ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子|Switch 追加要素

こんにちは。
ご訪問頂きありがとうございます。

皆様、ニル・アドミラリの天秤「帝都幻惑綺譚」「クロユリ炎陽譚」プレイしていらっしゃいますでしょうか。
ゆり子は友人が貸してくれたのをきっかけにプレイしました。
プレイした結果、大好きな推しができて、Switch移植版の「色ドリ撫子」買おうかな~なんて思い、2019年9月吉日ついに購入しました。
…ちょっと前ですが(笑)

そして今、開封して遊んでいるところです。
以前は借り物ということもあり、マッハで慌ただしくクリアしたので今回はマイペースにプレイしたいです。
なんならまた新しくキャラ別に記事を作ってもいいくらい張り切ってますが、さすがにくどいのでやめておく方向で。
基本的には裏で進めます(進めています)

で、色ドリ撫子から追加された要素の感想を書かせてもらえたらなと思います。
もし良ければお付き合いのほどをお願い申し上げます。

ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子概要

プラットフォームNintendo Switch各種
メーカーオトメイト
発売日2018年9月20日
CEROD(17才以上対象)
シナリオ片桐由摩
イラストさとい
キャスト梶裕貴/岡本信彦/逢坂良太/木村良平/鈴村健一/櫻井孝宏/他
公式サイトhttps://www.otomate.jp/nil-admirari/switch/
敬称略
プロモーションムービー

あらすじ

内容はVita版ニル・アドミラリの天秤各種と同じ。
ヒロイン久世ツグミが本に纏わる奇怪な事件に関わっていく物語です。

15年で終幕せずに25の年を重ねた大正時代。
傾きかけた家を守るため、少女は名も知らぬ男との結婚を決意した。
だがその矢先、弟が古い本を手にしたまま謎の焼身自殺を図る。
混乱する少女の前に現れたのは【帝国図書情報資産管理局】
通称【フクロウ】。
彼等によれば【稀モノ】という、読んだ者に大きな影響を及ぼす本が存在するらしい。
更に少女はその弟の事件が切っ掛けで【アウラ】が視えるようになってしまう。
まるで運命が───彼女をその炎に引きずり込もうとするかのように。
そうして少女は戸惑いながらも鳥籠の外に出ることを選ぶのだった。
嫉妬、憎悪、侮蔑、憐憫───そして
少女を待ち受けていたのは、幾つもの裏切りが妖しくちりばめられた帝都の闇。
その中で翻弄され、揺らぎうつろう彼女が辿り着くのは
真実か、それとも───。

公式サイト

システム

いつものオトメイトの基本機能一式そろってます。

機能名有無
既読/未読スキップ・オートモード
クイックセーブ/ロード
バックログ
チャプター(ルート又は章毎の途中プレイ機能)
フロートチャート×
選択肢又は未読箇所までのジャンプ×
ヒロインの名前変更
デフォルト名呼びボイス
ヒロインフェイス表示
ヒロインボイス×
キャラクター立ち絵の動作(目パチ・口パク等)
ステータス(パラメータ)画面
アイキャッチ
フォント変更×

パラメータは「ウツロヒノ天秤」という機能で、ハッピーエンド、バッドエンドのどちらに向かっているかわかります。
同じ画面でシナリオとスチルの回収状況も確認できます。
チャプター機能も「行路」からプレイ可能です。

追加要素

「ニル・アドミラリの天秤 色ドリ撫子」はVita版の「帝都幻惑綺譚(本編)」と「クロユリ炎陽譚(続編)」を合わせて移植したソフトです。
Switch版からの追加要素は、クロユリ炎陽譚の「短編物語」です。
クロユリで、各キャラのハピエンとバッドエンドを見ると短編が読めるようになります。

ゆり子の記憶が正しければ、Vita版のクロユリには攻略キャラが2本ずつ、サブキャラが1本ずつ、計36本のSSが収録されていました。
そこにSwitch版から新たに30本のSS追加があります。
中身はボイス付きで、攻略キャラ毎に5本ずつ追加。

  • 他キャラの報告書×2本
  • 彼女としたいこと、して欲しいこと
  • 嵐の日のデート
  • 大正27年の夏祭り

全員同じお題です。

追加要素の感想

ここからは、キャラ毎の感想です。
Switch版の追加分のみです。

Attention

以降はネタバレを含む感想です。
よろしくお願い申し上げます。

尾崎隼人感想

隼人アイコン色ドリ

相変わらず何を言うにしてもストレートマンでした。
ツグミへの愛情表現もしかり、欲望的なものもしかり。
裏表なく潔く言われたらそりゃあ仕方ないなってなります。
ツグミとやりたい事聞かれて、夏に海に行ってヨットに乗る壮大な妄想してたの面白かったです。
どの話でもツグミの事となると嬉々として語ってくれて、隼人に愛されると幸せだろうなと思いました。
報告書は滉と累について。
彼らに対しては、同じ先輩的な立ち位置だけど振舞いが違うみたいでした。
滉は職場の仲間で対等って感じですが、累は小生意気な大学の後輩に世話を焼いている印象。
ふたりとも影がある人だけど、それを乗り越えて頼もしくなっていくのを喜んでました。
滉のことは苦手だったけど、裸の付き合いはするようになって、あとは累との飲みに誘うのが目標らしいです。

鴻上滉感想

滉アイコン色ドリ

滉は四木沼のこともあってか、自己評価低くていつまでも下から下からの人です。
自分がツグミの障害になりたくなくて、慣れなくてもツグミの為を思って頑張ってるみたいです。
昔より丸くなってるから本音も少し言ってくれて…料理作ってもらえて嬉しいとかボタン繕ってもらいたいとか、ささやかな事を照れながら言うの可愛すぎました。
本人に言ってやれよ、と思いつつ不器用ながらも滉が「人付き合い」している所が微笑ましかったです。
報告書は隼人と昌吾へでした。
隼人の事は苦手だったけど、事件後からは一緒に仕事する良き仲間みたいです。
内心ではちゃんと先輩として見てて、いい関係だなと思いました。
昌吾は接点少ないけど、丸くなった者同士で似ていた点があったみたいです。
あと、華族嫌いの滉が「いい奴」と称賛するほど打ち解けられた事が丸くなったことを如実に表してました。

星川翡翠感想

翡翠アイコン色ドリ

翡翠は自分が未熟なことを認めつつも年上のツグミを甘やかせるように頑張っているみたいでした。
他の攻略キャラみたいに男が引っ張って行く感じではなく、ツグミから翡翠へのアプローチもあって、可愛い年下彼氏って感じでした。
翡翠が手本にしているのが紫鶴の著書なのはアレですけど、無理に背伸びせずに大人の階段を1歩ずつ着実に登っているのが微笑ましいです。
翡翠のこれからの成長譚を見たいです。
報告書は紫鶴と昌吾。
紫鶴のことは大人だなと思ってて、人当たりや観察眼を真似たいらしいです。
翡翠にとっては紫鶴が大人のお手本なんですよね。
昌吾とは仲良しで、靴磨き仲間だそう。
年下組で気が合ってるみたいでした。

鵜飼昌吾感想

昌吾アイコン色ドリ

ツグミの事を話す時、饒舌すぎて可愛いです。
カルイザワでテニスを教えてあげたいんだとか。
照れながら楽しんでるのが目に浮かびます。
嵐の日も夏祭りもツンというか偉そうというか…でも決して上から目線ではなくて、男の尊厳を保とうとしてるけど、だいたいツグミにダジってました。
…結婚したら尻に敷かれてそう(笑)
報告書は滉と翡翠。
滉のことは苦手で怖かったけど、月見をきっかけに普通に接するようになったようで。
自分の部屋に上がらせるのが野望らしいです。
隼人もその他の人もだけど、みんな滉と仲良くなりたいのな(笑)
翡翠の事は話題が多すぎてまとまってなくて。
嬉々として語ってて、楽しそうでした。

汀紫鶴ルート感想

紫鶴アイコン色ドリ

ツグミのことは愛してるんですが、からかってくるのは変わらずでした。
子ども扱いではないので紫鶴の愛情表現でしょうけど、難しいな紫鶴。
師匠の執着からは抜けたものの、累が言うように闇を払ったのではなく飼い慣らせるようになったと言うのがしっくりきました。
でも、ツグミとの未来を見る目もあって、過去の縛りが闇として残ってても尾を引いてる感じは消えた気がしました。
概ね、甘いシチュというよりお酒を飲みながらしっぽり話すような内容だったと思います。
報告書は翡翠と累。
紫鶴の意見も最後には書かれているけど、第三者の俯瞰でみた2人のことを書いてました。
ほかの人達はわりと経験談からの感想が多かったので、紫鶴の観察眼の鋭さが改めてわかったし、年下のみんなを懐を広くして見守っている「大人」でした。
紫鶴の事が1番わかる報告書でした(笑)

鷺澤累感想

累アイコン色ドリ

会話の内容がいかがわしい!
累が医者を目指してるからそれに寄せてきてる「個性」なんだと思います。
でも、ツグミの部屋に入院するとか診察したい?されたい?とか、純粋な恋人同士の会話かどうか疑いたくなるレベルでした(笑)
嵐のデートにしろ夏祭りにしろ、ゆり子は鷺澤累を曇りなき眼で見れないです←
あと、隼人の報告書は散々です(笑)
初めに大嫌いと言い放っちゃいましたからね。
先輩風吹かすのが腹立つんだそう。
でも、一緒に縄暖簾で男子トークしてるらしく、どう考えても気の置けない仲良しです。
累、素直じゃないな。
もう1人の報告書は紫鶴で、こちらは年上として敬ってました。

金太郎飴な話もあれば、思い思いの時間を過ごしているそれぞれのキャラらしい話もありました。
ツグミとの話はFDみたいに甘めで、結婚の2文字が見えるような将来の展望が全員描かれてました。
キャラクター間の報告書が実は面白かったです。
本編やクロユリで何となく見えていた相関図がここでやっと完成できたように思います。

以上、簡単にですが追加要素の感想でした。
ご拝読ありがとうございました。

では👋


いつもありがとうございます。
良ければ滉をポチっとしてください°
*
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。