Welcome to my blog

ハイカラ流星組|評価

ゆり子

評価


こんばんは。
いつもご訪問ありがとうございます。
また、やる気ボタンと過去の記事の拍手を押してくださり感謝です。

ハイカラ流星組の評価に入ります。

はじめに。
結構酷い内容です。
主人公合わないなと思ったゆり子が包み隠さず正直に書きました。
それでも良ければ覗いていってください。

※attention辛口コメントも含まれます。
!!!ハイカラ流星組をお好きな方は特に閲覧にご注意ください!!!
宜しくお願い致します。



点数


ハイカラ流星組

参照:https://www.otomate.jp/haikara/


【システム】★★★☆☆(3.5)

【音楽】★★★★☆(4.5)

【キャラ】★★☆☆☆(2)

【シナリオ】★★☆☆☆(2)

【イラスト】★★★★☆(4)

【総評】★★★☆☆(3.2)


システム ★★★☆☆(3.5)


いつものオトメイトさん仕様です。

今回は特に強制/既読スキップのスピードが快速で快適です。
選択肢までのスキップはなかったのですが、イベント毎に飛ばすこともできますし全然OKでした。

テキストウインドウも好きな柄を選べる仕様でした。

マップと語句収集ですが、あまり意味がなかった気がします。
作業ゲーは嫌いでは無いのですけどね。
ゲームのフルコンには必要ですが、真面目にしなくても攻略に支障はないです。

設定としては、主人公がハイカラ流星組の依頼の選別と情報収集役なのでそのためのシステムなんでしょうけど。
町の人ならまだしも、普通にハイカラ流星組のメンバーに聞き込みしてて…。
全員で集合した時に情報共有すれば済むのではと思いました。


音楽 ★★★★☆(4.5)


音楽は素晴らしいです。
快活な曲やオルゴールみたいな可愛い曲、色々なBGMがあって聴いていて楽しかったです。

OPは「+α/あるふぁきゅん。」さんという歌い手さん。
この曲、すごくテンションがあがります!

EDは亜咲花さんという方です。
曲も素敵ですし、本編からEDへの入り方もセットで良かったです。


キャラクター ★★☆☆☆(2)


主人公が合いませんでした。
仕事でのうっかりと道草くってることが多いわりに、反省もなく図太くて好きになれません…。
ハイカラ流星組の一員として、危険がある世界に飛び込むのに危機意識もゼロでしたし、頭も弱い…。
主人公の物事への姿勢が共感できませんでした。

あと、選びたくない選択肢が多すぎて困りました。
例えば、最後に一つ残ったお菓子を誰が食べるかという場面。
楓花と分けるを選びたいのに、攻略のために自分が食べちゃう選択肢を選ばなければならなくて…。
いやいやいや違う!と思いつつ泣く泣くカーソルを動かしました。
そういうのが何回もあって、感情移入もできずに終わってしまいました。

攻略キャラクターもクセが強い。
特に成人組は手に余りましたね。
いい大人が16歳相手に振り回したり嘘ついたり裏切ったり。
男尊女卑の時代とはいえ、それは許したらダメだよね、という案件もちらほらありました。

そして恋愛面。
主人公と攻略キャラはシナリオ以前からお互いを知っています。
しかも、以前から主人公が好きでしたパターンばかり。
それでもいいですが、攻略キャラが主人公を好きになるまでの恋愛過程や気持ちの変化の具体的な描写がないのはいただけませんでした。
そして主人公も恋愛としての好きが初めての事で理解しきれない様子なのに、唐突に「貴方が好きです」と言い出して、プレイヤーは置いてきぼりでした。

とはいえキャラもシナリオの影響を受けまくっている立場なので、シナリオと切り離してキャラだけでみれば好きになったり、萌えたりは有り得るかな…。
楓花や銀さんで、心がわかればグッときたであろうシーンはあったので。

残念ながらゆり子は推しキャラはできませんでした…。


シナリオ ★★☆☆☆(2)


最初のひとりは14時間くらい、2人目からは8時間前後でクリアしました。

まず全体ですが、会話と場面転換のブツ切りがものすごかったです。
サッと終わって、急に次が始まるの繰り返しで、プレイヤーは置いてきぼりでした。

そして誠にしんどかったのが、地の文はほぼ無く、主人公視点の会話中心で物語が進んで行く点です。
(賢√の最後は例外)
今回は自分には合わない主人公でしたので、全然共感ができなくて、内容が頭に入ってこなかったです。
反対に、フィーリングが合えばとても入り込めると思います。

共通章はとにかく前座が長くて、何も起きなくて、あまり意味がなかった気がします。
個別は個別で、終わり方が中途半端で、何がしたかったのかわからない√さえありました。
スッキリ終われた記憶は無いですね…。

ハイカラ流星組も思ったより活躍の場が無かった印象です。
会合は良く開いていましたが、現場(成敗)が圧倒的に少なかったです。
ハイカラ衣装の立ち絵をもっと見たかったですね。
残念です。

興味深かったと言えば楓花√ですかね。
もちろんツッコミどころはあるのですが、楓花の男らしくなっていく変化が見物でした。

攻略順はゆり子は下記で良いと思います。
久史→楓花→賢→銀之助→徳次郎


イラスト ★★★★☆(4)


イラストレーターは清白かりん先生です。
私がプレイした中では、サンドリヨンパリカを担当された方です。

キャラクターの造形が良くてどれもとても綺麗なイラストでした。
色使いはカラフルとシックを使い分けられていて、普段着とハイカラ衣装で受ける印象も別モノでした。

スチルはキャラ毎に15枚、その他が10枚、後日談に各キャラ1枚ずつでした。
立ち絵も豊富。

背景も季節ならではのエフェクトがあって凝っていました。

ちょっと気になったのが、スチルの差し込まれる場面。
これは描き手は関係ないんですけど。
なんでそこにしたんだろう?と思う箇所がありました。


総評 ★★★☆☆(3.2)


明治時代を舞台にしたダークヒーローものの日常生活編です。
主人公が父親の死の真相を知るために、ハイカラ流星組となり、人々の依頼を解決しつつ真相を探っていくあらすじです。

シナリオライターさんが「合うか・合わないか」が全てを決めてしまうと言っても過言ではない作品です。
実際、ゆり子はこの方の描く主人公が合わず、シナリオの粗も目立って熱心にプレイできませんでした。
題材やイラストがとてもいい分、もったいないです。
個人的にはあまりオススメできないのが正直なところです。

主人公とフィーリングが合う方。
もしくは、絵が良ければいい、音楽が綺麗ならいい等々、何か一点がハマれば他は気にならないという方はチャレンジしてもいいかなと思います。


ここまでのご拝読ありがとうございました。

合わなかった者の意見と思っていただけると幸いです。

ステラの小冊子を読むと感想も変わると聞いたのですが、この度はそこまでの気力が無いのでこれにて終了にします。

次回はまた別のゲームで!

では👋





いつもありがとうございます。
良ければ知盛様をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply