のネタバレはあるかもしれませんのでご容赦願います。
特にまっさらな状態でプレイした方は以降の閲覧にはご注意ください。
よろしくお願い申し上げます。

糖度 3 out of 5 stars(3)

糖度は普通くらいだと思います。

恋愛過程は、ヒロインは記憶喪失になるので、実質思い出していくことが相手を好きになることになります。
シナリオ開始地点より前に攻略キャラから好意がある状態がほとんどですので、ひとつひとつの言動が好きな人に対するものになるので気持ちは入っています。
というか、全体的気持ちを前面に出してくるシナリオです。

ただ、ゲームの仕様上慣れるまでは一方的にまくし立てたてられている感じも無きにしも非ずです。
また、記憶を取り戻すことにウェートが置かれているので、恋人同士にしてはキュンとしたり甘々な展開は少ないと思います。

糖度の補充はファンディスクでやる前提の甘さだと思います。

音楽 4 out of 5 stars(4)

OPとEDは織田かおりさんが担当されています。
OP曲「Reverberation」はロック調で疾走感のある曲です。
ED曲「深愛なる物語」はとっても穏やかな曲でした。

BGMは静かめの曲が多いです。
世界観にマッチした、少し寂しげで涼しい(寒い)感じがします。

キャラクター 4 out of 5 stars(4)

ヒロインは記憶喪失のため、無個性です。
最終盤まではセリフも選択肢のみでくせがないので自己投影しやすいと思います。

攻略キャラクターたちも個性的です。
そのキャラクターの見た目や性格など根本的なところは変わりないですが、ルートによってヒロインとの関係が違うので、同一人物なのに全く違う姿を見られます。

サブキャラクターもそんな感じですが、こちらは性格まで違うキャラもいます。
私は、そのキャラをどこの並行世界にいるのかの指標にしていますし、あるルートで鬼軍曹のようになっているのが1番ツボです。
そして、設定には全員がバイト先に揃うあるルートが個人的に1番好きです。

推しは以前と変わらずイッキです。
「チャラ男に見えて中身は誠実です」は私のストライクゾーンです。

各ルートのネタバレ感想はこちら

シナリオ 4.5 out of 5 stars(4.5)

プレイ時間は30時間弱です。
いちルート5時間くらいで、エンド回収とミニゲームで少し時間を使いました。
Vita版のベタ移植で、Switch版からの新規要素はありません。

ストーリーは、ヒロインの記憶探しです。
並行世界で、ルート毎にいつもの面子が全く異なる立場で関係し合い、その中で真実を見つけていきます。
少しずつ謎が解けていく展開が面白くてどんどん読み進めてしまうようなお話です。
世界ごとにキャラクターたちも少しずつ異なるので全く飽きないです。
架空の世界ですが、基本的には都会での暮らしの中で色々起こってくる感じですのでちょっとリアリティもあります。
(ご都合主義がない訳では無い)

シナリオは地の文は無く、会話と時系列と場面切りかえで構成されています。
説明文がないところをキャラクターのセリフでカバーしていますので少し説明くさくはありますし、気持ち早口です。
それから圧倒的にバッドエンドやゲームオーバーが多いです。
苦手な方には少しきついかもしれません。

私の今回の攻略順は、シン→イッキ→ケント→トーマ→ウキョウでした。
ウキョウルートは全員をクリアすると開放されるので強制的に最後です。
ケントは比較的平和なので間に挟むのが個人的におすすめです。
内容的にシンはできたらトーマより先にクリアする方が後味がマシになると思います。
あと、トーマは終盤にまわすのがいいかな。
ということで、おすすめの順番は以下の通りです。

ゆり子
ゆり子

ゆり子のおすすめ攻略順

シン→イッキ→ケント→トーマ→ウキョウ

イラスト 4 out of 5 stars(4)

イラストは花邑まいさんが担当されています。
色々あったのでコメントはしにくいです…。

結構奇抜な服装が多いですが、キャラデザだけがネックでしたら、プレイしているうちに気にならなくなりますし、サクッと購入しちゃって大丈夫です。

スチルは差分を含まない数で、ひとり19~20枚、その他13枚です。

総評 3.5 out of 5 stars(3.9)

パラレルワールドが舞台の記憶を探す物語です。

精霊・オリオンと一緒に、ヒロインの記憶を取り戻すために奮闘します。
ヒロインの設定的に、世界観には入りやすいです。
少し物悲しい雰囲気や、0から始める不安等、サスペンスのような要素にハラハラドキドキできますし、謎を早く解明したくてプレイする手がはかどります。
また、パラレルということもあり、ルート毎に内容・キャラ設定が全く被らないので飽きがこないです。
恋愛要素も記憶ともに関係を取り戻していく感じですが、甘さは微糖くらいです。

とにかくバッドエンドが多いので、苦手な方は注意です。
初心者の場合は、2,3本乙女ゲームをプレイして慣れてからがいいかなと思います。
サスペンス好きやちょっとだけ不穏な方面にドキッとしたい方にはおすすめです。

★の数が私の思っているものよりちょっと少ない結果になっちゃってるんですが、シナリオの謎解きがとても面白いのでやってみて損は無いです。
思った以上に楽しめると思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
では👋

いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。