Welcome to my blog

VARIABLE BARRICADE NS(バリバリ)│評価

ゆり子

評価


いつもご訪問ありがとうございます。
また、ボタンポチとバリバリの記事への拍手に感謝申し上げます。
でーれー、ぼっけぇ、もんげぇ励みになりました!

途中、挫折寸前でしたけど、やりとげました。
やりとげました!(大事なことは2回言う)
ちゃんとフルオープンを使わずに、真相√を越え、スチルも集め、追加要素まで読んできました。
それだけは評価に値するはずです。
鈍足プレイングは全て万死に値ですね…。

ということでまとめます。
前提として、楽しめたところもありますが、そこまでハマれなかったので好意的な意見は少なめです。
それでもよろしければどうぞ。

※attentionネタバレありの内容です。
また、辛口コメントも含まれる場合があります。
閲覧には各自で注意してください。
宜しくお願い致します。



点数


バリアブルバリケード

参照:https://www.otomate.jp/varibarri/


【システム】★★★☆☆(3)

【音楽】★★★★☆(4.5)

【キャラ】★★★☆☆(3)

【シナリオ】★★★☆☆(3)

【イラスト】★★★★☆(4.5)

【総評】★★★★☆(4.2)


システム ★★★☆☆(3)


基本機能はいつも通り快適でした。

ゆり子が気になったのはゲームの進め方(ボード)について。
フロートチャート式機能自体は便利でプレイも大変助かって大好きなんですが。
ゲームの本編に組み込まれるのはちょっといらないかもと感じました。
というのもバリバリの場合、常にシナリオ⇔ボード⇔LABI、WHISの間を行き来して攻略を考えつつシナリオを読まなければなりません。
そして、このボードが一方通行で、クリアしたイベントをシナリオ中に再プレイできないです。
(セーブやタイトルに戻ればできます)
ゆり子は不器用なので、正直、システムと相性悪くて大変でした。

もちろん、追加要素の「連続プレイ」でLABIやWHISはスキップ可能ですけど、それだとコンプはできないです。
途中から諦めて、攻略方法みちゃったんですけど、普通にプレイしたら周回ものかなと思います。
攻略しがいがあるのはいい点です。
しかし、フロートチャートはあくまで補助機能として使いたいかなと思った次第です。

そしてチート機能「フルオープン」。
春日のファーストネームを入力すると、プレイせずとも全てのコンテンツが見れるようになります。
ゆり子は初プレイなので縁がありませんでしたが、Vita版を攻略済みの人向けで、とてもありがたい機能だと思います。


音楽 ★★★★☆(4.5)


曲自体は好きなものが多かったです。

賑やかな曲が印象的です。
特にタイトル画面やボード上で流れる「Get over the BARRICADE!!!」は一番耳にする曲で、テンポも良くて好きです。

が、シリアスな内容からボードに戻ってきたときの違和感が異常でした。
そういうシーンのあとは汐音のテーマみたいな静かな曲が欲しいなと思いました。
ボードのBGM替えれる機能を求む。


キャラクター ★★★☆☆(3)


ヒロインは八面鉄壁ツンデレお嬢様。
難攻不落の攻略キャラクターは珍しくないですが、ヒロインが一番の難所で逆攻略のような内容は新鮮でした。
今回は声もついてますし、コメディなのも相まって生き生きしていてとても好きです。
ただ、お嬢様の思考回路はなかなか理解が及ばず…本当に難しいキャラだったと思います。

攻略キャラはやっぱりぶっ飛んでた印象が強いですね。
PVを見ただけで、そのスペックでご令嬢に求婚するんか?とびっくりしたのが最初だったので。
ただ、プレイしているといろんな面が見えてきて、キャラクターを知っていく事は楽しかったです。

逆ハーとか中身イケメンとか頼りになる男などなど。
はじめにこんな感じの印象を持った人がプレイするとかなりイメージとかけ離れたギャップを感じるかもしれません。
プレイしていくと妙に人間臭さ(弱さ)があるので、その点を容認できるかどうかでゲームの合う合わないが決まると思います。
キャラゲー要素強いのでかなり大事。

ヒバリのお友達キャラも二面性があって面白かったです。
そして、割り切っていて大人(メンタル強い)
女子のミーハーな部分や現実的な部分を体現したような子たちでとても好感を持ちました。

推しは今回はできませんでした。
ゆり子はゲームの中では多少夢みたいので(笑)
妙な現実味が今回はマイナス方面に働いてしまいました。

紬ちゃんのように萌えたかったです。


シナリオ ★★★☆☆(3)


共通章も個別√もそんなにボリューミーではありません。
ボード、ラビ、WHISなどの操作があるので長く感じるかもしれません。
途中からカウントしてないのですが、共通章~個別EDまでひとり6時間はプレイしたと思います。

シナリオ自体はSSの集合体で、ボードの小区切りを順番に読んでいくスタイルです。
小見出しでなんとなく内容を察してしまうようなものもあって…。
そんなに話が細分化されてなくてもいいかなと思いました。

真相√は、平たく言うと春日の秘密が知れたりします。
予想外に面白かったです。

ドタバタ恋愛コメディーなので基本的に楽しんだもん勝ち。
ワイワイと賑やかな共同生活を俯瞰で見て、時にクスっと笑いながらプレイできれば良かったのですが…。
個人√に入ってからがどうもゆり子には厳しくて。
気持ちが噛み合わないシリアス展開をコメディーで落として丸く収めるという感じで、方向性がどこを向いているのかちょっとわからなかったです。
もちろんちゃんと綺麗に落ち着く√もありました。

糖度はCERO:Bにしてはそんなに低くなかったです。
シチュエーション単体だとキュンとなる場面もありました。

攻略順はゆり子は、壱哉→大我→汐音→那由太→真相で進めました。
特に決まった順番で進めなくて大丈夫だと思います。
強いて言うなら大我か壱哉を後回しにするとより収まりがいいかもしれません。


イラスト ★★★★☆(4.5)


美麗イラストで有名なカゲロー先生が担当されました。
バリバリの絵はキラキラ度は抑え目です。
もちろん素敵なのですが、ワンドやレンドみたいな異国風(西欧風)な雰囲気の方が合っていると勝手に思ってます。

スチルはひとり19~20種類、その他が48種類でした。
差分全て入れると348枚ありました(多分)
絵が多いのは嬉しいですし、集めがいもありました。


総評 ★★★☆☆(3.6)


ラブコメと見せかけた意外性作品だと思います。

名家のご令嬢が訳アリ男に攻略されるシナリオです。
不器用でコミュ障のヒバリが周りに叱咤激励されつつ、婚約相手を決めちゃいます。
途中にシリアスになったり、サスペンスのようになったりとコメディ以外の方向にも忙しないです。

キャラについてはハマれるかハマれないかで面白さがかわると思います。
実際、ゆり子は萌えない方の意外性にかなり引っ張られてしまい、推しはできませんでした。
泣いたり、逃げたり、人間見がありすぎる人達ばかりなので、二次元の理想キャラはいないと思ってください。

一味違った乙女ゲーがしたいと思ったらコレで決まりだと思います。
万人受けはしないと思いますので、考えてからのプレイをオススメします。


以上です。

微妙だったのがにじみ出てますね。
まぁゲームに当たりハズレと合う合わないはよくある事なので、サラッと次へ行きたいと思います。

ここまでのご拝読ありがとうございました。

では👋



いつもありがとうございます。
良ければ璃空をポチっとしてください°˖✧♡

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply